FC2ブログ

2019年になりましたね

みなさまあけましておめでとうございます。
昨年もたくさんの利用者の親子の皆さんと、楽しい時間を過ごせました。
4月に6周年となりますが、居心地がよく、来てよかった・また来たいと言ってもらえる
ひろばづくりを目指して、スタッフ一同がんばっていきますので、今年も
どうぞよろしくお願いします。

4日から、ひろばに素敵なイーゼルが登場しました
玄関外に置くことにしました。
イーゼル
このイーゼルは、なんと利用者さんのIさんのお父さまが
手作りで作ってくださいましたよ。
昨年利用者の皆さんの声の中に、
「入るのに勇気が要った」
「何をやっている場所なんだろう?と思った」
という言葉をいただき、ひろばサポーターの皆さんと相談して、
こんなものを作ればいいのでは??と相談したのです。
倒れづらいように、そして常に新しく書き換えられるようになっています。
Iさんのお父さま、本当にありがとうございました!素敵なカフェの入口の
ようですよ。嬉しーい!!

イラストを描いてくださったのはSさん。イメージを紙にかいてから、
さらさらーっと描き上げてくれました。
絵心のないスタッフが多いので絵心あふれる利用者さん!
ぜひ「描きますよ~」と声掛けしてくださいね~

こんなふうに、スタッフ以外の皆さんが、自分の居場所として想ってくださり、
お父さんまで(笑)巻き込んで、ひろばをより良くしようと考えてくださるなんて、
WITHがどんどん育って行っている!
という感覚があります。
これからも皆さんに育ててもらおうっと(笑)。

今年も利用者の皆さんが、そしてもちろんスタッフ一同も、
笑顔あふれる素敵な1年を過ごせますように。

スポンサーサイト



あけましておめでとうございます。

あけましておめでとうございます!
2018年が始まりましたね。
今年も、素敵な親子の皆さんと、楽しい時間を過ごすことを楽しみに
しています。

年末年始、いかがでしたか?のんびりできたような、あわただしかったような。
お疲れも出ていることでしょうね。
いろんな大人にかわいがられて、ご機嫌だったお子さんも、
泣いてばかりだったお子さんもいますよね。

ぜひ、楽しいおはなしを聞かせてくださいね!
血のつながりはないけれど、とても他人とは思えない(勝手にそう思ってる!?)
ママとお子さんたちに、早く会いたい気持ちでいっぱいです。

広場は1/5(金)から開所します。
スタッフ一同、2018年も笑顔を絶やさず、皆さんとともに
楽しい時間を過ごして行けるよう、頑張ってまいりますので、
どうぞ今年もよろしくお願いいたします。

※早速明日5日の午後は「おっきい子タイム」です。
幼稚園や保育園にあがったおともだちの交流の場となれば、と
思っています。14:30からは筒井さんのおはなしかいも。
お待ちしていますね~!

親と子のつどいの広場WITH 施設長 小松 奈保子
                    スタッフ一同

8月になるとおもうこと

暑い日が続いていますが、夏バテなどしていませんか。

今日は長崎の原爆投下から72年の日です。
私は毎年8月は、出来るだけ広島・長崎・終戦記念日の式典はテレビをつけて、
黙とうをするように心がけています。

今年の広島の日は日曜日で、寝過ごしてしまうという痛恨のミス。
すると18歳の息子が「お母さん、ミスったね、めずらしく」と言っていました。
なので、長崎の式典はテレビの前で、黙とうが出来て、なんだかホッとしました。

政治的なことを伝えるつもりはありませんが、戦後72年が過ぎても、
忘れてはならない事、子どもに伝えていかねばならない事ってあるのかな、と
思っています。なかなか凄惨な写真や言葉などを聞くのは勇気がいることで、
そこまではしなくても、平和の大切さを後世に伝えていく事は、親が子に伝えるべき
なのではないかと。

8月の終戦・お盆の時期にしか、戦争の事を思い出すことをしない私たちの
年代ではありますが、式典をテレビで観たり、黙とうをささげたりしていることを、
ちゃんと覚えている息子のことを、少し嬉しく思いました。
中学の修学旅行で広島を訪れたことを、この時期には話をしてくれます。

8月・・・
子どもだし、まだ小さいし、と思わずに、少し言葉がわかるようになったお子さんに、
今日は世界の平和をお祈りする日だよ、と話しかけてみたらいかがでしょうか。
                            小松 奈保子

相模原市で起きた事件の事について

相模原市で起きた辛く悲しい事件について、
ただただ、心を痛めております。
亡くなられた方たちのご冥福を、心よりお祈り申し上げますとともに、
ご家族、周囲の皆さまにお悔やみ申し上げます。


http://zen-iku.jp/info/member/3223.html
全国手をつなぐ育成会連合会が出した声明文とでもいうのでしょうか、
障がいのある方々に向けての、文章です。
ぜひ、シェアしたいと思いました。
テレビでも全文を取り上げていたので、小学生の娘にも聞かせました。
アナウンサーが涙し、言葉がつかえていたことも、印象的でした。

「障害のある人もない人も、私たちは一人ひとりが大切な存在です」
心に響く文章でした。
一生忘れないようにしたいと思います。

WITH施設長 小松 奈保子

春ですね・・・。

春になりましたね。
保育園や幼稚園に新しく通い始めたみなさん、お元気ですか???

我が家の息子が幼稚園に入園したばかりの頃は、ママとのバイバイが出来ずいつも泣いていました。
やっと一人の時間が出来たのに、息子のことが気がかりで、時計とにらめっこをしていたことを思い出しました。

生活も変わり、親も子も緊張した毎日ですよね。

WITHはいつもと変わらず、開所していますよ。
落ち着いたらママだけでも遊びに来て下さいね。


新しいおもちゃもありま~す
IMG_5260.jpg







最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク