FC2ブログ

1/30 土曜ひろば「パパ仲間を作りましょう!」を開催しました

6月の「父の日ひろば参観日」に続き、初の試みとして、パパ向けの土曜広場を開催しました。
前日からの雪予報にスタッフ一同ドキドキでしたが、なんとか雨で済みました。
でも、天候の悪い中、8組の親子が集まってくれました。パパ・・4名も
「実はパパそっくりだったんだね~!」などと新たな発見もたくさん。
201602011732077fa.jpg

パパと来ると、いつものお子さんとは違った感じ。
ママと来ると、すぐに自分の遊びたいおもちゃのところに走っていく子どもたちも、
今日はひとつひとつ、パパに説明してます。パパと寄り添ってる感じが、なんとも言えず
可愛いくて。ママと来てくれたお子さんたちも、見慣れぬ風景に不思議そう。

で、パパ同士お近づき頂きたく、ノンアルコールビールと乾きものを用意してしまった
小松、パパもママもみんなでかんぱーい
20160201173235efb.jpg
じゃーん、小松が夕飯作るのをそっちのけで作った特製サイコロ!
小堺さんじゃないんだからとつっこまれながら。
「お子さんの可愛いところは?」「奥さん自慢」などなど、こまりながらも
一生懸命答えてくれる、パパやママ。
もう、お子さん自慢なんて、でれでれでしたよね
異性のこどもはなぜ可愛いの!?などと盛り上がっていました。
でも、育児に日々奮闘するママへのリスペクトを口にするパパが多かったのが、
印象的でした。(是非御本人にも伝えてね!)


その後、お迎えがてらママたちも登場しました。
掃除がはかどりました!なんて、えらすぎるママもいましたよ~。

仕事が多忙を極める日本のパパ。
平日に育児時間が取れるはずもなく。本当に大変だと思います。
でも、24時間子どもと一緒にいて、自分のペースでは何も出来ないママたちの
気持ちに共感して下さる時間を、少しでも取ってもらえるといいなーと
心から思っています。
土曜日の朝、わざわざ広場に出向いて下さったパパたち、すごく素敵です。

土曜ひろばを開催するたび、必要性はひしひしと感じます。
土曜日に仕事のパパもいれば、土曜日の朝ぐらいゆっくり寝ていたいパパのために、
お子さんを連れ出す場として。
なかなか回数を増やす事は容易ではないけれど、またの機会、頑張ります!






スポンサーサイト



WITHカフェぷちVol.23「0歳児あつまれ!」開催しました~(1/20)

先日の雪がまだ少し残る中、今日は大勢の親子が遊びに来てくれました~ 前回も書きましたが、朝10時に赤ちゃんを連れて出かけるのって、本当に大変なんですよね~来てくれて本当にありがとうございます
生後2ヶ月の赤ちゃんから10ヶ月の赤ちゃんまで11組の0歳児の親子が参加してくださり、丸くなってまずは自己紹介。
お名前、どの辺に住んでいるか、赤ちゃんの名前とその由来をお話してもらいました。
いつも思うことですが、赤ちゃんの名前の由来をお聞きすると、ご両親のお子さんに対する思いや愛情を感じることが出来て幸せな気持ちになります。どの赤ちゃんも両親の愛情と期待を一身に受けて、生まれてくるのですね~ どうりでみんな可愛いはずです

その後、ぞうきん体操や指遊びをしてから、先月できなかった、ヨガ講師をされているボランティアスタッフの十河さんから呼吸法を習ってみんなで実践しました。赤ちゃんはかわいいんだけれど、どうしても泣きやまない時など、どんなに優しいママでもイラっと来てしまう事もあるんですね、そんな時にちょっと一拍 「間(ま)」 を置くことができるとずいぶんと気持ちが変わるものです。深い呼吸をすると心が落ち着いてくるとの事、少し冷静に対処できるかも知れません

それから、ママたちのトーク♪
今こんなことに困ってるとか、こんな時どうしてる?とかみんなでシェアできる話題でお喋りしました
それぞれ悩みもとらえ方も違うけれど、「わかるよ~」「そんな時は私はこうしたよ~」「大丈夫よ~」と言ってくれる先輩ママさんもいてくださって、そんな言葉にホッとしたり、、、私たち大人もそんな言葉に励まされる場面ってたくさんありますよね
やっぱり、子どもも大人も励ましてくれたり、ちょっと安心させてくれたりする 「仲間」 が必要なのでしょう
日中かわいい赤ちゃんと一緒で幸せだし楽しいけれど、やっぱり大変だし何しろ責任重大!初めての子育てで不安や心配はどんなに経験を積んだ大人でも悩めるものです。そんな時、どうぞひろばに遊びにいらしてください

子どもを遊ばせるためのひろばですが、大人も楽しんで、そして少しでもくつろげるよう、必要とされている「仲間」と「間」を提供できるように、WITHスタッフ一同、笑顔でお待ちしています♪

(今回写真を撮り忘れてしまいました様子が伝わらなかったらごめんなさ~い

WITHカフェvol.14 「きょうだい どうする?」を開催しました

今日はWITHカフェ「きょうだい・・・どうする?」
201601162217515c9.jpg


初めての話題です。ちょっと深い話かな・・・と心配でしたが、10カ月~1歳7カ月の
黄色バッジさんの一人っ子ちゃんとママが集まってくれて、まずは自己紹介。
その後、小松(7歳差の男女の母)・伊丹(4歳差の男二人の母)・緒方(女子一人の母)の
3人のスタッフが、自分のことをお話ししながら、色々話が弾みましたよ
誕生日が一日違いの男の子が二人。初回の方もぐっと距離が縮んだ感じ
自己紹介の後、「皆さんはどうしようかな、と思っているの?」という小松の一声から
皆さんの考えがちらほら。

やっぱり二人と思っているんですが、いつがいいのかはわからないんです。
こんなに大変なのに、二人なんて無理では?と思ってしまうんです。
夫が年がだいぶ上なのですが、4月から仕事復帰なので、新しい生活に慣れてから、と思っているんです。
結婚・出産が遅いので、一人でいいかなと思っていたけど、自分が一人っ子なのできょうだいが欲しい気持ちがあって。
(小松家のように)年を離すつもりだったけれど、実母に「私も若くないんだから、早く生まないと子どもを見てあげられないわよ」と言われてます!       などなど・・・。
 
一人っ子には一人っ子の良さが、兄弟姉妹にはその良さが。
一人っ子は、ついつい親がよく見えすぎちゃうので、親も「気を抜く」のが親子ともに
大切かも!?とか。
そして、兄弟も、年が近いと赤ちゃんのうちは大変だけど、年の差が大きいと、子どもが成長すると一人っ子二人みたいになっちゃったり(あ、小松家だけかな!?)。
スタッフ伊丹は、子どもが二人になってから、「1対1の苦しさ?」から抜けて楽になったらしいです。

色々話をしている途中から、二人目を最近出産されたママが二人、登場しました。
おふたりの、「二人目は思ったよりも楽です!」との言葉に、「そうなんだ~!?」
あれこれ、悩んでいたけれど「案ずるより産むが易し」でしたよ~という言葉に、
一同深くうなずいて。2歳差で大変な事もたくさんあるのでしょうけれど、生き生きしたお二人の顔を見て、みんな大きな勇気をもらえたのではないでしょうか?

第二子欲しいなと思うのなら、その気持ちを常に意識しておいたほうがいいのかなーと
言うのが、小松の意見。(うっかりしていたらあっという間に7歳差の小松家ですから・・・)
でも、いつがそのタイミングなのかは、皆さん次第。
パパともちょっとお話ししないとですよね。そして、あれこれ悩み過ぎは禁物

子育てはママひとりが背負ってしまいがち。大変さが先に立つと、ママも余裕がなくて
二人なんて無理!と思っちゃいますよね。でもね、二人目を出産したら、二人目は「見通し」が立っているから、大変さが減ると思うのです。
いつまでも昼夜逆転ではないことも、笑顔をたくさんくれることも、いつかはお話ししてくれる事も、0歳の最初は[全く」わからなかったけれど、一人目を育てると見通しがわかる。
見通しがわかったときの育児は、だんだん楽しさが勝ってくるんじゃないかなーと思うのです。
そして、今子育てを一生懸命やり過ぎて、余裕がなくて笑顔が出ないくらいなら、
うまく手を抜けばいいのです!離乳食だって、3食同じでもいいじゃないですか?ママの笑顔がごちそうですよ!ママ、楽していいんですよ~。

スタッフ伊丹とお話ししていたSさんが、
子育てを日中一人でするのは大変だったけど、WITHに来てから本当に穏やかになれました、と嬉しい言葉をかけてくださいました。子育てを家族みんなで、地域のみんなで、助け合えると素敵ですよね。

皆さんにWITHスタッフの想いを伝えたくて、今日もながーいブログになっちゃいましたね(笑)。
みんなで深くお話しすることで、持ち帰ってもらえる事があれば、と思ってWITHカフェやってます。
こんな内容でお話ししたい!という事があれば、是非スタッフに教えてくださいね!

1/7 リトミックタイム♪

1月7日、毎月恒例の井上先生のリトミックタイムを開催しました

この日は近隣の幼稚園が冬休み中ということもあって、幼稚園児の大きいお友達も一緒に参加してくれて、いつも以上に元気いっぱいの楽しいリトミックタイムになりました

まずは音楽に合わせて、井上先生がみんなのお名前を順番に呼びます。
みんな元気に手を上げて、おへんじ「はーーい

20160108221027805.jpeg


ピアノのリズムに合わせて、早く歩いたり、ゆ~っくり歩いたり、ぐるぐると走り回ったり。
みんな思い思いに体を動かして歩き回ります

201601082210059fa.jpeg


それから、音楽に合わせてダンス

2016010822134839a.jpeg


足を右に左に出してステップしたり、ぴょんぴょんジャンプしたり。
大きなお友達はさすがにじょうず
音楽に合わせて体を思い思いに動かして、1歳から5歳の子までがそれぞれのペースで楽しく動きます。

続いてはカスタネットや鈴が登場して、みんなで小さな演奏会の始まり~。
みんなの表情もきらきらとして、とっても楽しそう

最後は、おいしそうな果物の絵本が出てきて・・・
みんなで「おいしくなーれ!」と魔法の言葉をかけると、イチゴがショートケーキに、りんごがアップルパイに、バナナがロールケーキにと次々に変身。
みんな絵本を食い入るように見てました。
「ごちそうさま」をして、楽しい時間はおしまい。

今日も盛りだくさんのリトミックタイムでした!


次回のリトミックタイムは2月1日(月) 10:15~10:45 に開催します。

参加費は広場利用料のほかに、300円(1歳以上のお子さんひとりにつき)。 
予約は1月22日(金)から、ひろば内または電話にて受付します(先着順)。

申し込みをお待ちしています

1/5 おっきい子TIME でした

2016年が始まりましたね。
帰省をしたり、親せきにたくさん可愛がられたりして、素敵な年末年始を過ごされたでしょうか?
WITHでは、血のつながりはないものの、親せきのおばちゃんのように、第二の実家のように、
皆さんと一緒に過ごしたいと思っています。今年もどうぞよろしくお願いします。

さて、1月5日の午後に、「おっきい子TIME」を開催しましたよ。
小さい時にひろばに来ていても、だんだん大きくなって幼稚園や保育園に行ったりして、
赤ちゃんや小さなお子さんのいるひろばを遠慮してしまうことが多いみたいですが、
この日は久しぶりに来てくれたお友だちもたくさん。

あんなに小さかったお子さんたちも、おしゃべりをたくさんしてくれたり、
羽子板工作も自分でやってくれたり。
お名前を書いてくれたお友だちもいて、スタッフ感無量20160107233933e94.jpg


そのあと、読み聞かせのスペシャリスト筒井さんが登場!
おはなしかいのはじまりはじまり~!!!
はじまるよったらはじまるよ♪
「お手玉」でおもちつき手遊びを楽しませてくれたあとは、
紙芝居!「へびかとおもったら・・・」
ひもかとおもったらへびで、へびかとおもったら恐竜だったり、
リンゴだと思ったらタコだったり、と奇想天外なものが出て来る紙芝居に
みんなくぎ付け!
2016010723402777f.jpg

お手製のパネルシアターも面白かったね!お皿のお料理がお顔に変わったね!
20160107234117725.jpg

何より、みんながあまりに上手にお話を聞けるものだから、時間が過ぎていたのだけど、
筒井さんが「おまけ」でもうひとつ、紙芝居を読んで下さいましたよ!
新幹線ははやい→はやいは・・・とどんどん変わっていくお話し。
楽しい時間はあっという間でしたね!

幼稚園や保育園に行っているお子さんはもちろん、それより小さなお子さんの集中したキラキラした目
実はおっきい子タイムでお手伝いするために、小松の娘(小3)も来所していましたが、
誰よりも!?楽しんでおりました。大人のママたちも楽しんでもらえたでしょうか。
2016010723395924b.jpg

読み聞かせって親子の大切な時間ですよね。おうちではなかなか
時間がないかもしれませんが、一日の少しの時間を充てられるといいですね。
ひろばでも日々読み聞かせが出来たらいいな、と思いましたよ。
筒井さん、素敵な時間をありがとうございました。


おっきい子TIME以外にも、幼稚園の振り替え休日等、小学校に上がるまで、是非
ひろばを利用してもらえたらと思います。大きくなったお子さんたちに会えると、スタッフは
とても嬉しいですよ。お待ちしていますね!


最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク