FC2ブログ

12月18日(水)WITHカフェぷちVol.69開催しました~♪

今年最後の0歳児あつまれ!今回は13組の親子が参加してくれました~
IMG_8451.jpg

IMG_8452.jpg

きょうだい児もいたので人数が多く感じられ、なんとなくですが、
第一子のママたちと第二、第三子のママたちとちょうど半分になったので、
二つに分かれてお話しタイムを取ってみました
いつもママたちのトークタイムは、先輩ママたちに新米ママがアイデアを聞くことができる良い機会になるのですが
たまたま座っていた位置もそんな風に分かれていたし、たまたまスタッフIが座っていたので、お願いしてしまいました(無茶振り!?

赤ちゃん体操をしてから、トークタイム♪お茶とお菓子を食べながらの時間です

第一子組での話題は、
離乳食のことやお風呂に入れる工夫とか、本当に家事と(育児)の両立が難しいとか、そういう感想というか嘆きのような、叫びのような、ママの本音が聞こえてきました
今思えば、本当に、私も当時そうでした
第一子、初めての出産、育児、不安だらけでしたこのか弱い赤子をどうやって生かせばいいのか真剣に悩み、真面目に取り組んでいたと思われますそうしないではいられないほど「怖かった」というのが、正直なところかも知れません。それほど小さき人を育てることの責任の重さに圧倒されていたのが、本音かな?
だから、初めての育児に取り組んでいるお母さんたちの気持ち、理解できるんです、
とっても。本当に大変なことに今、現在、この時間も取り組んでいるんだ~と。

一方の第二、第三子のグループは、夫への多少の不満や、家での役割分担など話され、終始笑い声が、、、、
それは、やはり、母親の経験値がそうさせているのかな~とも思います。
一度経験したことと、初めて経験することはどう考えても全然違いますよね~
そこはどうしても、仕方がないというか。。。。経験値だけはね、飛び級できないのかな、と。

それでも、真面目に、いちずに取り組んだことは、
必ずその人の人生の宝となるし、
その子との忘れられない大切な思い出になると思います
よく私が言うのは、第一子は戦友ということ。
育児ではあるんですが、ともに戦う、感じ!?(笑)おかしいですかね(笑)
第一子と共に、(母)親も成長するってことなのかなぁ~と今はそう思うんですね
だから、そんなに焦ったりしないでのんびりと構えていればよかったなぁ~と思います

今年、印象に残った言葉は
夏の初めにあった講演会で講師の方がおっしゃっていた、
ぜひ「大好き、大事、大丈夫!」ということ(ことば)を子ども達に伝えてほしい、とおっしゃった事でした。
この先生は児童養護施設に勤務された経験のあるスクールソーシャルワーカーの先生で、
少し前、ほめて育てようというブームがあったけれど、ほめて育てるとほめられようとして育ってしまうのではないかと
警鐘をならしていて、それよりは「大好き、大事、大丈夫」をストレートに伝える方がずっと良いと言われていました。
子ども達一人ひとりが
「自分は愛されていて、大切にされていて、自分って生きていてOKなんだ」と
我が子が人生で感じてくれたなら、もうそれで充分じゃないですか?
まずは十分ですよね
そして、それは、親自身もそうありたいし、そう思っていないとなかなか子どもに伝わらないというか、、、、

自分は、誰かからは愛されていて(ご両親でも、おじいちゃんおばあちゃんでも、親戚のおじちゃんおばちゃんでも、夫でも、どなたでも
大切にされて、自分はOKなんだと親自身も思わないとできない事なのかも知れません。
この年齢まで(ママの年齢、つまり子どもを産むような年齢という意味です)大きくなれたということは、
間違いなく誰かには愛されていたと証なのだということ。
そのことにまず自信を持って、自分(親のほう)はOK、
そして子どももOKとできるよう、
焦らずにゆっくり歩いていきたいですね

ラグビーに明け暮れた2019年だったようにも思えますが、
さて来年はどんな年になるのかな。楽しみにしていきましょう
お子さんのことも不安なことを追求するばかりでなく、楽しみにしてしまいましょう♪
みんなで話すと、不安も消えて、笑いに変えられるかも知れませんよ~ユーモアをもって生活しましょう♪

次回の「0歳児あつまれ!」は来年1月22日(水)10時半から
スタッフ一同笑顔でお待ちしています♪


それでは、少し早いですが~皆さん、どうか良い年をお迎えくださいね
来年もきっと皆さんに、お腹を抱えて笑えるようなおかしいことがたっくさんありますように
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク