FC2ブログ

ランチタイム食育講座「はじめてのおべんとう」を開催しました

久しぶりの栄養士大野さんによる食育講座です
今回はみんなで「はじめてのおべんとう」作りにチャレンジしました。

IMG_5435.jpg

テーブルに並ぶのは大野さんが畑で大切に育てた夏野菜たち
パプリカはまだ収穫には早くスーパーで買ってきましたが、他の野菜はぜ~んぶ農薬を使わずに育てたんですよ
なので、安心安全だし、何よりも新鮮なので味も甘くしっかりしています

1468752582556.jpg

今日のレシピは、塩麹タンドリーチキン、ひじきとにんじんの含め煮、夏野菜のカポナータ、
ふんわりたまご焼き、そしてスティックきゅうりです。
いつものように調理の実演をしながら、大野さんが丁寧に作り方を説明してくれます。
大野さんの手元やレシピを見るママたちのまなざしは真剣そのものみなさんとっても熱心です

IMG_5439.jpg IMG_5442.jpg

まずは、カポナータ。
食材毎にオリーブオイルで炒めていくのが本流ですが、それだとたっぷりのオイルを使ってしまうので、
今回は野菜を全部入れ、オイルを全体になじませてから炒めていきま~す。
野菜が甘いので、少量の塩・砂糖で味を整えるだけで絶品カポナータの完成です
大人用にはちぎったバジルを加えると更に本格的な味に大変身

IMG_5443.jpg

ひじきとにんじんの炒め煮は、油で炒めず、調味料の中に食材を入れて煮るだけでOK。
海藻からうまみがたっぷり出るので、だしはあまり入れなくてもちゃ~んと味がでます
今回はお麩を最後に入れるので、しっかりと味を吸ってくれます。

タンドリーチキンなんて本格的
だけど、鶏の胸肉ってちょっとパサついていて、固いイメージが…。
でも、塩麹とヨーグルトに漬けておくと、子供も簡単に噛み切れるぐらいやわらか~くなります。
恐るべし、塩麹&ヨーグルト
味付けのカレーは子供用の甘口カレーフレークを使えば大丈夫
あとは焼くときに火が通り過ぎないように気を付ければふんわりした触感に
大人には仕上げにガラムマサラを一振りするとスパイシーな辛さと香りがして、パパのおつまみにも

1468752564788.jpg

最後のふんわりたまご焼きは、子供たちの大好きメニュー
色もきれいだしお弁当の定番です。
でも、たまご焼きってシンプルだからこそ、家庭によって味付けが違いますよね。
今回も砂糖を入れる派と入れない派が半々。でも、違っていいんです。
それがその家の味。ママのたまご焼きそんな素敵なママの味の記憶、子供たちへのプレゼントです

今回はちょっぴり甘めに作りました。
砂糖を入れると、日持ちが良く、色も良くなるんですって
ためしに、砂糖少なめと、多めの2種類作ってみました。色の違いわかりますか(右が砂糖多めです)?

IMG_5445.jpg

完成

IMG_5450.jpg

最後にお弁当箱につめま~す。
ご飯はご自宅で入れて来ていただいたので、その横に出来上がったおかずを詰めていきます。
お友達はママと一緒に自分のお弁当箱に

IMG_5453.jpg IMG_5451.jpg IMG_5464.jpg

でも、あまりに美味しそうに見えたのか、お弁当タイムが待ちきれずお弁当箱よりも自分のお口に入れる子が続出。。。。
ママたちは焦って「もうちょっとまって~」と言っていたけど、それだけ食べたいって気持ちがあるっていいことですよね

さぁ、完成です
みなさん、詰めるのもとっても上手。レイアウトもとってもきれいで、早くたべた~い

IMG_5457.jpg IMG_5459.jpg IMG_5462.jpg

ママと一緒にいただきまぁ~す

IMG_5463.jpg


大野さんによる食育相談は木曜日に行っています。
なかなか野菜を食べてくれないとか、お肉を口から出してしまうとか、そろそろ離乳食を始めたいとか、
ママたちの食に関する悩みは色々。ちょっとしたことでも構わないので、一緒にお昼を食べながらお話ししましょう

さて、最後に予告編です。
「参加したかったけど習い事で….」と残念がっていたママたちの要望にお答えして、秋にもう一度同じレシピで食育講座を行います。今回来られなかった方、チャンスです!WITH NEWS9月号をチェックして是非申し込んでくださいね。
お待ちしています

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク