9/19 WITHカフェ「育休ママあつまれ」を開催しました

連休明けの爽やかな日に、育休中のママたちが来てくれました。
青葉区子ども家庭支援課からは、保育園担当の大石さん、保育コンシェルジュの大村さんが、お忙しい中駆け付けてくださいました。
そして、先輩ママとして、第二子の育休中のママたち3名が来てくださいましたよ。
IMG_6561.jpg

最初に自己紹介をして、復帰後の勤務場所などもお話ししました。先輩ママの皆さんが、たまたま1時間以上かけて通勤されている方ばかり、それだけでも励まされた!というママもいましたよ。

お子さんたちは今0-1歳で、申し込みとしては30年4月時で1歳児がほとんど。「保活」では一番多い年代でもあります。
保育園の申し込みは何か所くらい書けばいいの?とか、見学の時は何を重点的に質問したり見たりしたらいいの?というみんなが聞きたい質問が次々と。
たくさんの園を書いてもいいのですが、行かないであろう園名を書くのは絶対にNGだそうですよ。たくさん書いたからと言っても、受かるわけではないのです。
先輩ママが今の保育園を選んだ理由は、近さもかなりのポイント。そして園見学の際に見た子どもたちの楽しそうな顔、園主催のイベントなども多く、園へのかかわり、親同士のかかわりが密であることなどが挙げられました。
逆に、親の負担を減らすため、父母会ナシで、イベントも少ない園もあります。そういう園はがっちり働かないといけない方には助かる部分もあり、どちらが良いとも言えない部分もありますね。
見学の際は、「ベビーカーを置いていけるか」「荷物(抱っこひもなど)を置くスペースがあるか?」「送迎の際に車や自転車が置けるか」等、実際に毎日の送迎の際の事も、きちんとチェックしたほうがいいと思います。子どものために雰囲気が良い園でも、遠くて不便で・・・となると親が疲弊してしまいますから、そのバランスも検討していった方がいいようです。

復帰後の生活については、先輩ママたちは口をそろえて「意外となんとかなるものです」とのお答え!そして、職場復帰後に一人でランチが出来る幸せや自分のペースで歩けること、仕事と育児とのバランスが取れてくると、「専業主婦の方たちのほうが、ずっと大変だと思う!」「今、育休中で逃げ場がないから家事に手を抜きづらい」などの話も、終了後にちょっと聞けましたよ。

青葉区の方からは、申込書類について、具体的なアドバイスがいくつかありました。
・会社に作成してもらう書類(雇用証明)は10/2から横浜市のHPでダウンロード可能、30年度の申込書類自体は10/13から配布、提出締め切りは11/10前後だそうです。
・会社からの書類は必ず自身でチェックをお願いします。勤務時間に昼食を含む含まない、などでランクが変わることもあるようです。もちろん夫の会社にも作成してもらいますから、二人でチェックしてほしい、とのこと。
・早く提出してもらえると、書類の不備について連絡が出来ますが、ぎりぎりだと提出期限に間に合わなくなるので、早めに提出してほしい。

そして、区の方も園への見学は必ず行ってほしい、自分で行かせたい園通わせられる園を書いてほしいとのことでした。


青葉区職員の大石さん、ご自身も1歳半のお子さんを保育園に預けるパパでもあり、いろんなお子さんが寄っていき、抱っこしたりあやしたりしてくださって、和やかな雰囲気でした。コンシェルジュの大村さんも、たくさん個別にもお話しして下さいました。お二人とも、ありがとうございました。

これから復帰に向けていろいろと悩んだり、不安を持ったりすることがあると思います。ひろばでもまた折に触れてお話ししたいと思っていますので、いつでもお声掛けくださいね。そして、その不安や悩みは、是非ともパートナーと共有してみてはいかがでしょうか。復帰してから、、、と後回しにしがちですが、今のうちに子育てについて、今後についてをお話ししておくのも大切ですよね。(なかなか話しが出来ない・伝わらないこともあるとは思いますが)

私が保育園に長男を預け始めた18年前とは違い、保育園に入れられるか?はとても大きな心配事。
ともすればせっかくの育休もナーバスになりがちですよね。
でも、認可保育園に入れるかどうか、は両親の努力だけでは決まりません。毎日毎日保育園の見学に行ったり調べたりして、時間を割いたからと言って、第一希望の園に受かるわけではないのが現状です。
育休中はお子さんとの貴重な時間。楽しく穏やかにお子さんとの時間を満喫してほしいなと思うのです。たくさん一緒に居られた、子育てに真摯に向かい合えたことが、仕事への復帰の背中を押してくれますから。
私の願いです。

保育園の専門家ではないですが、利用者さん同士をお繋ぎしたり、悩みを伺ったり、はいつでもできますので、スタッフにお声掛けくださいね。小松でよければいつでもご相談に応じます。

スポンサーサイト
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク