FC2ブログ

5/31 WITHカフェ 専業ママあつまれ、を行いました。

産休・育休を経て、ワーキングマザーが増加の一途をたどる中、パートナーの転勤や出産等で退職をし、今は専業ママとなっている方たちも、もちろんたくさんいらっしゃいます。専業ママが今何を思うのか、ざっくばらんに話し合いたい、そして今の自分と向き合ってもらえたらと思い、WITHカフェを開催しました。

最初は自己紹介。
いつもは「○○ちゃん○○くんのママ」と呼ばれる事も多いのですが、今日は前職・いつどうして退職したか・お子さんの年齢などを話していただきました。みんな、様々な職業を経験していらっしゃる!そしてやめたきっかけも様々。「夫の両親が仕事をやめてほしいと言った」「夫の転勤」「出産」「仕事辞めたくて結婚した!」などなど。あの方がこんな職業に!?という新たな一面がそれだけで見えてきましたよ~。お子さんが幼稚園にあがり、オトナだけで来てくれた方も2名!久しぶりの方、そして初回の方も3組もいて、嬉しかったです。
私もかつてそうでしたが独身や結婚してもパートナーと二人の時は、残業バリバリ!朝から深夜まで!働くのが当たり前だったんですよね。そんな仕事、保育園に預けて育児・家事なんて無理!となるのは、ホントにわかります!全く日本の社会って・・・と話がそれましたが、仕事に誇りをもって一生懸命やっていた方がたくさんいらっしゃいましたよ。きっと、仕事が面白くなってきて脂がのってきて、という頃が、出産に重なったんでしょうね。

今日はワークショップ形式にチャレンジ。ピンクの付箋に「専業ママのメリット」ブルーの付箋に「デメリット」をそれぞれ記入してもらい、貼りだしていきました。みんな、真剣にたくさん書いてくださったり、悩んだり。
メリットは、やはりお子さんの成長を見逃さないでじっくりと見ていられること、家庭や子どもの事に時間をたくさん使えること、時間に余裕があり、気持ちもゆったりとして過ごせること、仕事や仕事上のストレスを感じないで済むことや、通勤ラッシュがないこと、将来的に学校などの帰りを家で待てることなどが上がりました。
デメリットは、1馬力なので経済的にキツイこと、将来仕事が出来るかの不安、一日中子供と一緒にいると煮詰まってしまうこと、大人と話す機会が少ないこと、自由時間が少ないこと、社会から孤立した感じがすること・・・そう、自由そうで自由じゃない!ことでしょうね。あと、専業主婦なのでパパに家事をお願いしづらいということも、複数あがりました。そして時間があると、色々考えすぎてしまう事もある、、、などなど。皆さん深くうなずく回数も多く、共感することが多かったようです。
0531メリット
0531デメリット


人数が多かったので、2グループに分かれ、それぞれでお話ししてみました。小松グループは、どちらかというと子供が2歳以上の方が多かったかな、、、仕事を頑張りすぎるとわかっているので、子どもへの意識がおろそかになるだろうと思い、今は仕事をしないことを選択している、と言い切ってくださった方、結婚や出産が遅めで仕事を辞めているが、今は「休んでいる」感覚なので、知り合いには「今プータローなの」と言っちゃう方、仕事をすると人間関係を考えすぎていつも悩み過ぎて、家庭に持ち込むだろうと思うので、仕事をしないほうがいいと思う方、復帰したときに前と同じように出来るか不安な方などなど。皆さん仕事を真剣に責任感を持ってしていたため、仕事をしているといろいろな「バランス」が崩れてしまう事を心配されていることが伝わりました。それだけ、子育てや家庭の事を懸命にやっている自分を、肯定して!そして、今後仕事をすることになっても、出産前は5時間かかっていた仕事が、段取り上手となっていて、3時間くらいで出来る自分に、きっとびっくりするよ!と実感を込めて伝えました(私の育休明けがそうだった!)。24時間子育てしている「今」って、過ぎ去ってみるとあっという間だし、いつか懐かしむ時期が来るけど、そのさなかにいるとわからないですよね。じっくり子育て期間は家庭にいて、小学生や中学生になったら仕事するのもよし、みなさんのタイミングはそれぞれです。育児と家事やっている人がどれだけ仕事出来るかってことを、企業はかなりわかってますよ。

伊丹グループでは、初回の方も多くて顔見知りでない方もいたので、ちょっと遠慮がちだったかもしれません。中には育休中に戻る部署がなくなって、違う所に配置換えになり、退職も視野に入れている方もいました。また、事務職を経験された方が素敵なことを話してくださいましたよ。事務職は直接お金を稼いでくる「営業職」などとは違う、縁の下の力持ちで、なくてはならない職種で、今の家庭内でのポジションと似ていると感じる、と。そう、会社ってところはお金を稼いでくるポジションと、裏方や事務方、開発部門など様々な部署がありますが、縁の下の力持ち部門に主婦稼業が相当するんですね!そう思えば、本当に素晴らしい職種です。ママがいないと家庭は回りませんから、ね。

でも、頑張り過ぎないで欲しいんです。いつも家はきれいで片付いていて当たり前、食事はきちんと出てきて当たり前、汚した衣服はきれいになって箪笥に入っているのが当たり前、となってしまうと、仕事を再開したときに時間が足りなくて出来ない自分がつらくなってきますよ。何事もほどほどに。今はお子さんが手がかかる時期、専業主婦だから・・・の呪縛、自分で解いてくださいね。


0531はたらく
頃合いを見て、スタッフ楠田が素敵なことばを教えてくれました。「はたらく」は「はた」を「らく」にすること。皆さんどれだけの「はた」を「らく」にしているか考えてみたことありますか?ほんとうに、みんな日々頑張っているのよ~。

今回の内容は進行が難しく、ファシリテーターとしてはとても未熟な私たち、なかなか皆さんのお考えを引き出すことが出来ませんでした。広場には、前の仕事に戻りたい!と息子が小学生になってから、復職して頑張っているスタッフもいます。是非、また広場に来て、こないだの続きを話したり、時にはいろんな思いを吐露したり、じっくりとお話ししてほしいなと切に思いました。消化不良の方、あまりご自身にとって「ためになる」話が聞けなかった方、我々の力量不足です。すみません。また、いつでも来てくださいね。いろんな事、お話ししましょう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク