FC2ブログ

9/11 WITHカフェ 「育休ママ会」

大変遅筆な施設長なので、ブログアップが遅れてすみません・・・
20190925144057351.jpg

20190925144115101.jpg

11日にWITHカフェ「育休ママあつまれ」を開催しました。
たくさんの親子に来ていただきまして、ありがとうございました

区役所からも保育園担当者のお二人が、お忙しい中来てくださいました。
前半は区役所の方より、入所申請に関する書類作成のお話しなどがあり、
後半は、先輩ママよりお話を伺うことが出来ました。

やはり皆さんの気になる話は、超近隣のあざみ野白ゆり幼稚園が幼保連携型認定こども園となり、
保育園としての機能が加わることでしたね~。もともと、働くママ目線に立っていた園でもあり、
家が近い方も魅力ですね。
でも、、、保育園としての枠の募集人員は少なめのようですよ。
申込が幼稚園としての申し込みは幼稚園に提出するわけです。そこは今まで通りで、
保育園として?申し込む場合は就労証明書と申請書が必要となるわけです。
その他、スタッフがメモしてくれた内容です。

・令和2年度利用案内・申請書様式配布 10月11日(金)~ ※横浜市のhpよりダウンロード可
・就労(予定)証明書 10月1日(火)~ ※横浜市のhpよりダウンロード可 
 →区役所や出張所で配布される。
・郵送で提出(提出期限は今の段階では未定※11月、1月末に結果通知)
・入所希望はいくつでもかけるが、実際に園の所在地、雰囲気等を見学の上、書いて欲しい。
通えるところを書いて欲しい。書類では、要件ランクで審査する
・定員枠がゼロでも書いてOK。今後、変動する可能性ありのため。
・2020年4月より、あざみ野しらゆりが「幼保連携型認定こども園」に移行する。
幼稚園は、園に独自に、保育園は区に申請のこと。1~5歳児募集で1学年10名程度?幼稚園と保育園の併願申請は可能。
・見学のポイントは、自分の子が大きくなっている姿をイメージして行うといいかも。小学校入学まで通うのか、3歳児で幼稚園や
大型園に転園する人も。
・2020年度の申請は、年度内有効。
・2歳児までの預かりの企業型、認可外、育休の延長等も検討してはどうか?市が尾、藤が丘、江田に企業型保育園があり、地域入所枠もある。区役所への申請が不要で、直接申込みが可能。

<先輩ママより>
・3歳児、あざみ野の天才キッズクラブに第二希望で入園。開園と同時だった。とてもよくしてくれている。
・江田の小規模(0~2歳児)、マリー保育園に通い、3歳児からアスクあざみ野保育園に転園できた。
当時、市が尾幼稚園の利用も考えたが、幼稚園は、保育園の結果がでたあとでも申請ができると聞き、
保育園を優先して申込みした。
・現在、3歳。グローバルキッズに第二希望で、1歳児から入園した。
・3歳女、第一希望のたまプラーザのぞみ保育園(90名規模)。ベビーカー、自転車を置いていける。引越しをして、転園を考えている。この園は今現在も空きがあるとのこと。
・3歳児、すすき野保育園。下の子も入園希望だが、兄弟児が多いと思い厳しいかも。
・シャローム保育園。家から駅までいく途中。駐車場があるので、送り迎え便利。ベビーカーを置いていける。
・もみの木台保育園。朝夕は、シニアの先生。職場に近いので選んだ。

<質問等>
・きょうだい児、別々になったら転園申請も可能。どうしても復職の場合は、二人で入れるところを選んでも。
・保育園に着いてから、園を出るまでどのくらい時間がかかるか?時短をするか悩む。→今はお仕度をすべて
やってくれる園もあり、そんなに時間はかからない。

保育園見学は、自分のお子さんをここで長時間預けて安心かどうか、楽しく過ごせるかどうか、
が重要となりますが、いくらお子さんに合っていそうでも、送迎にかなりの負担があるなら、
家庭が回っていくか慎重に考えないといけないかなと思います。
お父さんお母さんが忙しさで疲弊しないよう、自分が楽かどうかも判断材料にしていいと思います。
笑顔でお迎えが出来るかどうか、重要ですよ!

施設長も約20年前の昔ですが、当時10か月の息子を保育園に預けて都内まで仕事に行っていました。
送迎のため6年間たまプラーザ駅近くに駐車場を借りました。出費もすごかったし、そのワーママ時代を思い出すと、
つらかったこともたくさん思い出されます。
でも、息子を迎えに行った後、お休みの日、一緒に過ごす時間が、貴重で楽しかった!
(今は顔を見ると文句ばかり言ってしまいますけどね・・・)
安心して預けられる場を見つけて、園と信頼関係を築くことで、仕事は仕事で頑張れます。
そして、自分は会社員である前に、お子さんの親である事を一番に考えてほしいと思います。

保育園は子育てをすべて任せる場ではありません。あなた方が父母で育児の主体であることを
忘れないでください。そして、頼れる場所が多いことは良いことです。地域や社会が子育てをサポートして
くれる状況、進んでいくといいなと切に思います。

WITHでは、施設長が保育園の相談には応じていますが、青葉区内すべての園の詳細を知っているわけでも、
申請のポイントの高低なども、そんなにわかりませんそんな私でよければ、いつでも相談してくださいね。

スポンサーサイト



最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク