FC2ブログ

12月18日(水)WITHカフェぷちVol.69開催しました~♪

今年最後の0歳児あつまれ!今回は13組の親子が参加してくれました~
IMG_8451.jpg

IMG_8452.jpg

きょうだい児もいたので人数が多く感じられ、なんとなくですが、
第一子のママたちと第二、第三子のママたちとちょうど半分になったので、
二つに分かれてお話しタイムを取ってみました
いつもママたちのトークタイムは、先輩ママたちに新米ママがアイデアを聞くことができる良い機会になるのですが
たまたま座っていた位置もそんな風に分かれていたし、たまたまスタッフIが座っていたので、お願いしてしまいました(無茶振り!?

赤ちゃん体操をしてから、トークタイム♪お茶とお菓子を食べながらの時間です

第一子組での話題は、
離乳食のことやお風呂に入れる工夫とか、本当に家事と(育児)の両立が難しいとか、そういう感想というか嘆きのような、叫びのような、ママの本音が聞こえてきました
今思えば、本当に、私も当時そうでした
第一子、初めての出産、育児、不安だらけでしたこのか弱い赤子をどうやって生かせばいいのか真剣に悩み、真面目に取り組んでいたと思われますそうしないではいられないほど「怖かった」というのが、正直なところかも知れません。それほど小さき人を育てることの責任の重さに圧倒されていたのが、本音かな?
だから、初めての育児に取り組んでいるお母さんたちの気持ち、理解できるんです、
とっても。本当に大変なことに今、現在、この時間も取り組んでいるんだ~と。

一方の第二、第三子のグループは、夫への多少の不満や、家での役割分担など話され、終始笑い声が、、、、
それは、やはり、母親の経験値がそうさせているのかな~とも思います。
一度経験したことと、初めて経験することはどう考えても全然違いますよね~
そこはどうしても、仕方がないというか。。。。経験値だけはね、飛び級できないのかな、と。

それでも、真面目に、いちずに取り組んだことは、
必ずその人の人生の宝となるし、
その子との忘れられない大切な思い出になると思います
よく私が言うのは、第一子は戦友ということ。
育児ではあるんですが、ともに戦う、感じ!?(笑)おかしいですかね(笑)
第一子と共に、(母)親も成長するってことなのかなぁ~と今はそう思うんですね
だから、そんなに焦ったりしないでのんびりと構えていればよかったなぁ~と思います

今年、印象に残った言葉は
夏の初めにあった講演会で講師の方がおっしゃっていた、
ぜひ「大好き、大事、大丈夫!」ということ(ことば)を子ども達に伝えてほしい、とおっしゃった事でした。
この先生は児童養護施設に勤務された経験のあるスクールソーシャルワーカーの先生で、
少し前、ほめて育てようというブームがあったけれど、ほめて育てるとほめられようとして育ってしまうのではないかと
警鐘をならしていて、それよりは「大好き、大事、大丈夫」をストレートに伝える方がずっと良いと言われていました。
子ども達一人ひとりが
「自分は愛されていて、大切にされていて、自分って生きていてOKなんだ」と
我が子が人生で感じてくれたなら、もうそれで充分じゃないですか?
まずは十分ですよね
そして、それは、親自身もそうありたいし、そう思っていないとなかなか子どもに伝わらないというか、、、、

自分は、誰かからは愛されていて(ご両親でも、おじいちゃんおばあちゃんでも、親戚のおじちゃんおばちゃんでも、夫でも、どなたでも
大切にされて、自分はOKなんだと親自身も思わないとできない事なのかも知れません。
この年齢まで(ママの年齢、つまり子どもを産むような年齢という意味です)大きくなれたということは、
間違いなく誰かには愛されていたと証なのだということ。
そのことにまず自信を持って、自分(親のほう)はOK、
そして子どももOKとできるよう、
焦らずにゆっくり歩いていきたいですね

ラグビーに明け暮れた2019年だったようにも思えますが、
さて来年はどんな年になるのかな。楽しみにしていきましょう
お子さんのことも不安なことを追求するばかりでなく、楽しみにしてしまいましょう♪
みんなで話すと、不安も消えて、笑いに変えられるかも知れませんよ~ユーモアをもって生活しましょう♪

次回の「0歳児あつまれ!」は来年1月22日(水)10時半から
スタッフ一同笑顔でお待ちしています♪


それでは、少し早いですが~皆さん、どうか良い年をお迎えくださいね
来年もきっと皆さんに、お腹を抱えて笑えるようなおかしいことがたっくさんありますように
スポンサーサイト



11月20日(水)WITHカフェぷちVol.68開催しました~♪

今回も秋晴れの良いお天気に17組もの親子が元気に集まってくださいました
ありがとうございます
とはいえ、ここ最近またもお天気が不安定で、マスクをしているママもいらっしゃいましたね
今年はインフルエンザが早くから流行っているようですし
手洗いうがいを徹底して皆でかからないように注意していきましょうね。

IMG_8355.jpg

なんと今回のWITHカフェぷちはさびしい事に、
0ちゃんの日によく来てくださるボランティアスタッフのSさんが最後の日になるとのこと
本業のヨガのほうがとてもお忙しくなってしまったようで、WITH卒業となりました。
Sさんは、私たちスタッフにもですが、ママたちにも実に自然に
身体のこと、こうするといいよ~とか冷やしちゃダメよ~とか、こんな食べ物が良いよ~と
会話の中からさりげなくアドバイスしてくださり、とても助けられていました。
そんな彼女の自然体に憧れたママたちも少なくなかったはず
そういうわけで、今日は赤ちゃん体操を少ししてから、
いつものママたちのお喋りのシェアタイムを、
せっかくだから身体のことに絞ってSさんに聞いてみよう!という時間にしました
すごく、お得な時間だったんですよ~アレ!
人数もとても多く、声を張り上げての質問だったので、
ママ達聞きにくかったかな?挙手形式で聞いていきました~
すると、予想通り、肩こりがひどくて、、、と打ち明けてくれたママがいましたよ~

Sさんは早速実践を含めて、説明してくれました
肩こりに効くのは、まず両肩をギューッと上にあげる、
しばらくそのまま、
そしてストンと脱力(私が見たTVではギューストン体操とか言っていたような??)これを数回繰り返す。
あとは身体を緩めるためのゴキブリ体操!?
ゴロンと横になり、背中を床につけたまま手足を上にあげてブラブラブラ~
そうすると身体がいい感じで緩んでくるだそうです。
その他、寝たままで両ひざ曲げて立たせ両足そろえて右左にパタンパタン倒す、のもとても良いそうです!
現代人のほとんどが背中が反ってしまって、床に横になっても腰のあたりに隙間がかなりできていて、
腰に負担がかかるんだそうですよ~時々緩める、リセットする、大事なことですね~
身体も、心も時に緩めないと、ですよね!

IMG_8353.jpg

IMG_8359.jpg

そして現代人のもう一つの特徴
それは呼吸が浅いことだそう。
短い呼吸を繰り返しているだけで、
深~~い呼吸をしないでいると、行きわたらないところがあちこちに出てくるんだそう
私の年代だと、そう、脳が酸欠とか、、、、ね
その後も、膝が痛い、腰が痛い、と次々に質問ありましたが、
そのたびに丁寧に教えてくださるSさんの姿勢にもまた感銘を受けました
どれだけ、ママたちが安心できたことでしょう。ありがとう!Sさん!!
これからも、ずっ~と私たちとつながっていてくださいね


「つながる」関連でもう一つ!(いつもブログが長過ぎる!!スミマセン
11月18日に二年に一度横浜市で開催される、市内で様々な活動する子育て支援フォーラムがあり、
ご縁があって今回実行委員を引き受けてお手伝いに参加しました
私なんかにできるのかしらと最後まで心配でしたが、
他区の支援者の皆さんと共に、たくさんたくさん助けていただきながら、
無事に終わることができ、当日を終えて会場を出る際にとても爽快な気持ちになりました
何より、普段から赤ちゃんや小さなお子さんを連れた若いパパママに心から寄り添い、支援活動している皆さんが本当に素敵で、優秀で、優しくて、横浜市でまだまだこれからもできることがたくさんあるな~と感じました。
今回のフォーラムのタイトルが「つながるヨコハマ」~これからの親子の居場所について考える~でした。
前半「まち保育」という研究をされている横浜市立大学の三輪先生の講演があり、
都市計画研究のお立場からも、子どもの育ちに「まち」(=地域)ができることがたくさんある、
そのことで、「まち」そのものが豊かに育っていくのだと、、、
「まち」にできること、とは大きな事業を成し遂げようというようなものでもなく、
顔を合わせれば挨拶するとか、そういった普段の場面でごく自然に起こっていることです。
もっといえば、たぶん皆さんが自然に既に普段やっていること、でもあります。
みなさんがこのまちにいて生活することで、
子ども達や自分たちも地域とつながりをもって暮らすことができるし、
地域そのものも、ゆたかになっていく、そういう営みなんだというお話しもありました。
(ちょっと省略もしてます、、、
「つながり」と書くと仰々しいですが、仲よくしよう!ってことですかね、
子ども達よく言い合ってますよね?「入~れ~て~」「い~い~よ~」って

このつながりをますますひろげ、自分も成長していきたいなと、
こんな年齢の私でもまだまだ思います
だから、子どもたちにも、もっともっとゆっくりと子ども自身のつながりをひろげていってほしいなと願います。
そのために大人である自分にできることは?
ひろばに来てくださるママや子どもたちにいただくパワーを
どう、自分らしくお返しができるのか、
今後の、私の課題のように思います!

なんだか独り言みたいになっちゃった~失礼しました

次回の0歳児あつまれ!は12月18日(水)10時半からです。
今年最後のWITHカフェぷちです。どうぞ元気でお会いできますように~
スタッフ一同お待ちしています♪

10月16日(水)WITHカフェぷちVol.67開催しました~♪

超大型台風が過ぎ去り、少しホッとしたもののまだまだ被害の全容がはっきりしない日々。
全国でまだまだホッとできない方たちがたくさんいらっしゃること心が痛みます。
一日でも早く日常を取り戻すことができるよう、祈りながらも
何もない平凡な日常を非常にありがたく思います。

こんな時に赤ちゃんたちが集まってくださると、こちらが元気になるのです
本当に来てくれてありがとうございます

今回は12組の親子が来てくれました。
朝から重い荷物を背負って、赤ちゃんを抱いて、大変だった事でしょう
ありがとうございます

2019101612283002c.jpeg

区の育児教室はほとんどの会場で第一子に限定されていますが、
WITHの「0歳児あつまれ!」は第二子第三子のママもいらして、
バラエティーに富んだメンバーになるのが特徴かなぁ~と思っています
第一子の時にはわからなかったことや、心配で心配で仕方なかったことが
実はさほど心配要らなかったということなど、
少しずつ教え合うと言ったら大袈裟かもしれませんが、シェアする、
そう、心配なことだけでなく、嬉しいこともシェアできたらと思って、
皆さんでお喋りする時間を取っています
育児ほど、実際に経験したことと見聞きしたことが違うと実感できる分野はないのではないか
と思えるほど、「百聞は一見に如かず」のパイオニアなんでしょうかね~(笑)
お悩みのほうも本当にさまざまで、お風呂に入れるとき、どんな工夫をしていますか?とか、
ママべったりでパパでさえ泣いてしまう、大丈夫かな?とか、
下の子におっぱいあげている時、上の子に背中を向けてしまうのが切ない等、泣けるお悩みもあり、、、
ホントその一時ひとときが愛おしい時間です

お母さん一生懸命、必死にやってる、ってきちんと見ていてくれて、
おそらく一番の理解者がお子さんなんだと思います。
だって、一番そばにいるもの~!パパよりも近くで!ママの最高のファンがお子さんなんですよ~
みんな本当にそうです。ま、生命綱ってこともあるけれども(笑)
眠い、寝たい!という訴えも切実でした~
本当に死ぬほど眠いですね~
特に授乳中は
そんな時は、一時預かりでママの睡眠時間に充てるという手もあります
一定の条件もありますがWITHでも一時預かりをしていますので、しんどい時はちょっと考えてみてください
ひろばに来ているママ達も利用している人はたくさんいますし、
やはり、預かり終わってリフレッシュしたいい表情で、ママ達お迎えに来ますよ~うん

ママ達みなさん、つい最近まで、既婚者であっても自由に「ひとりになる」時間や空間を持てたと思います。
そこからの、育児って、本当にぐるっと地球が回るくらいの大変換だと思うんです
だから、自分だけおかしいんじゃないかとか、できないなんて情けないとか思わないでくださいね。
本当に大変なことなんですから、、、
ゆっくりゆっくりできるようになればいいし、お子さんにも優しくなれるんじゃないかなぁ~。
お子さんと一緒にゆっくりと育っていければいいですよねぇ~

この日、ちょっと人数も多かったので、ゆっくりと本音で話せるところまではいかなかったという方もいらしたと思いますが、
こちらも徐々に、時間をかけてお話しできるようになれたらいいな~と私は考えています
だから、何事もですが、一回であれこれ思い込み過ぎずに
少し様子を見ながら続けてみるという姿勢も大事かも。
独身の時はもっとアクティブだし、時間がもったいないから即決即決で、
プライベートも仕事も「スピーディにこなす」事が重要と思っていましたけれど
そうでない生き方にも目が行くようになる気がします
本当に世の中広い!ビックリするほどいろんな人がいます!!
もし、間違えたらその時に修正すればいいし、何事も遅すぎたということはないんだそうですから、、、、


さて、話は変わりますが
ひろばニュースの先月号にひろば一のラグビー日本代表ファンであるスタッフIのあとがきに続き、
私もラグビーファンの一人として、少し書き残したいと思います。(今夜、決勝トーナメント一戦目の南ア戦があります
長男が高校でラグビーを始めたのをきっかけに、興味を持ち始め、この「4年に一度じゃない。一生に一度だ。」のW杯2019に何か自分もできないかと考え、ボランティアに参加しました。力になりたいと思い活動していますが、実際はボランティア活動を支える人がいて、それを支える組織があり、選手をも支える委員会がありと、とてつもなく大勢の人がいて、成り立っている世界大会なのだなと改めて実感しました。日本代表の活躍が台風被害にあわれた方々を励ましたのと同時に、ファンの応援や声援も日本代表選手一人ひとりを支えたのではないかと思います。人がひとを想う気持ちは決して小さくはない、そうも感じたここ一か月です

そう思えば、育児とはなんと長い時間、
子ども一人ひとりを想うことのできる営みなのでしょう
本当にとてつもなく素敵な時間なのですよ~
後になって振り返れば、ですけどね(笑)
そんな貴重な時間の、ほんのひとときでも
ママたちの伴走者の役割を担うことができたら
幸運だし、心の底から嬉しい!そう思ってスタッフ一同、
ひろばを運営しているので、どうぞ遠慮なく、
第二の実家のようにひろばに遊びにいらしてくださいね
心よりお待ちしています


次回は11月20日(水)10時半~
スタッフ一同、笑顔でお待ちしています♪

9月18日(水)WITHカフェぷちVol.66開催しました~♪

今回も14組もの赤ちゃんとお母さんたちが集まってくださいました~ありがとうございます
この夏は7月中旬くらいまでは冷夏かと思いきや、一転、猛暑、猛暑というより酷暑となり夏の子育てが本当に年々大変になっていると感じましたママ達、自分のことだけでも大変なのに、本当によくやっているな~偉いな~と思います、心からお疲れさま育児は尊い営みです、ホントですよ~

IMG_8241.jpg

お母さんになると、まずは出産がそうですけれど、(たぶん誰もが思うと思うんですが~)
「み~んな本当にこんな大変な事を平気な顔でやっているのか~!?」と
なんて自分は不器用で無力なんだろうとそう感じたのは私だけではないのでしょう、おそらく(^^;)
本当に最初はそう思うんですよね~そしてこの無力感から大いなる不安に陥る
だって尊いはかない生命を任されてしまったので、こんな未熟な私ひとりでどうしよう!?
という気持ちになりますよねなんで?なんで??なんで泣いているの!??はてな?だらけの毎日
パパもそうそうは早く帰って来てくれないし、昼間は一人だし、って、、、
だいたい皆同じように日々を過ごしているのではないかと思います。
そんな時、ちょっとひろばへ行ってみようと思ってくれたら嬉しいです♪
何か特別素晴らしいサービスがあるわけでもないですけれど、
そんな経験をした少し先輩のママや、同じようにママになりたての同士がたくさんいて、
スタッフが笑顔でお待ちしています。
実家に来たようにくつろいで、少しでも元気をためて帰っていただけたら幸いです

そんなひろばへの入り口としての「0歳児あつまれ!」があります。
月に一回(今年度は第3水曜日の午前に開催)0歳児のママたちが集まって来てくださって、
赤ちゃん体操や手遊びをしたり、ママ達のお茶を飲みながらのお喋りタイムも取ります
ぜひ気軽にいらしてください♪どなたでも歓迎します。
里帰りで今青葉区にいるだけの方もどうぞ~遠慮なく。「第二の実家」ですからね
今回、出たお茶菓子はこちら↓あんころもちでした~

IMG_8248.jpg

今回もいつものぞうきん体操、指のマッサージなどをして、ママのトークタイムになりました
この猛暑、どう過ごしていましたか?とか何か日常で困っていることや疑問に思う事など
好きなテーマで話していただきましたが、皆さん暑い中でも様々な楽しみ方があるんだなぁ~と感心しました。
楽しい夏休みばかりでなく、思いがけず家族が入院するなど、家族の体調不良に悩まされる夏休みになった人もいれば、実家でのんびりできた人、できなかった人、とこの夏もたくさんのストーリーがあったということがよくわかりました。
是非またゆっくり聞かせてくださいね!

毎月開催なので一ヶ月ぶりに再会する赤ちゃんが数名は必ずいますが、
本当にひと月一月成長していくその姿は感動に値します!
ママは毎日見ているので、「わからない」とおっしゃる方が多いですが、
いえいえ著しい成長ぶりですよ!ホント!!
寝てばっかりだった新生児から、やがて、モゾモゾ動くようになり、
寝返り、ずりばい、ハイハイ、と徐々に人間っぽく成長していく様相は、
人類の進化を表していると言われますが、本当ですよね。
人類はどうしてこんなに未熟なまま生まれてきて絶滅を逃れたのか?
言語が大きな役割を果たしたのは明白ですが、
人々がコミュニティーを作って皆で助け合ったからこそ、生き延びることができたと言われていますね。
コミュニケーション、お喋り、女性の力は大きかったのではないでしょうか(笑)


帰りがけに、受付で、久しぶりにひろばに来られたママと再会を喜び合いつつお話した時に、
そのママが以前ひろばへ連れて来ていたお兄ちゃん(今は幼稚園に通っているので、この日はひろばには来なかった)の赤ちゃん返り?の話になり、ぷち反抗期のような感じで手を焼いていると嘆いていました
とってものびのびとした、元気で活発な赤ちゃんという印象だったSくん、
ママとの会話(ケンカ?)の中でこんなやりとりがあったそうです。

(状況)だらだらとご飯を食べる息子、もちろんキレイには食べられない
ママ「(少し怒りながら)何やってるの~きちんと食べなさい!」
Sくん「? ママ、きちんとってなぁに?」

それに続いて出てきたことばがめちゃくちゃかわいくて~

Sくん「ママ、きちんとってなにいろ?」ってたずねたんだそうです。
何色、、、って、発想が私にはなかったなぁ~Sくん、芸術家だなぁ~すごいな~
そうか~自分も子どもたちが小さい時ににきちんと食べろきちんとしろと要求し続けて来たけれど、、、
彼らは「きちんと」って何か(具体的には)わかっていなかったんだ~!!
とすご~く腑に落ちました(今頃、、、とほほ
子どもを叱っていると怒りの感情が先走って、うまく怒れない時が多いですね
私個人は、感情で子どもを怒ることも大切ではないかと思っているのです。
だって、ひとは怒るんだって子どもに伝えることも大切だし、それだけ危険なことだってたくさんありますから。
でも、相手にどうしてほしいか、具体的に、それこそきちんと伝えない事には、相手も変えようがないですものね。
そういえば娘によく言われていたっけ。「で、ママはどうしてほしいの?」
と。冷静に言われると余計腹がたって~(笑)
いろいろ教えられるんですよね、子どもたちに。自分がおなかを痛めた子どもに、ですよ!やれやれ
そうそう、だから、人間は未熟な動物、ひとと助け合って生きていく宿命、
同じ年頃の子どもを育てる同士、同じ地域に暮らす者同士、
仲間になって、一緒に子育てしていかれたら、「少しは」気持ちが楽になるのではないでしょうか。
ひろばがその一役を担うことができたら、それはとっても光栄なことだし、それがひろばの使命でもあるのです。
みなさん、どうぞ、ひろばをどんどん活用してくださいね!遠慮なく、利用してください


次回は10月16日(水)10時半~スタッフ一同、笑顔でお待ちしています♪

8月21日(水)WITHカフェぷちVol.65開催しました~♪

昨年の夏が本当に暑かったと思ったら、体感的には今年の方が暑い気がしますね
梅雨が長くて冷夏になるかもなどと7月前半思っていたのがウソのような陽気です
そんな中、赤ちゃんそしてお兄ちゃんお姉ちゃんも連れてひろばに10組もの親子が集まってくださいました~
ありがとうございます




今月は夏休みということもあってか、初めて会うお顔、懐かしいお顔、新旧入り混じっての0歳児あつまれ!でした
赤ちゃんって不思議なパワーがあって、大の大人を何人も(ママとパパはもちろんのこと、
おばあちゃんやおじいちゃん、親戚を含めて、そう、何人もの大人たちを)虜にして、狂わせてしまいます(笑)
口説き文句ひとつ言わずに、です!スゴ~イ!!
皆さん、好き勝手な事言い出しませんか~?「俺にそっくり」とか、、、、(笑)
赤ちゃんっていろんな表情してくれるから、様々なご先祖さんに似て見えるんですよね~
赤ちゃんはパパにもママにも似てて、え~じゃあパパとママは似ているの?
っていうとそうでもなかったりちゃぁ~んと間を取って産まれてきてくれるんですね~ふふふ
そうやって、赤の他人だった夫婦の顔の距離も縮んで、大変で貴重な育児を共同作業しながら、
徐々に徐々に「夫婦」つまりお父さんとお母さんになっていくんだろうと思います
何でもすぐになんて誰もがうまくいかないですよ~!
うん、うん、、だんだんと、ですよ~慌てないでいきましょうね

さて、夏休みも終盤ですが
学校や幼稚園に普段通っているお子たちが、毎日毎日家にいて
朝昼晩を毎日用意しないといけないとなると、ママは相当大変ですよね~
学校給食ってすばらしい!と私も思っていましたもの(笑)大変だと、どうしても子ども達を叱るシーンが増えますね

先日片付けをしていたら、尾木ママの記事があって、「しからなくてもしつけはできるのよ~」って書いてありました(笑)
もちろん、やってはいけないことを教えるのは大切だけれど
「そんなに」怖い顔で言わなくてもいいんだそうです。(ハッとしますね~
子どもの心に届く伝え方のポイントは
① 子どもに理由を聴く。キーワードは「どうしたの?」
② どうしてダメなのか、理由を言葉で説明する。
の二つよ~! だって~
なぁ~んだ、簡単!?いえいえ、なかなか難しいものです

そういえば、ひろばのスタッフでもそんな話をしたことがありましたっけ。
「ラ♪の音で叱る」ドレミファソラのラです。
子どもを叱る時って怒っているので
だいたいドみたいな低い音の声で喋っていて、
さらにドスを聞かせて怖い声で怒っているかも~(笑)
そりゃぁ子どもだって怖いですよね!
尾木ママはちゃんとフォローもしてくれていて、
それでも怒ってしまう時はある、その時はあとでちゃんと謝ることよ!って書いてありました。
そうそう、女言葉(今やジェンダー的には問題ある表現かもしれませんが)で話すのも効果的らしいですね。
一拍おけるというのか、少し表し方が和らぐのは確かですよね。
あと、私が先輩ママから聞いた秘法は、子どもを怒りそうになったら、「窓を閉める」。
外に声が丸聞こえにならないように、というよりは、窓を閉める、この何秒間が心を鎮めるのだそう。
なるほど、なるほど、、、

あらあら、赤ちゃんにそんなに叱ることはないのに、夏休み特集ということで書いてしまいました
赤ちゃんはパワーをいっぱいくれます。でもパワーを奪いもします。特にママから。
それは授乳が大きな要因ですが、身の回りの世話だけでも本当に大変ですものね。
ひろばに貼ってありますけれど、母乳育児の消費カロリーはラグビー1試合分だそうですから!
そして、出産直後のママの体は、全治2ヶ月相当の状態なのだとか~
全治2ヶ月の人は普通ラグビーできませんよね~!?
だから、今回来てくれた皆さん、満身創痍の身体を引きづってわざわざ来て下さったんだと思って、
心の底から敬意を表します。来てくれてありがとう
そして、本当に、赤ちゃんを産んでくれて、ありがとう
毎日本当にお疲れさま
これからも一緒に子育てしていきましょう
そのお仲間のひとりとさせてください
そして、どうぞ、皆さんひろばをうまくご利用くださいね!

次回の0歳児あつまれ!は9月18日(水)10時半からになります。
皆さんをスタッフ一同笑顔でお待ちしていま~す♪

まだまだ暑さ厳しき折、どうぞママ自身がご自愛くださいね
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク