FC2ブログ

11/13 食育ランチタイムを開催しました

11月13日に、ひろばにて大野さんに「はじめてのおべんとう」づくりを教わりましたよ!
お弁当、と言ったら、皆さんどんなことを思い浮かべますか?
中学や高校時代に親が作ってくれた、大きなお弁当?遠足に持っていくお弁当?
いえいえ、出かけなくてもお弁当、なんです。

小さい子の世話をしながら、朝昼夜の3食をきちんとその時間に作るのは、本当に大変ですよね。
お昼ご飯の準備を時間をかけて作るのではなく、お昼ご飯をお弁当箱に詰めておけば、らくちん!
お昼ご飯を夜または朝ごはんのついでに、考えておけばよいですよね。

こないだ作ったのは、
① めんつゆでつくりおき「肉そぼろ」
② しっとり「炒りたまご」
③ めんつゆで「にんじんきんぴら」
④ 「ブロッコリーとコーンのカップグラタン」
DSC_2603.jpg

DSC_2604.jpg

肉そぼろは、めんつゆと砂糖を先にひき肉(鶏むねと鶏ももを1:1にしました)に混ぜ合わせて、鍋に火をかけて作れば、とてもソフトな仕上がりになります。たまごも同様。油をひかずに弱火でゆっくり加熱したら、最後は余熱で火を通せば、ぼそぼそしないんです。
人参きんぴらは短めに千切りにしたら、これまためんつゆで。いろいろな食材を加えてもいいですね。
面白いのは、カップグラタンです。ブロッコリーは下茹で、その他の材料を切ったら、玉ねぎ、さかなソーセージ、コーンをバターでいためます。米粉と牛乳をよく混ぜたものを、そこに投入!なめらかなクリームソースが出来て、グラタンになりました!あっさりしていてとてもおいしくできます。おうちに米粉がない方、ぜひお試しあれ。細かいものが使いやすいですよ。唐揚げも粉が薄くつくので、あっさり揚げられます。

分量が載っているレシピは、ひろばにあります。

これをみんなで別室にこもり、持参してもらったご飯が入ったお弁当箱に詰め合わせ作業をしました。みんな楽しそう!
少し足りないくらい、からお子さんのお弁当を始めてみてはいかがでしょうか。
DSC_2606.jpg

DSC_2605.jpg


大野さんいわく、一日のバランスであれもこれも食べさせなければと思うのではなく、一週間でバランスを見たらいいのでは?とのこと。ちょっと気が楽になりますよね。
DSC_2608.jpg

DSC_2610.jpg

また、うまく「つくりおき」も活用してみてはどうでしょうか。清潔な容器に入れて、取り箸でちゃんと取り分ける(じか箸NG!)などで、夕飯のもう一品が欲しいときに重宝ですよね。

お子さんの食事を考えることって、家族の食卓を見直す大チャンス!今までお惣菜を買うことが多かったけれど、買いに行くことが面倒だったり、だんだん量が必要になってきたりしますよね。手軽なお惣菜はどうしても作れないときにとっておいて、普段の生活でサラリとご飯を作れるようになるといいなあと思います。(でも毎朝の中学生のお弁当作りがめんどくさい小松ですが・・・)

栄養士の大野さんは木曜日に来てくれています。離乳食や子どもの食事について詳しいだけでなく、食べ物全般のお話を聞いていると、本当に楽しくて。ぜひ、会いに来てくださいね~!
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク