FC2ブログ

KADODE パーティー

3/11 3/13の2回に分け、4月から週5回保育園や幼稚園に行く親子の皆さんを対象に、KADODEの会を行いました。
11日はWITHカフェぷちの後に行いましたので、4月から復職のママたちに、子育て頑張った証書と、写真を入れられるキーホルダーをプレゼントさせていただきました。
復職すると、子どもと一緒にいられる時間は減り、心配事もたくさんあることでしょう。でも、子どもと一緒にいた育休の期間をこれからの子育ての土台として、立派なママの顔になり、経験値を積んで、立派に復職されると思います。頑張り過ぎないで。きっと仕事もだんだん責任のある内容となっていることでしょうけれど、出来ると思うと頼まれます(笑)、やれると思うと、どんどん仕事は増えていきます。仕事・家事・育児が、ちょうどいいバランスになる日が来るはずですので、夫を始め、周囲の人にはうまく甘えて、やって行かれるといいなあと切に思います。

13日の午後は広場をクローズさせていただき、対象者の方々のみで行いました。4年保育の幼稚園に行くお子さんから、年中組で入るお子さん、急にお引越しが決まった利用者の方など、17組もの皆さんが来てくれました。
最初は、大野さん監修のもと、スイートポテトを親子で作りました。サツマイモマッシュとリンゴ、レーズンをラップでくるんできゅっ。みんなとっても上手に出来ましたよ。
待っているお子さんたちは、奥田さんの大型絵本の読み聞かせを楽しみました。

みんなでティータイムの後は、子育て頑張った証書を、一人一人スタッフより読み上げます。この証書の内容は、毎年同じなので、あえて伏せております(笑)
本当にいっつもいつも一緒にいて、足元でうろうろして、手をつないで、抱っこして。

あ、この子はクリスマスにねんねの頃に初めて来てくれたなあ。
あ、この子は、新しいベビーベッドに初めて寝てたなあ。
あ、この子は初めて来たときは、パパと三人で来てくれたんだなあ。
あるスタッフが大好きで、預かりの時一緒に遊ぶのが大好きだったよね。
だんだんとママから離れてスタッフやおともだちと遊べるようになったよね。
いつも笑顔の素敵なママ、スタッフと話し込んで涙を流すママ、引っ越してきて、得意分野に協力を惜しまないでくれたママ、第一子から第二子まで長期間にわたり来てくれた親子。周りを明るくして、いろんな人に話しかけてくれるママ。

皆さんのお子さんたちは、首の座らない乳児さんから、幼稚園に上がるまでに成長しましたね。ママたちは背が伸びるわけではないし、むしろ化粧するのも忘れてた!若いころに比べたら・・・なんてこともあるかもしれません。でもね、ママたちは、みんな「素晴らしいママ」に成長しました!
これは、私たちスタッフがお子さんの成長を見させていただくことと同じくらい、嬉しくて感慨深く思う事なのです。
あんなに不安そうな顔をしていた初心者ママたちが、KADODEを迎えるころには、生き生きとした笑顔をたくさん見せてくれています。もう、あなたは大丈夫。自信をもって、次のステージに行けるよ。

たくさんのありがたい言葉を頂戴しました。引っ越してきてすぐに来て、おともだちの輪がたくさん広がったこと。WITHに来ることで、なんとか大変な時期が乗り越えられたこと、スタッフがいつも笑顔で迎えてくれて、嬉しかったこと。WITHで出会った人と、地域で会ってお話しできるようになったこと、おともだちの輪が拡がり、幼稚園でも安心して過ごせること、いつも話を聞いてもらえてすっきりして帰れたこと、アドバイスがありがたかったこと、第二子のKADODEのこの日がつらくて、もう一年就園を遅らせてしまいたいこと・・・一人一人がご自身の育児を振り返って、お話しして下さり、言葉に詰まる場面もたくさんありました。

なんと素敵な利用者さんに恵まれているんでしょうね。本当にうれしく思います。

伊丹さんがいつもこの日に話すことがあります。それは毎年の恒例なので、ここでは書きませんが、是非、WITHに感謝し、恩返しをしたいと言う気持ちが持ってくれるのでしたら、是非電車やバスで困っている親子さんに声をかけてください。近所に引っ越してきた小さな子がいたら、ママに話しかけてあげてください。
こういうことを「恩送り」というのだそうです。前も同じことを書きましたが、この地域で「恩送り」が連綿と紡がれていくと嬉しいなあと思います。

いつでもWITHのスタッフは、日替わりではありますが(笑)この小さなマンションで、あなたたちを待っています。子育てに悩んだとき、ちょっと話がしたいなあというとき、いつでも来てください。子育ては続きます。私たちで良ければ、いつでも話し相手となり、おはなしを聞かせてください。

今まで、ずっと子どものそばにいて、本当にお疲れ様でした。少し、自分時間が出来たら、是非読書したり、好きなことをやってみたり、一人でお茶を飲んだり、素敵な時間を過ごしてください。
でも、楠田さんが言っていましたね。
この育児で本当に大変だった頃が、一番キラキラと輝いているんですよ。本当にみんなきれいで素敵です、と。
素敵な親子とたくさんの時間を過ごせた平成30年度もあと少し。何が出来たのか、、、大したことは出来ていないかもしれない私たちでしたが、一緒にお子さんの成長を楽しませてもらったこと、キラキラの時間を共有させてもらったこと、本当に感謝しています。
どうもありがとう。

平成31年3月13日
WITH 施設長 小松 奈保子

kadode7.jpg
kadode6.jpg
kadode6.jpg
kadode5.jpg
KADODE4.jpg
kadode2.jpg
kadode3.jpg
kadode8.jpg
kadode 1
スポンサーサイト

3月のリトミックタイム♪

3月15日はリトミックタイム
まずはいつものはじまりの歌でスタートします。
いのうえ先生がお子さん1人1人のお名前を呼んで、みんな元気にお返事 「はーい
じょうずにお返事できる子・もじもじする子などいろいろですが、だんだんとみなさん打ち解けてきて和やかな雰囲気に

いのうえ先生からは、
「ママが一緒に笑顔で楽しむことが大切ですよ。遊びながらでも耳から音は入っているし、何よりママが楽しんでいてお子さんが”今は楽しい時間なんだな~”と感じることが大切なんですよ」
とお話しがありました。
みんなでいのうえ先生のピアノに合わせて親子で楽しく体を動かします

ピアノの音にあわせてぐるぐる回ったり止まったり!
それから、子どもたちが大好きなカスタネットが登場

終わりの歌を歌って、今日のリトミックタイムはおしまいです
次回のリトミックタイムは
4月1日(月) 10:15~10:45
ただいま予約受付中です。
ぜひお越し下さい
おまけ
今日のひろばでの作品
「たわマン」

大人には作れない作品ですよね💕

3月11日(月)WITHカフェぷちVol.60開催しました~♪

当日の朝起きるとかなり強い雨が降っていて来てくださる予定の赤ちゃんたちのお顔が思い浮かびました。
ひろばに来るのは大変だろうなと思い、延期する~!?など少し考え初めていたのですが
9時過ぎ、薄い光がさしてきて、なんとなんと午前から晴れてきて、昼には暑いような天候になりました~
晴れ男、女、は誰かな??(笑)三寒四温、春はすぐそこですね

参加者は13組。とても和やかで、賑やかなひろばになりましたよ~

IMG_6343.jpg


皆で輪になって、赤ちゃん体操、手遊び、くすぐり遊び、などしてから、ちょっと普段の育児で困っていることなどを皆でシェアして、赤ちゃんあるあるなど皆で頷き合いながらのおしゃべり
「そういえばうちもそうだったなぁ~!」とか「そのうちに気にならなくなるよ~」とかお互いに言い合ったりしているうちに
「あ、これってうちの子だけじゃないんだ!」と思ったり、気付いたりしてくれたらいいなぁと思います
そして、ず~っとおっぱい飲んでいる子もいないし、ず~っとオムツをしている子もいないんだから
ま、今はいいかぁ~とひと呼吸いれることができたら、良いのかなと思っています


ひろばでは
4月から保育園幼稚園入園されるので日常的にはひろばに来られなくなる親子に、
毎年3月に卒業証書授与式のようなKADODEの会というものを行っています
0歳児あつまれ!の会ではすぐに職場復帰するママも少なかったので、以前は分けずに一度でやっていましたが、
最近では働くママが増えてきて、0歳児で4月から保育園開始の方も多くなってきたので、
0歳児と、それ以外の年齢に分けて、今年は2回KADODEの会を開催することにしました。
普段の0歳児あつまれ!の会の中で、最後の方、少しお時間いただいて授与式でした。
最後に、紅玉煮の入ったスイートポテト(施設長の手作り!)をみんなで食べて授与式となりました。
みんな大きくなったね、これからも仲よくしてね、地域でながくゆるく繋がっていこうね~と確認し合えたような気がします

IMG_6350.jpg


IMG_6349.jpg


偶然ですが、当日は3月11日。
忘れてはならない日としてTVなどでたくさんの特集が組まれていました。

毎日の育児は、
本当に大変なのですが、
(率直に言っちゃいますと、大変でない育児はない、のではないかと、、、
育児での苦労のない(様に見える)人は他の大変なことがあったりと
何にもないってひとは、たぶん一人もいないのではないかって、
そう思うんですね、私、この頃、、、、)

でも、
この、
大変な毎日が、
ただのありふれた日常こそが、
どんなに貴重かということを、
やっぱり忘れないということなのかな、と
心から思いました。
生きていること、
子どもたちと共に生活できるという幸運を、
一人ひとり活かしていきましょう!今、ここに生きている者として。。。。。

次回は、4月17日(水)10時半からです♪
来年度は第3(水)に戻ります。


またお会いできるのをスタッフ一同楽しみにしております♪

WITHカフェ「育休ママ会」ご報告

これまた大変!遅くなったブログですが・・・

2/25の午前中、この春に育休を終えて職場復帰となるママ達が集い「育休ママあつまれ」を行いました。

すでに育休からの仕事復帰を経験した先輩ママ二人を囲みながら、お茶にお菓子を食べながら、十人ほどで話をしました。

皆さんからは、次のような質問がありました〜

★入園してからの慣らし保育ってどうなの?
★パパや祖父母には何をどう協力してもらえばよい?
★保育園から帰ってからの過ごし方は?★夕飯はいつ作る?
★病気などにかかる?
★生活リズムがどう変わる?
★朝早いけど、朝ごはんは食べてくれるの?

その質問に、先輩ママが実践されていることをアドバイスしてくださいました。

例えば、朝ごはん!
子どもは眠くて食べなかったりするかもだけど、保育園には給食前の午前中におやつがあるよと教えていただけたり。

保育園入園当初は、帰宅したら甘えてべったりだったから、夕飯にお惣菜を買ったりで、子どもと向き合う時間を増やしたりなどなど…

いろんなヒントが聞けました。

今年は5月の大型連休がある中で、復職後に連休に出勤になった時に、保育園はお休みだからどうなるかなと不安な声も聞こえましたが、連休のおかげで5月1日の復職が延びた方もいました〜

私も皆さんのお話をききながら、今は中3の娘が保育園に年少で入った頃、遊び疲れて迎えの車で寝てしまい、翌朝まで寝続けたことがしばらくあったことを、懐かしく思い出しました。

下の息子(現在、小四)については、一歳児の時には、朝は母と別れ難く泣いてばかり。毎朝、私から担任の先生への抱っこでの受け渡しが恒例儀式になってましたよ(笑)。

春から仕事に戻られる前に、たくさんWITHに遊びにきて、親子で地域のお友達をぜひ作って欲しいな〜と思っています!

同じ地域に住む方々とは、保育園や幼稚園が違っても、また小学校で再会することもありますよ♪

2月18日(月)WITHカフェぷちVol.59開催しました~♪

先月の第3(月)普段通りに行ったカフェぷち、6組の母子の参加で開催しました。
ブログをあげるのがタイムリーでなく申し訳ありません
実はひろばの内部事情を打ち明けてしまうと、
今年度、スタッフのお子さんが受験生だった家庭が半数を占めていたため、
シフトの調整が大変だったり行事開催の日程がたたなかったり等がありました。
インフルエンザ等の流行もあり戦々恐々でしたが、無事に卒業式を終えたメンバーもいますし(高校の卒業式は早い!だいたい3月頭にあります)進路もほぼ決まってきて落ち着き始めています
もし、ご迷惑をおかけした利用者さんがおられましたら申し訳ありませんそういう事情がありました。
ということで、このブログも遅れてしまいましたm(__)m

当日いらしてくださった赤ちゃんとママたち、半数が育児休暇中で、保育園等のお話があり
改めて、女性の社会進出という言葉を思い浮かべました。
私が子育て支援の仕事を始めたのが十数年前なのですが、その頃は職場復帰するママはまだ少数派でした。
赤ちゃん会をしても、私は職場復帰するので自己紹介は遠慮しますといった方もいらしたくらい!
それを思うと、本当にこの十年でガラッと変わったのだな~と実感しますし、とても社会として自然なことだと思います
少子高齢化で、労働人口が減る中、せっかくスキルを身につけてきたキャリアを女性社員が出産&育児という理由だけで手放すのはもったいないと企業の方でも気付いたのでしょう少しずつ少しずつ世の中が変わって、より良い方向へ向かっていってくれることを信じたいです
ただ、そのことで、ママだけに負担がかかるようなシステムにならないように、パパにも協力してもらえるように、さらに社会が変わっていかれたらいいですよね。おじいちゃんやおばあちゃんの登場もありがたいですが、近所に両親が住んでいる人ばかりじゃないし、そういう人は、地域が助けてくれる、そんな社会になっていかれたら、、、、とひろばのような地域資源は、そのためにあるとも考えています

とはいえ、ママたちも春からの生活にいろいろ不安はあると思います
保育園が決まっていない時は、保育園落ちたらどうしようと悩み、
保育園が決まったら決まったで、離れるのが寂しくなっちゃった!どうしよう!!と悩み、、、
そうなんですよ~母親ってそういうものなんじゃないかって、この頃思うようになりました。
どちらも間違っていないしどちらの気持ちも、ホントの気持ちですもん
かわいいに決まってます
そうやって、ひとびと全員が、一人一人が産まれてきたんだと思うと、、、本当に感無量です
だから縁あって、これから保育園に預けて働き始める仲間として、
ママたちにはこれからもつながっていってほしいなと心から強く思いました。

そして、職場復帰をしないお母さんももちろんいて、それもまた素敵だと思います
私もいったん仕事を辞めたので、むしろそちらのお母さんに近いのですが、子育てのスキルは何にでも活かせます
辞めた職場と同じ条件では働けないかもしれませんが、プラスの出会いや体験が必ずや自分を育ててくれるはず
何よりも子育てをした自分のお子さんから数えきれないほどの宝物をもらい、それが自分を育ててくれて身についたスキルは、その後の人生をどんなに明るく豊かなものにしてくれることでしょう。これ、まさにプライスレス。。。。ですよね。(笑)

2月末、そうやって18年間世話をやいていた我が家の末っ子が3時間も座って(!)数学の問題を解いて帰ってきた日に、結果はどうあれ、この子はとっくに私を超えていたんだと気付き、育ててあげているという態度を改めなければと深く反省したのでしただって~私、今、数学と3時間も格闘できませんよ!1時間でも無理かな!?
第一、数Ⅱbまでしかやってないから、そもそもできない!!
あぁ~息子よ!偉い偉い、よくやった!とハグしたくても、もうできない!し。。。

だから、ママたちに今まとわりついてくる小さな子どもたちが、
時に重たく感じられるのもとてもよ~く理解できるのですが、
今の私には羨ましいのですママたちが、輝いて見えますよ~本当に眩しいです
そんな貴重な時代を、どうぞ大切に~
何度も言われて聞き飽きているかもしれませんが、本当に そう思ってやみません。

もう来週のことになってしまいましたが、次回の0歳児あつまれ!は
3月11日(月)10時半から です。

いつも通りに開催しますが、少し早めに切り上げて
3月でWITHを卒業する赤ちゃんとママのためにKADODEの会をしたいと思っています。
人数把握のため、申込制にしていますので
参加される方はひろばに一報くださると幸いです。
よろしくお願いしま~す
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク