12/1(木)食育ランチタイムを行いました

12/1(木)に、ランチタイム食育講座を行いました。
この日は「タラのチャウダー」簡単に言えばミルクスープですね。
スープの具材は、大野さんの畑からとれたての白菜ニンジン大根と、タラ。(できれば塩ダラではないもの、なければOK、その他鮭や鯛でも)

洋風のスープって、具をバターで炒めて・・・というイメージですよね。でも、大野さんはお味噌汁のような作り方を教えてくれました。
ブイヨンの代わりは、水に昆布を入れて冷蔵庫で一晩置いた昆布だし。沸騰したら火を弱めるだけ。一晩置いただけで、すごーくおいしい。このお出しを試飲したら、お子さんも飲んでくれます。4ヶ月の赤ちゃんも出しデビュー!!

120103.jpg

昆布だしには母乳に含まれるグルタミン酸と同じうまみ成分が、含まれているんですって!お子さんが好むはずです。

大野さんの畑のニンジンやダイコンも、スティックにして試食。お子さんもポリポリ!最後に口から出すお子さんもいたけれど、ガムのように口の中で噛んでましたよ。
やっぱり取れたてはみずみずしさが違いますね。

120102.jpg

120104.jpg

①野菜を1cmのさいの目に切って、だしに入れて煮る。⇒初期
②タラに米粉をまぶして火を通す。⇒中期・後期
③牛乳に米粉を混ぜて、加えてよく混ぜる→完了期
④くだいたコンソメとバターを入れて、塩で味を調える→二歳くらいから大人

120106.jpg

120105.jpg

大人用の「浮きみ」として、ニンジンの葉を散らしました。

米粉には皆さん興味津々。使ったことのない方がほとんどです。
東急ストアなどで売っていますが、米粉は上新粉よりも微粒子。袋の外からさわると、キュキュッとなります。片栗粉に似ていて、小麦粉の代わりに何でも使えます。
クリームシチューの市販のルーは、ラードなどが入っていて、カロリーも高いのですが、米粉を牛乳に溶いて入れる場合は、とにかく簡単だし、優しいお味になります。
牛乳と米粉を密閉保存容器に入れて振ればOK!
米粉は薄付きなので、から揚げにもおすすめですよ。

食事タイム!私はみんなで同じスープをいただくこの時間が大好きです。
もちろん、初めて食べるメニューを食べられなかったお子さんもいました。でも、一回ダメだったからと言って、あきらめないでくださいね。ぜひ、ご自宅でも試してみてください。ママが作り、みんなで一緒に食べたら、急に食べ始めるかもしれませんよ!
そう、好き嫌いの話ですが、苦い・酸っぱいは元来苦手なのが当たり前。少しずつ習得していくのです。そう、10歳くらいまでに食べられれば・・・と大野さん。それ以降は頑張らせないと!とのこと。ぎくり・・・うちの高2の息子と小4の娘、好き嫌いがあるから困りものです。これから厳しくします!

120101.jpg


ひろばに大野さんが来てくれる日は、木曜日。
食事って毎日の事だから大変かもしれませんが、視点を変えれば楽しいこともたくさんあるはずですよね。料理が苦手だなーと思っているママ、簡単で楽しくやれるはず。今まで夫婦二人の時はなんとなく済ませていた食事について、きちんと考えるタイミングって、おそらく第一子出産後の離乳食。ここで家族の食卓を見直すことが出来ればと大野さんが常々言っています。
頑張り過ぎない食事作りの極意、大野さんにぜひ聞いてみてください。
スタッフも料理好きがたくさんいます。小松は掃除や片付け、整理整頓はこの世の中でも一番の苦手分野ですが(大げさ)料理だけはいくらでもできます。でも、結婚当初は味噌汁の味噌の量がわからない料理音痴でした。
今日も広場でクリスマス会の準備で残っていた時、今晩どうする~なんてスタッフ同士で話しましたよ。
いっしょに、今晩どうしましょう!?とお話しできれば楽しいな、と思います。(施設長)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク