FC2ブログ

3月のおさんぽ会を行いました

3月26日、前田公園でおさんぽ会を行いました。

公園の桜もきれいに咲いて、お日様ぽかぽかの絶好の外遊び日和
ちょうど小学校や幼稚園も春休みの時期で、公園にはたくさんの親子や子どもたちが遊びに来ていて賑やかでした!

今回は、お外で絵の具を使ったお絵かきに初めて挑戦
シートの上に大きな模造紙を広げて、水彩絵の具の準備をしていると、子どもたちが興味津々で寄ってきました。

絵の具や筆をはじめて使うお子さんいたかもしれませんね。
興味深そうに、好きな色を選んで筆を走らせていました!
小学生のお兄ちゃんお姉ちゃんは葉っぱや石にも色を塗ってみたり、葉っぱをスタンプにしてみたり。
小さなお友だちもそれを見てまねっこをして、思い思いに自由にお絵かきを楽しみました。

IMG_5101.jpg

お絵かきは家の中の遊びだと思っていましたが、外でやってみると、床や壁が汚れるのを気にすることがないので、ママたちもストレスなくおおらかな気持ちで見守れるようです
大きな紙にのびのびと描けて子どもたちもとても楽しそうでした

出来上がった絵はちょっとしたアートかも?

0326おさんぽ会02


久しぶりにシャボン玉もやりましたよ。
いいお天気だったので、たくさんのシャボン玉がキラキラと輝きながら風にのって飛んでいく様子がとてもキレイでした

IMG_5104.jpg

0326おさんぽ会01


IMG_5107.jpg



たくさん遊んだあとはお弁当タイム。
お外でみんなで食べると、なぜかいつものお弁当も、よりおいしく思えます
これも、床や家具が食事で汚れるのを気にせずにいつもよりおおらかな気分で食べられる気楽さゆえ?
お外効果ってスゴイですね~


次回のおさんぽ会は
4月5日(木) 11:00~13:00
前田公園で遊びます

公園遊びが心地よい季節になりました。
たくさんのおともだちをお待ちしていまーす


スポンサーサイト



3月のおたんじょう会を開催しました

続きを読む

かやのきコンサート~ママたちの底力

ちょっと前ですが、3/10(土)に大場地域ケアプラザにて二カ月に一度行われている
かやのきコンサートに行きましたよ。

素敵な歌・ピアノ・バイオリン・ギターを披露してくれたのは、
「リズマザー」の皆さん。
なあんと!WITHの元利用者さんでリトミックタイムをやってくださっている
井上さんと、今も現役?利用者の計4人のユニットです!
0310かやのきコンサート2

親子で楽しめるコンサートという事で、マットが敷き詰められ、子どもたちもそこに座りました。
0310かやのきコンサート1

きっとわいわいがやがやにぎやかなコンサートなんだろうな?と思っていたら。

ゆうかさんのバイオリンの音色に、一同シーン!
(いきなりすごく緊張したそうですよ!ゆうかさん)
さゆりさんのピアノ、そしてまりこさんのギターの音色。
そして井上さんの迫力のある歌声が響き、第一部は圧巻でした。
ギターの弾き語りでは、まりこさんが歌う「ブランコ」に
スタッフたちも涙・・・。自分の子どもとのいとおしい時間に思いをはせました。
私の大好きな「You Raise Me Up」も、ほんとに素晴らしくて。
(ほかも全部素敵だったんですよ~♪)

第二部は、みんなで歌う時間。
ずっといい子に聴いていた子どもたちも大喜び。
後方にいらしていたデイサービスのおじいちゃんおばあちゃんたちも、
一生懸命に手をたたいて、ノリノリでしたよ。
私も、大きな声で歌うはずでしたが、私の腕の中で、さゆりさんの息子がすやすや・・・

みんな子育てまっただ中の4人。
WITHで出会って、クリスマス会などで演奏してくれたのがご縁です。
小さなお子さんたちの子育てで、なかなか時間が取れない中でも、
きっちりと仕上げてきましたね~!さすがでした。

子育てしていても、自分の好きなことを一生懸命にやっていると
お子さんたちはわかってくれているはず。ママが生き生きとしてると
きっと嬉しいから、練習にも付き合ってくれたんだと思います。

子育てってなかなか褒められたり、拍手を浴びたりすることはないけれど、
この日の「リズマザー」の皆さんには拍手喝さいでした。

ママたちも、子どもがいることで諦めていることもたくさんあるけど、全部諦める必要はないし、
子どもが小さいのはほんの数年。その後、またいろんな事が出来ます。
子どもたちと一緒に楽しめる事もたくさんあるし。
是非、子どもが幼稚園等に行ったら、スポーツをしよう!本をたくさん読もう!
レンタルで映画を見よう!何がしたいですか?
そして、笑顔で毎日過ごせれば、お子さんも喜びますよね。
子どもの成長に負けないよう、自分の事や趣味にも頑張って行きたいものです。
生き生きした母親でありたいですね~(あ、自分もです。もちろん)

いつも頑張っているママたちにも、広場のスタッフたちにも、素晴らしいコンサートとなりました。
本当に4人に感激しました。感動をありがとう。

今年度は、利用者さん同士が協力して、小学校で味噌づくりのワークショップをしましたし、
その流れで、広場外でみんなで味噌づくりをしました。
利用者の皆さんの底力。恐るべしです。

最後になってしまい告知としてはうまくない(笑)かもしれませんが、
広場によく来てくださっている利用者の皆さんに、サポーターとなってもらい、
いろんなお手伝いをしてもらえないかなーと思っています。
春より幼稚園に上がるお子さんのいるママたちを中心に、
「サポーター会議」を開催します。
4/19(木)10時より@広場です。
工作が好きな方、外で遊ぶのが得意な方、イラストが描けたりする方、
塗り絵や折り紙が得意な方。その他の方(笑)。
親子連れでもそうでなくても構いません。
是非参加してくださいね!待っています。





2/28&3/14(水)WITHカフェぷち Vol.47&48開催しました~♪

早いものでもう年度末、3月は卒業シーズンですね
旅立ちの時でも別れの時でもあり、嬉しい反面、寂しい気持ちもある、ちょっと複雑な季節ですよね。たいぶ春めいてきて木の芽時の良い季節ではありますが、花粉が舞いちょっと不快な時でもあります。三寒四温のお天気も含めて、ビミョーな時期なんですね~

2月のおしまいの日に0歳児あつまれ!の日があり、3月は第3(水)が祝日のため開催が早まり第二水曜日に行いました。どちらもたくさんの親子がいらしてくれましたありがとうございます

当日の様子は、こんな感じ↓和やかな中、おもちゃで遊んだり、


IMG_6995.jpg

みんなで赤ちゃん体操をしたり、
IMG_6989.jpg

楽しむことができましたよ~
20180314144941aed.jpeg


0歳児あつまれ!は月一回の開催のため、お互いの赤ちゃんが大きくなっていることを客観視できる良い機会にもなりますママ達が我が子の成長はもちろんのこと、よそのお子さんも、あんなことが出来るようになった、こんなこともできるようになったと共に成長を分かち合えるような間柄になれると、より豊かに子育てができるような気がします(大変さそのものは変わらなくても、ね、気だけでもいいですよね!?気持ちは大事ですよね!)


ここ、ひろばでもこの季節、別れが続いていきます
急な転勤でお引越しが決まったSさんをはじめ、職場復帰され保育園入園が決まった方たち、ようやく幼稚園入園へと成長した子ども達、それぞれの春が始まろうとしています大人はそれぞれの事情があり複雑な思いでもあり、それでも新しい環境への準備に忙しく感傷に浸る間もなく、、、というのが現実なのかなぁ~?
こういった旅立ちの時に、よくママ達にお伝えするのは「子ども達は前を向いているから絶対大丈夫」ということ。やはり、子どもは未来の宝だからなのか、本当にまっすぐに前を向いて生きています!クヨクヨメソメソなんてしません!後悔も反省もナシ!今この時を懸命に生きているんだと思います。素晴らしい生き物ですよね~!そのまんま見習う事はさすがに大人なのでできないですが、マネしたいなと思う事多々ありますよ~0歳児の赤ちゃんでも拍手したくなる場面がいっぱいいっぱいあるじゃないですか。ものすごく勤勉で、怠けずに、上達しよう、よりよくしようと瞬間瞬間を必死に生きている、、、それが総じて、人類の発達に繋がっているんでしょうね~!人類の歴史の原点を見る、とはこのことかと思います(^^;)ちょっと大袈裟!?いやいや~

話しが飛びますが(^^;)
以前住んでいた団地で今、大型修繕工事が始まっています。築30年以上経過しているので必須の工事ですが、一週間在宅で、日中トイレ、水道、が使えないというかなり住民の負担の大きいものでした。今、そこに義母が住んでいる関係でまだ出入りがあり、いろいろがお話が聞こえてきます冬場の工事だったため、体調を崩す方も少なからずいらしたようですし、プライベートなことではありますが(内緒ですよ~!)夫婦喧嘩も多発したそう、、、、それで!思ったのです!!
人生の大先輩の方々でも、生活の中で急に大きな負荷がかかったら、ご夫婦で喧嘩が起こるんですね~。だから、初めての育児で、若い二人で過ごしていた時とは激変する事態に陥っているわけですから少しの間ギクシャクするのは致し方がないこと!第一、ママは身体が変わっていますし、ホルモンの動きも全然違うので、少し不安定になったり、イライラしたり、急に涙もろくなったり、「私、どうかしちゃったのかな?」ということ、誰にでも起こることだと思います。(症状が重くてなかなか抜け出せない時は、ぜひ誰かに相談して下さいね!私でもOKですし、ひろばに来た時にどなたかに聞いても良いですよね!気軽に、ね)人生の大先輩でさえそうですから、まだまだひよっこの私たち(私も入れて~!)が戸惑うのは当然の事なんですその先は一様ではないですが、だんだんと、徐々に徐々にその家庭のやり方で、なんとかやっていくしかないんですよね~それが日常であり、暮らしということなんでしょうね。そんな地味な毎日の繰り返しで、少しずつ少しずつ子ども達が大きくなっていってくれるんですね~インスタ映えしない日常だけれど、目に見えない力を日々つけていってくれる子ども達の土台を作っているのは、間違いなく、ママ(とパパ!)なんですよ~わかっている、でしょうけれども、、、、、でもね、後方部隊で必死に子どもや家族の毎日を支え、あまりほめられることもなく、ほぼワンオペ育児をしているママたち。それはそれは本当に大変な毎日を回している、365日休みもないのですから、まちがいなくブラック企業!の優秀社員のような日々ですよね(笑)どうぞ自分で自分をほめてくださいね~!

私も、今春、親しい友人がご実家に帰られることになり、遠方に引っ越していってしまいました。子どもが小学生だった時からの付き合いで、子どもの反抗期を共に励まし合って来た戦友のような友だちだったのでめちゃくちゃ寂しくて~まだ慣れません!その上、先月には高校時代の部活の仲間がガンで亡くなっていて、ご家族のご意向で葬儀がなかったため気持ちの行き場がなく、未だとても戸惑っている、この春です人生、いろんなことが本当に起こるんですねおそらく、、、ですが、これもまだまだ序の口なんだろうと想像しています

思うに~毎日の生活の中に、いろんな楽しみをたくさん持つ事なんでしょうね!
自分をごきげんにできる趣味があるといいですね~これをしていれば私は幸せ~というような事
私は皆さんとのおしゃべりが自分を元気にしてくれるな~と思っています
皆さんがいらしてくださるとパワーをいただけるので~是非ひろばに遊びにきてくださ~い(^^;)
皆さんの存在が誰かを(特に今の私を!)元気にしてくれているってこと、忘れないでください、ね!先に言っちゃいます、ありがとう、と

次回のWITHカフェぷちは、4月16日(月)10時半から、スタッフ一同笑顔でお待ちしていま~す(^-^)
第3(水)に開催していたWITHカフェぷちは来年度より、第3(月)に変更になる予定です。毎月のニュースでご確認ください

KADODE パーティー

3月7日(水)と10日(土)に
恒例のKADODE パーティーを行いました。

恒例って?NEWSには載せていません。
4月より新しい生活が始まり、お子さんと広場に来られる日が大幅に減ってしまう親子の皆さんを対象に、その新しいKADODEを3月に毎年お祝いしているんです。
幼稚園に行く子、ママの職場復帰に伴い、保育園に行く子。
そして、お引越しが決まった親子。
嬉しいけど寂しい、そんないろいろな気持ちが入り混じった一日。
KADODE4.jpg

最初にみんなで、大野さん直伝のスイートポテトを作ります。
ゆでてつぶしたサツマイモに、リンゴの甘煮とふやかしたレーズンを乗せて、
ラップで茶巾しぼりにします。
小さなお子さんの分はママが、でももうすぐ幼稚園のおともだちは、自分で。
おっきいのをつくったり、その場で食べたくなってしまったり。

10日は、スタッフFが、封筒シアターを披露してくれましたよ。封筒に卵カードを入れてスタッフが背中を向けると、、、あれ不思議!?卵カードがいつの間にかひよこやカメや恐竜に変わったよ!みんなのあれれ?って顔もいつもに増してかわいくて。

スイートポテトを一緒に食べながら、お茶を飲んで、いよいよ証書を渡す時間です。
内容は、ないしょです。
いつもママが頑張っていたこと、私たちも思い出します。
不安な顔で、眠れないしんどい顔で、なんとか広場に来てくれていたこと。
ご飯を食べない事、食べすぎる事、ついイライラして子供に厳しくしてしまう事、、、、
いつも、自分のことを後回しにして子どものために一生懸命な姿、一緒に成長を喜んだあの時。
一人一人、心を込めてスタッフより証書を読んでお渡しします。
スタッフももちろん、ママたちもみんなで泣いてしまいます。

kadode1.jpg

水曜日に集まってくれた皆さんは、保育園にあがる方や、お引越しする方でした。
その中で4歳まで手元で子育てし、年中さんから幼稚園に行く男の子とママもいました。
みんな口々にWITHへの感謝の思いを話してくださいました。子どもが苦手だったこと、
不安がたくさんあったこと、WITHで話をしたら気が楽になったこと、みんなも同じように悩んでいると気付いて安心したこと、子育てが楽しめるようになったこと。
先輩ママから昔お世話になったことを、少しずつ地域でお返ししているんですよ、とスタッフIが体験談を話してくれました。なので、皆さんもぜひ、ちょっと前の自分のように悩むママたちに、声をかけたり、励ましたり、してほしいのです。それを「恩送り」として、覚えておいてほしい、と。

kadode3.jpg

土曜日に集まってくれた皆さんは、4月から幼稚園の方がほとんどでした。WITHに長い間通ってくれた方が多く、プレ幼稚園の年齢になると例年は利用が減る中、ずっと通い続けてくれました。第二子が入園の方もいて、あんなに小さかった赤ちゃんが・・・と思うとただただ感無量になります。
ママたちは口々に「昔は人見知りだったんです」と。
それを克服するため、子どもは人見知りになってほしくなくて、最初は頑張って通っていたけれど、いつかかけがえのない場所となり、本当に親子で大好きな場所となりました、と。青葉区は引っ越して来られる方が多く、地域の知り合いが全くいない中で、アウェー育児を強いられているママ。パパも関わりたいけれど帰宅が遅く、誰とも話せない日中・・・。本当につらかった中で救われました、とも。
子どものイヤイヤ期、幼稚園にあがった上の子の悩み、本当にいろいろお話ししましたよね。私たちはいつもただ聞いていただけですし、的確なアドバイスなんて何ひとつ出来てなくて、広場を閉めたあとに、今日の〇〇さん大丈夫かなあ・・・と思いを巡らせていた日も何度もあります。悩んでつらそうなママに、本当は抱きしめてあげたいと思う日もありました。

私たちはご飯を作ってあげることも、お子さんをママが家事をしている間自宅で見ていてあげることもできません。夜に熱が出ても病院に連れていく事も出来ません。
何も、していないのです。
ただ、ここにいるだけ。でも、たくさん一緒に笑って泣きましたね。
いつでもここにいます。そして、いつでもあなたたちの事を想っています。

今年度のKADODEに来てくれた皆さんは、本当にWITHの事を想ってくれていました。
自分の居場所として考えてくれました。広場内一時預かりが昨年3月に始まり、
慣れない新しい事業に、スタッフがばたばたしている時も、
さりげなく子どもたちを見ていてくれたり、新しい利用者の方たちに話しかけてくれたり。
本当にたくさん救われました。 

少し話は変わりますが、3/10午後に大場地域ケアプラザで、WITHで出会ったママたちのユニット「リズマザー」の4人による、素晴らしいコンサートがありました。これはまた別の日にブログを上げたいと思っていますが、その中で素晴らしい歌がありました。
You Raise Me Up.という歌です。
詳しい訳詞はここではあげられませんが、
You raise me up,so I can stand on mountains
You raise me up,to walk on stormy seas….. .
あなたは勇気をくれる、背中を押してくれる、だから私は強くなれる、、、
うまく訳せないのですが、利用者のママたちと私たち、双方がこのような存在になれたら、
素敵だなあと歌をかみしめました。

初めての幼稚園や保育園や新しい引っ越し先で不安がいっぱいのママたち。
つい先日パパの転勤が決まって、動揺真っただ中のSさん。
私たちは、あなたならきっと大丈夫、と背中を押そうと思います。
新しい素晴らしい仲間にたくさん会えますように、と。

大好きな私たちの利用者のみなさん。
いつでも私たちはここにいます。いつまでも遊びに来てください。
それが私たちの力になり、私たちの背中をも、押してくれるでしょう。
今までたくさんの幸せをくれて、本当にありがとう。

    施設長 小松 奈保子
    スタッフ 一同

3月5日(月) リトミックタイムがありました♪

ひろばWITHで、毎月ほぼ第一(月)に井上せんせいによるリトミックが開催されているのをご存知ですか

声楽を専門にされている井上せんせいは、実はWITHの利用者さんだったご縁で来ていただいています。
短い時間ではありますが、プロの先生に格安で教わることができるよい機会ですよ

この日も、子どもたちが動物になったり、親子で鈴を鳴らしたり、毎月工夫を凝らしたプログラムを展開してくれて良い時間になっています。私たちスタッフはもちろんのこと、井上せんせいも1歳児2歳児のお子さんたちと間近に接して、癒されているようです

子育ては大変ではありますが、振り返ると本当にあっという間
夢のような時間「だった」と振り返ることのできる魔法のとき
どうぞ、この貴重な親子の蜜月に、いろんな体験が親子共々できますように。。。。。

来月のリトミックタイムは4月2日(月) 定員8名の予約制です。予約受付は3月23日(金)からになります

3月2日金曜日 「子どもと防災について考えてみよう」

1月22日に開催予定だった防災ワークショップ。大雪のため延期となっておりましたが、春の日差しを感じられる3月2日に開催致しました。
青葉区発行の「防災マップ」「知っておきたい災害時に役立つ健康づくり」、農林水産省発行の「少し多めに買いおき」「緊急時に備えた家庭用食料品備蓄ガイド」、「YOKOHAMAわたしの防災力シート」他をみなさんに配布させていただきました。
    
     15200410160.jpeg        15200408820.jpeg

防災マップを見ながら、各自自宅の避難場所や給水場所、そのルートなどを確認しました。
みなさん、水って一人・1日にどのくらい必要かご存知ですか~?
1人1日おおよそ3リットル程度(飲料水+調理用水)が必要なんですって!
3リットル×人数×3日間。かなりの量になりますが、自宅に備えておきたいですね。
あと、トイレなどに使う用にお風呂の湯舟に水を貯めておく場合、お子さんがいると心配ですよね。お風呂場のドアの上の方などに、外から掛けられる鍵が付いている場合がありますので、活用できますね。災害時、下水が使えない場合もありますので、そういう時は簡易トイレですね。簡易トイレがない!というときのためにオムツ(大人も子どもも)があると使えますね。大人もですが、オムツの外れたお子さんにはなかなか違和感があるかと思いますが。。非常時なので
また、給水所に水を取りに行った場合、水がかなり重たいことと、両手が空くので、リュックサックを活用されると足元が悪くても運びやすいと思われます。
普段歩き慣れている道も、災害時には急な坂道に感じられたり歩きにくい場合もありますので、なるべく平らな道を選んで移動されるとよいですね。地図ではわからないところもありますので、実際に地図を見ながらご家族で歩かれてみるのもおすすめです。
水のほかにも食料の備蓄が必要ですね。
体にいいから。と、滅多に食べない魚の缶詰などを用意していても、いざというときに食が進まない・口に合わない、では、元気になりません。普段から口にしているものを普段から少し多めに用意しておいて、使ったら買い足す。ローリングストックが日常の延長で長続きすると思います。
「知っておきたい災害時に役立つ健康づくり」「緊急時に備えた家庭用食料品備蓄ガイド」には、非常時のレシピなど、簡単に調理できたり、乾物を利用して作るお惣菜の作り方も載っていますよ~

    15200408580.jpeg     15200409140.jpeg     15200409780.jpeg

試食タイム アルファ米の「わかめごはん」「五目ごはん」(お湯の量を増やした雑炊と普通のごはんの2種類)、缶詰のパン。どれも味がしっかりしていてお米もおいしくいただけました。雑炊は思ったほど柔らかくなく、味も薄くなかったです。パンは思ったほどパサパサしていませんでしたが、口の中の水分が奪われるので水分と一緒に食べたいですね~。非常食は参加してくれた子どもたちにも好評でした
非常時で洗い物を出したくないときにはお皿にラップをして使用するとお皿が汚れないので、ラップも非常用に備蓄しておくとよいですね。ラップは寒いときに体に巻いて使ったりもできますね~

今日は施設長・小松の友人の黒木さんが来てくださいました。
黒木さんは2016年4月14日に起きた熊本地震で被災されました。ご主人が単身赴任されていたため、実家から遠く離れた熊本で、母子で不安な日々を送られたと思われますが、大変だったであろう日々を、大変でした!とはお話しされずに、当時のお話しを聞かせてくださいました。
ご自宅はマンションの5階。揺れを感じたあとに、お子さんを残して一人でマンションの下まで様子を見に行くときに子ども用自転車のヘルメットを被って行かれたそうです。水と電気の供給はあり、IHでの調理などはできたけれども、ガスが供給されていなかったためお風呂には入れず。夜は余震もあり、お子さんたちが「駐車場でみんなで寝る」(マンションの方々も車中泊されていたそうです)ということで、車の中で寝たそうです。
あってよかったものは、ブランケットとブルーシートとグミ!
特にブルーシートは、防寒にも使えて、シートにもなり、目隠しにもなったり、と、用途がたくさんあったそうです。ホームセンターなどのブルーシートはすぐに売り切れてしまっていたので、送ってもらって助かった。とお話しされていました。
また、子どもたちにはお菓子のグミがあってよかったそうです。
施設長も、3・11のときに知人にいろいろな物を送り届けた中で、ラムネの一粒がお子さんとお母さんを和ませてくれたそうです。
救援物資・援助物資の中にはお菓子は含まれないそうなので、ラムネ・グミ・飴、ちょっとおいしいお菓子などがあると心もホッとするのですね。

      15200408990.jpeg

スタッフHのお子さんが小さいときに、避難袋の代わりに2000円ほどで購入した釣り用のベストを用意していたそうです。(上記写真)たくさんのポケットには、レインコート・トミカのミニカー・折り紙と折り紙の本(体を動かさなくても遊べるので)・お菓子・などを入れていたそうです。ベストなので使い勝手もよいですよね。

3月はいろいろと忙しい季節でもありますが、3・11などもあり、防災について振り返るのによい時期かと思います。
お子さんの成長に合わせて、避難袋の中の着替えなどの入れ替えや、備蓄食料の消費期限のチェックなどされるのもよいタイミングかと思います。
「YOKOHAMAわたしの防災力シート」には、家族写真を貼るようになっています。スマホ・携帯電話に写真はたくさん入っていると思いますが、電源が入らないと見られないので、写真で用意しておくと、家族を探すときや、連絡するときなどに便利ですね。
我が家では娘が中2になり、既に家族写真を全く撮らなくなりましたが、緊急のため!と言いながら年に一度家族写真を撮るのもよいかも~と思いました。

今回の防災ワークショップ、出足はスタッフの人数の方が多かったのですが、最後には7組ものたくさんのみなさんに来ていただきました
みなさんありがとうございました

黒木さんの体験談から、「ガスの臭いがするので避難してください」ということもありました。と伺いましたので、今後、月一回のWITHでのゲリラ的避難訓練にも取り入れて行きたいと思いますので、みなさんも避難訓練に遭遇したときにはご協力のほど、宜しくお願いします

黒木さん、貴重なお話しを聞かせていただき、ありがとうございました






なりきりお雛さま

3月3日はおひな様

ひろばでは、スタッフ手作りのおひな様とお内裏様の衣装を用意しています
なんちゃっておひな様に変身して、かわいい写真をパチリ

IMG_5060.jpg
お子さまたち、可愛すぎ・・・


3月1・2日にやっています。
ぜひ遊びに来て下さいね

カメラはご持参下さいね~
お待ちしていまーす!
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク