FC2ブログ

入園・入学・進級おめでとうございます。

明日から4月。
子どものころは、「明日から年中さんだね」「明日から〇年生だね」という期待と不安があったように思います。大人になってから、どうでしょうか?明日から新年度・・・とか仕事が変わる・・・とか、でしょうか。あまり楽しくない感じ(笑)の時もありますよね。

明日から保育園、来週から幼稚園、のお子さんも多いと思います。
ご入園おめでとうございます。
来週に入学式を迎えるみんな!入学おめでとう!
特にない・・・というお子さんも
進級ですよ~!ひろばで使っているバッジの色が、一つ上になります。
赤→黄色→青→緑→オレンジ となっています。おめでとうございます!

毎年3月、広場を閉所にして、4月から週5で保育園や幼稚園に通う親子さんたちだけを集めて、ひろばに今まで来てくれてありがとう、これからも応援しているよ、という気持ちをお伝えする「KADODEの会」を開催していました。
たくさんの親子で集まることが出来なかったので、KADODEの会も、個々に行いました。内容は、これからお渡しする方たちのためマル秘ですが、私たちの気持ちを込めて、「証書」をお渡ししました。やっぱり出産後一番大変なのは、ママ。でも出産したら、すぐに「母親」になれるものではなく、小さくて首も坐らなくてすぐ泣いてしまう赤ちゃんを目の前にして、不安以外何もなかったと思います。でも、「母親なんだから当たり前」「母親なんだから頑張らなきゃ」「いいママにならなきゃ」と、出産後のぼろぼろの身体をいたわる余裕もなかったと思います。コロナ拡大で、里帰り出産や親類に手伝いに来てもらうことがかなわなかった方もいて、本当に無我夢中で、子どものため現在進行形で頑張っているママたち。
その中で、4月より少しお子さんと離れる時間が出来るママたちに、今までお疲れ様、とねぎらいの気持ちをお伝えしました。(すみません、パパもたくさん頑張っておられますが、ここはママとさせてくださいね)

20210331225641011.jpg


20210331220412075.jpg

20210331220409067.jpg

20210331225247275.jpg


広場は、ご飯を作ってあげられるわけでも、家事を手伝ってあげられるわけでも、代わりにお子さんのお風呂を入れてあげられるわけでもない。でも、いつも子どもと一緒にいるママと、お話ししたり、相談に乗ったりして、大人同士の会話を楽しみ、子どもたちと遊び、帰りに「来てよかった!」と思ってもらえるよう、ただそれだけを目標にやってきました。

ただ5時間半、居場所を提供しているだけで、それが昨年は3か月も閉まってしまい・・・。
今年度ほど、広場という存在に無力さを感じた事はありません。閉所中、広場って何が出来るんだろうか、そればかり考えていました。

でも、6月になったら、新しい利用者も増え、たくさん前から通ってくれた方たちが戻ってきてくれて、本当にうれしかったです。お子さんたちもどんどん広場に慣れて、ママと離れてスタッフと遊ぶようになったり、一時預かりでお留守番を立派にできるようになったり。

で・・・慣れたころに、幼稚園や保育園に行ってしまうんだよね(涙)。
お子さんの子育てを伴走し、見守る立場だから、一緒に喜ばなきゃならないのに、本当に本当にさみしい。
今、これを書いていても、泣けてしまってます。
古くからの利用者の皆さんはよく知っているんですが、施設長が一番涙もろいんです。
手洗いをした後に手をパッパッと見せに来てくれた子、スタッフの膝の上で絵本を読んでとせがんできてくれる子、新しく買ったからくり時計が鳴ると、見てみて!と喜んで踊ってくれる子・・・。みんな、なんてかわいいんでしょうね。
明日からあまり会えなくなっちゃうのかーとただただため息です。でも、コロナのせいでおじいちゃんおばあちゃんに会えない中、私たちは役得で毎日かわいいお子さんたちと遊ばせてもらえて、本当に幸せです。

でも、実はお子さんに会えなくなるのと同じくらい、ママたちと会えなくなるのもさみしいんです。大人になると背が伸びるわけでもなくて(体重は増えるかも・・ですが)、成長を感じることって少ないですよね。でも、これだけは言えます。初めてWITHに来てくれた時の不安げな顔をしたママたちは、本当に素敵なママに成長しました。お子さんの成長と同じくらい、いえそれ以上に私はうれしいと思っています。だんだん良い意味で、肝が据わってくる、たくましくなるママたち。子育てに不安はあれど、だんだん慣れて来たり、自信がついてきたなーと見ていて感じる瞬間がとてもうれしいのです。

かつてのKADODEの会、いつもスタッフIが話していました。
スタッフにお礼を言ってくれて、いつか恩返しがしたいと言ってくださる皆さん、ぜひ、恩返しをしてくれるなら、近くの新米ママに、なにかして上げてください。それを「恩送り」と言っていて、私はそれを広場でやらせてもらっています。私も昔、近所のママがどうしようもない大変な時に助けてくれたので、と。

そして、2月号のあとがきに、スタッフSが書いた文章。
成人式に行った息子が、帰宅後サプライズで花束をくれた話・・・。子育て苦労してきたけれど、実は私が息子に育てられた気がします、と。

どうぞ、親子で成長して行ってくださいね。そして、ひとつお願いがあります。子どもは親の所有物ではありません。どんなに小さくて、何も出来なくても、一人の人間として尊重してください。同じ目線で風景を見てみたり、一緒に遊んでくれたりするママやパパって本当に素敵だと思うのです。そして、親の失敗も見せてあげてください。「失敗しても大丈夫なんだ!パパやママが助けてくれるんだ」と子どもは安心します。完璧で立派なママ・パパよりも、いいかもしれませんよ。

そして、成長とともにたくさんの新たな悩みもあると思います。そんな時は、お子さんが小学校に入ってからでも、中学校に入ってからでも、どうぞWITHに相談しにいらしてください。私たち先輩ママが話を聞きますよ。きっとその時には自分で解決する力があるはずですが、どうぞお話ししにいらしてください。きっと答えは見つかります。
私たちは、引き続き地域にいます。そして、お子さんたちや、子育てしているママ・パパをいつも応援しています。4月からの新たな生活に、親子ともに順応し、元気で楽しい毎日が送れることを、スタッフ一同心よりお祈りしています。

令和3年3月31日 
親と子のつどいの広場WITH 施設長 小松 奈保子

スポンサーサイト



9/9は救急の日

9月9日は「救急の日」だそうです。
WITHでは毎年2月に日本赤十字社神奈川支部の方にお越しいただき、
大場地域ケアプラザと共催で「幼児安全法講習会」を行っています。
前回も家庭で起きやすい子どもの誤飲への対応や、
乳幼児の心肺蘇生・AED実習を中心に教わりました。
スタッフは毎年全員この講習を受けているのですが、
私は年に1回の受講だと情報が最新でなかったり、
細かい手順を忘れてしまっていることに気づくことがあるので、
定期的に受けることが大事だなと思っていました。
今年は地域の防災訓練がどういった形で開催されるのかわかりませんが、
もし防災訓練への参加が難しい場合は、広場に置いてある
「知っておきたいこどもの看病手当のしかた」の冊子に目を通したり、
日本赤十字社のホームページにアップされている心肺蘇生とAEDの使い方の動画
見てみてはいかがでしょうか?

http://www.jrc.or.jp/activity/study/safety/

ただし、新型コロナウィルスが流行している現状下においては、
対応時の感染リスクを下げるための工夫が必要となるそうなので
ご注意くださいね。

<成人の場合>
・息がかからないよう少し離れた位置から顔をずらして反応を確認する
・倒れている人の鼻と口を軽く布で覆う
・成人への人工呼吸は行わない(子どもは人工呼吸は必要です
・処置後、手と顔を洗う

いろいろな情報をお伝えします~

昨日はブログ更新をさぼってしまい、すみません。
あの幼少期の写真は誰なんだろう!?と思っていた方も多かったのでは?
答えはスタッフHです。今は眼鏡をかけているので、わからなかった方も多いのでは?私もわかりませんでしたよ。スタッフの幼少期の暴露シリーズはこれでおしまいです。

先日我が家では味噌づくりをしました。味噌玉を容器に詰めるところだけ、娘がやったのですが、投げつけるたびにストレス解消!していた様子です。
ひたすら大豆をつぶした私の腕は、翌日筋肉痛となりました。

20200522174628547.jpg


さてさて
一都三県と北海道については、緊急事態宣言の解除の吉報を待つばかりですが、その後横浜市の通達を待ち、皆様に広場再開についてのご報告が出来ると思います。しばらくはご不便をおかけしますが、もう少しお待ちくださいね。

今日は情報の共有をしたいと思います。
先日、幼稚園と保育園の兄弟の子育てをしている利用者さんより、メールをいただきました。
病気で長期入院をしているお子さんたちの教育にたずさわる「あかはなそえじ先生」という方が、YouTubeチャンネルを開設したので、紹介してくださいました。
以下、ご本人の了解を取り、メールを途中から抜粋させていただきます。


〇たまたま職場でこの先生と出会い、お話を聞いている中で今まで自分が悩んだり、苦しんでいたことがすごく楽になりました。
でも、頭では理解してもなかなか実行できずに悩んでいる時も
「失敗したり、うまくいかなくてもいいんです。むしろ、悩んだり怒ってしまって悪かったと思えばそれをお子さんに伝えてあげてください。親が完璧にやろうとすると子どもも追い詰められてしまいます。
悩んでいることや、誰かに助けを求める姿を子どもに見せることで、
子ども達も自分が困難な状況の時に対応できる力を身に着けていくので、
ぜひそんな姿を見せてあげてください。」と言ってもらえ、とても救われました。

withには一人目出産後、一番苦しい時にお世話になってとても救われました。
今の状況が一人目出産後だったら…と考えるとゾッとします。
withに少しでも恩返しできたらと思っていたところ、この動画が少しでも役に立てるかなと思い連絡させていただきました。
1回の時間も長くないので、忙しいママさん達の負担にもあまりならないと思うので、
紹介できるのであればお願いします。


今までの動画のURLです。リンクに飛べない場合は「あかはなそえじ 風のたより」と入れて検索してください。
1回:https://youtu.be/ndP0lIrhg8k
2回:https://youtu.be/UxqzdOug7YI
3回:https://youtu.be/xtqr6sRFXzo
4回:https://www.youtube.com/watch?v=3MMhXfhV3Kk

‥‥小松も全部見ましたが、院内学級のような教育設備が整わない場で、病気と闘う子どもたちの教育に奮闘されている先生の言葉はとても温かく、紹介してくれたHさんの気持ちもよくわかります。同時に、院内学級で勉強する子どもたちが少なからず存在し、我々のような「期間限定の不自由さ」とば比べ物にならない大変な日々を送っていることを想像してみました・・。

ずっと画面を観なくても、声だけ聴いていても良いと思います。ぜひぜひ、ご覧くださいね。
Hさん、素敵な情報を本当にありがとうございます。


もう一つは、我が家の自動車保険会社から定期的に来るメールに以下の情報がありました。
これも、勝手に共有↓ちなみに、6月末までの限定サービスのようです。
皆さんの相談は、私たちにしていただきたいと思うのですが、周囲でお困りの方、遠くのお友達で妊娠していたり、不安に思っていることがある方に、ぜひ紹介してあげてください。私たちも、妊娠中の両親学級やお子さんの健診が延期になっている状況を心配しているところです。

〇「産婦人科オンライン」「小児科オンライン」はスマホから直接、産婦人科医、小児科医、または助産師に相談ができるサービスです。現在、110名の産婦人科医、小児科医、助産師が在籍しています。
必ず専門家が回答する点が最大の特長です。
新型コロナウイルス流行状況下で、社会ストレスのかかる今、影響を受けやすく重点的に守らねばならない存在として、妊産婦、子どもたちがいます。
どなたでもご利用いただけるサービスですので、ぜひご家族・ご友人にもご紹介ください。

社会ストレスの例:
・新型コロナウイルス感染症への不安から起こる受診控え
・相次ぐ乳幼児健診、母親学級の延期による対面サポートの減少
・自宅待機増加によって、DVや虐待増加への懸念

ご利用・サービスの詳細は、以下のURLからご確認ください。
https://syounika.jp/lp/gov/anytime


最後に、来週のオンライン広場のお知らせです!
5/26(火) 男の子母あつまれ~!(担当:伊丹・佐々木)
5/28(木) 女の子母あつまれ~!(担当:小松・福田)
いずれも10:30~11:15くらい。
→ずっと画面の前になんていられない!そんな親子でも大丈夫です。つなぎっぱなしにして声だけ参加も〇。
ZOOMというアプリを使用します。ノートパソコンやカメラ付PCはなんとなく画面を見られる場所に置き、スマホで参加の場合は、お子さんの手の届かない、ちょっと遠いところに置くと、声で参加してもらえると思います。最近2回の開催でわかったのは、3歳以上のお子さんは意外と?画面に食いついてくれる事です。一緒になって参加してくれてとても微笑ましかったです。
意外と?簡単ですよ。
こちらから送るメールアドレスのURLをクリックもしくはタップするだけ。スマホはアプリのダウンロードが必要になります。
申込はこちらまで。
komatsu@mamaspot.jp
5/26 男の子母集まれ希望
5/28 女の子母集まれ希望 と書いてください。
あと・・・上記メールアドレスが受け取ることが出来るように、迷惑メールの設定を解除してくださいね。

もうすこし
あとすこし
STAY HOME
みんな頑張ったよねー!と笑顔で会える日が
ほんとうにほんとうに楽しみです。
ひろばは近いうちに、対策を講じつつ必ず再開します。
それまではオンラインなどでつながって行きましょうね。

絵本の貸し出し、工作配布は来週も行います。
工作の案内はまた後日。
皆さん、良い週末をお過ごしくださいね。

WITHだより(時々発行)

ここ数日お天気が悪く、涼しい日が続いていますが、皆さん体調を崩していませんか?
子供は暑がりだから、夜かけていた毛布も気が付けば蹴っ飛ばされ何もかけていないなんてことも。
6月になったら元気に広場で再会できることを願って、体調にはお互い気を付けましょうね。

と言いながら、私も運動不足のせいか、年齢のせいか、胃の消化力が💦
市販のルーを使ったカレーを食べると翌日胃もたれをするようになってしまいました。
でも、時々無性に食べたくなるカレー。そこで、最近はドライカレーやインド風カレーを食べています。
昨日のランチもドライカレー。家にある野菜とひき肉・細切れ肉を使って15分ぐらいで完成。

ドライカレー


合いびき肉はさっと湯通しして油を落としてから使いました。
そうすると、冷めても油が固まることがなく、お弁当に入れても美味しくいただけます。
小さいお子さんがいるご家庭では、カレー粉の代わりにフレイク状の甘口ルーを使ってもいいかもしれませんね

さて、スタッフの「私は誰?シリーズ」、いよいよ最終回です
昨日は少し難問でしたがわかりましたか?「北九州」というのがヒントです。
正解は、.....レアキャラのKさんでした。拡大してよーく見ると、面影が。
結構大きな自転車を乗りこなしていますね。
自転車公園に足しげく通った成果!でしょうか?

そして最後はわたし。

myphoto.jpg

懐かしい「ローラースルー??」と一緒に写っています。
思い返してみると昔はアウトドア派で、ローラースルー、自転車、ローラースケートなど身体を使って遊んでいました。
小学生の時は毎日お気に入りの白いローラースケートを履いて、庭で妹と追いかけっこ。
遠心力で曲がり切れなくなるぐらいスピードを出していたのに、よくケガをしなかったなと
子どもって本当に怖いもの知らずですね
さて、こんなおてんばだった私はだーれ?


広場だより(時々発行)

皆さん、こんばんは!
遅い時間のブログ更新となりました。

今、我が子たちは学校が休校中です。
美術の課題なるものも家でやらないといけません(涙)。
先日、課題の絵を描き終えて余った絵の具がもったいなかったので、
息子の手にいたずら塗りをして、手型をとり遊びました~
pict02.jpg

手の大きさ、気が付けば抜かれてます!
背もあとわずかかな・・・

さて、現在、ブログではスタッフの昔の写真を掲載中です。
私は誰でしょう


家族とよくでかけていた、通称、自転車公園☆
様々なサイズの自転車が自由にレンタルでき、
再現された町(横断歩道や信号、標識など)の中で、
交通ルールを学びながら、楽しく自転車に乗ることができます。

昭和の時代には、ストライダーなる便利なものはなく、
補助輪付きからスタートし、補助輪を外したら親に自転車の後ろを支えてもらい、
そしてだんだんと一人で乗れるようになりました。

そんな私の幼い頃の思い出の場所は、令和となっても存在しています。
★北九州交通公園・市立安全交通センター

この公園の隣には、「到津の森公園」があります。
昔はジェットコースターなどの遊具もたくさん。
私はトランポリンでひたすら飛び跳ねていました~
今はもう遊具はなく、動物園だけになっていますけどね。
★到津の森公園

福岡は緊急事態宣言が解除されたので、両施設とも再開した模様。
親子の遊び場の再開は嬉しいニュースです。

横浜も、広場も6月からは・・・との希望を抱き、
明日からも笑顔で過ごしていきたいです♪
では、お休みなさーい!!!
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク