FC2ブログ

11月18日(水)WITHカフェぷちvol.74「0歳児あつまれ!」開催しました♪

季節外れの暖かい日に、5組の親子が集まってくださいました。ありがとうございます♪

IMG_4280blog.jpg

お兄ちゃんが2、3歳の頃ひろばを利用してくださっていたTさん.。
妹のMちゃんが前日に1歳になって~おめでとうございます
「本当に時間が経つのが早いです!」と感慨深そうでした
きょうだいといえどもずいぶんと違いがあって(性差もありますし、ね)
二人目といえすんなりとはいかない事もあるようで、、、
お一人目のママには先輩ママのお話は本当に参考になりますねぇ~。

IMG_4288blog.jpg

他にも前回もいらしてくださったIさん、Eさん
お二人は産院が一緒だったご縁があり、WITHで退院後に再会したんだそうです。
初回でいらしたHさんも偶然同じ病院で、出産時のお話も伺いましたが、
今年は厳戒態勢下での出産となり、産婦さんが孤立するような場面があったようで。。。。
ママたちにとって辛く感じることもあったのではないかと思いました。
もちろん、今年の特別な事情で仕方がないことではありますが、
出産って陣痛が始まっても一体いつ終わりが来るのか!?痛みの波をこらえながら耐え忍ぶ時間が孤独で、
立ち合いを計画されていた方もダメになったり、いろいろ大変だっただろうと想像します
今年、出産したママさん全員、そして今育児をしている方すべての皆さん、本当に立派です!
人々が今まで経験したことのない育児を実践しているんですから~すごいことです!!胸を張っていきましょう(^-^)
Kさんは助産院だったので、予定変更なく立ち合い出産できたのだそうです
病院によってもずいぶんと違いがあったようですが、
とにかく皆さん母子共に無事でうまれ、この日元気にひろばに来てくれたことを嬉しく、幸せに思いました

それぞれママたちもスタッフも自己紹介をしてから、赤ちゃん体操や手遊びをして
ママトークの時間を過ごしました


IMG_4278blog.jpg

普段赤ちゃんとの生活で、こんな時、他のママはどうやって乗り越えているの!?って
私が子育て中にしょっちゅう思っていた事なのですが、みなさんはどうですか~?
こんな大変なことを、ママ一人でどうやっているんだろう??摩訶不思議~と
本当にず~~~っと思っていました(笑)そして、どうして平気な顔しているんだろうって。
でも、他のママたちとも仲良くなって話をするうち、平気な表情をしているわけでもなくて、
本当に「へっちゃら!」という人はそんなに多くないだ~ってこともだんだんわかってきました(笑)
ママたちは皆それぞれの大変さを抱えつつ、その日その日を子どもたちとなんとか過ごしているんだな、と。
そしてこの24時間体制の子育てもいつかは終わりが来るんだな~と、なんとなく思っていると、
そのうちに、本当に終わっているんですね!(そうなると寂しいっていうホントにわがままな感じ!?)

正直、赤ちゃんのいる生活は本当に楽しいことばかりではないとは思います。
あとから振り返るとほんのひと時だったのにな、と「終わってみてから」わかります(笑)
母親になった途端に、ひとから何度となく言われたと思われる「今だけよ~」という言葉も、
むなしく感じられるほど疲れてしまう日もあると思うんです。
それは本当に大変な営みを、今、この時ママたちが担っているという事なんだろうと思います。
大変な時、がんばりすぎずに人に愚痴ってみたり、
時にはお子さんを預けてリフレッシュというのも良いかと思います。
(ひろばでは、一時預かり事業もしていますお問い合わせくださいね)

先日、新聞に歌人の俵万智さんの記事が載っていて、
じ~んと来たので紹介したいと思います。(息子さんはもう高校2年生だそうですが、、、)

「振り返れば、はじめて立った日の記憶は鮮明だが、
絵本をくり返し読んでとせがまれた日々はいつ終わったのか。
『最後とは知らぬ最後が過ぎてゆくその連続と思う子育て』
<はじめて>は意識するけれど、最後はなかなか意識しないもの。
だからこそ、少しずつ取り戻しつつある日常を
意識して味わいながら歌を詠み続けていきたい。」と。

今年は、特に考えさせられる特別な一年でしたので、目に留まった記事でした。
皆さんも何か感じたり思ったこと、ぜひ聞かせてください。
いつでもひろばでお待ちしていますからね

次回のWITHカフェぷちは12月16日(水)10時からです♪
今年最後の「0歳児あつまれ!」です。
どうぞ暖かくしてお越しくださいね、スタッフ一同お待ちしていま~す
スポンサーサイト



10月21日(水)WITHカフェぷちvol.73「0歳児あつまれ!」開催しました♪

初冬のような冷たい雨や分厚い雲に覆われた日々の後の、爽やかな(と言ってもまあまあ涼しかったかな)秋晴れの日に6組のママたちが朝から来てくれました。ありがとうございます。
(まだ定員がまだ設けられていて、お断りした方もいらしたようで大変心苦しい思いです。ごめんなさい!)
まだ予約を取って制限のある中での開催ですが、こうして皆さんとおしゃべりできる日々に感謝します
もちろん、わざわざ足を運んでくださる、皆さんに、特に感謝です
朝から赤ちゃんの荷物を準備して、家をとりあえず整え、自分の身支度もして出かけてくるのって、すごく大変ですものひろばにいらしたら、まずは、ご苦労さまでした!と大きな声でお伝えしたいくらい、ホントに大変なことなんですよね~

IMG_8672.jpg


今回は、ママたち顔見知りの方もいらしたので、前半は自己紹介は短めに、手遊びや赤ちゃん体操をして過ごし、
後半ママトークの時間を持ちました

IMG_8669.jpg

今年度は栄養士スタッフのOさんが水曜日に来て下さるので、離乳食の相談が増えている印象です。
まだ、食べながらの相談(ランチタイム相談)ができないのが残念ですが、
実際食卓を共にして、こんな風に食べさせているけどいいのかしら?と専門家に見てもらえるのは、
ママたちにとって心強いのではないかと思います
Oさんは“離乳食は食べる練習で、移行期なので、食べることは楽しいことと教えてあげられたらいいね~“というスタンスなので、
更に気持ちが楽に、、、
食べるという極めて日常的なことに悩んでいると、すべてが気になってきてしまいますからね。
できるだけ、おおらかにおおまかにだいたいですすめていかれると良いですね~(つまり、大雑把でいいんですね!)そこに寄り添ってくれるひとがいれば孤独じゃないので、ママもやりやすいんじゃないでしょうか。
1歳に近いお子さんもいれば離乳食がまだの赤ちゃんもいるので、思い悩むことは様々ではありますが、
食べない、食べ過ぎる、飲む、飲み過ぎる、のお悩みは、ほぼ必ず誰もが悩むことのトップ3の一つです。
それだけ、赤ちゃんも様々という事ですね。個性的ということ
考えてみれば~大人だって、すごい偏食の人もいるし、ご自分も食べられない食材一つくらいありますよね?
赤ちゃんだから気になるけれど、大人も結構バランス悪いです、偏っています!(笑)
大切な赤ちゃんだからこそ、真面目にとらえてしまい、間違ってはいけない!
偏ってもいけない!とひどく緊張を強いられるような場面もありますがけれど、
ご自分の生活を顧みて、特別困ったことがなければそんなに極端に
生活をガラッと変える必要まではないようにも思えます。(必要ある部分もあるので、一概には言えないのですが


かつて、私が妊婦だった頃
義父がクラシックのCDを買ってきてくれました。(胎教ってやつですね♪)
私も、ゆったりとした気持ちになれるので、妊娠中も出産後も時々かけていましたが
ある時、好きなアーティストの楽曲がラジオから流れてきたら体が熱~くなったんですよね
身軽だった時代に通うように行った数々のライブやフェスを思い出し
楽しかったことを身体が覚えていたような感じで、、、
そうしたら娘も楽しそうに微笑んでくれて~
クラシックで良妻賢母のふりしていた私はたぶん心から楽しんでいたわけではなかった
素晴らしい立派なお母さんでなくても、自分らしい姿を見せること、
楽しんでいる自分を見せてこそ、子どもも幸せになれるんじゃないかと気付かされた瞬間だった気がします

振り返ると、子どもたちに教えてもらったことばかり
本当に子どもたちに、親にしてもらった気持ちです(笑)一人ひとりにありがとう
そして、生まれてきたすべての子どもたちにホント感謝したいです

会のなかで、私が最近、気になった(新聞の)投書の切り抜きをお配りしました。
保育士の方の投書でしたが、今の状況の中で大人も子どもも不安やいらだちを募らせているが、
大人は「子どもの前で不安な姿を見せてはいけない、泣いてはいけない」と
我慢しすぎていないだろうか、と投げかけていました。
暮らしの中で、ひとは喜怒哀楽の感情を持ち「喜」と「楽」だけで生きていけないのだから
「つらいね」「悲しいね」「泣きたいよね」と一緒に思いを伝えあうことの方が
我慢する事よりもずっと大切ではないかと結ばれていました。本当にそうだな~と思って。

子どもが生まれて親になった責任感だけで、急に素晴らしい大人になれるわけでもなく、
喜怒哀楽、普通に感じたことを、普通に分け合えたらいいな~と思い、お配りしたのでした
そんな仲間の一人に入れてもらえたらな~というのが、私の願いです

WITHでは一人ひとりのお子さんの成長を、
みんなで見守る、血縁関係ではないけれど、
近所のオバちゃんとして、先輩ママとして、(遠い親戚よりも近くの、というではないですか)
ママに寄り添っていきたいと思って日々の運営をしています
どうぞ、ママも家で過ごすようにくつろいで過ごしていってくださいね

次回の「0歳児あつまれ!」は
11月18日(水)10:00~になります。
11月11日(水)より予約を受け付けます。(定員6組)お待ちしていま~す♪

9月16日(水)WITHカフェぷちvol.72 [「0歳児あつまれ!」開催しました♪

日中はまだまだ暑いですが、朝晩はずいぶん涼しくなりました~過ごしやすくなって良かったと思いきや、
鼻水が出てきたり、寝冷えなどしないようにどうぞお気を付けくださいね

さて、今日はコロナ閉所後初のカフェぷちでした
みなさんほどよく距離を取りながら定員の6組の母子さんが参加してくださいました
朝のあの時間に赤ちゃんの荷物を持ち、自分の身支度も整えて、
外出してくる事は簡単なことではありません、大仕事です!本当によく来てくださいました
よく考えたら、初めて来てくださる方は、玄関のドアを開けるまで、中にどんな人がいるのか、
どんな様子なのか、わからないのだから、ホントちょっと勇気がいりますよね
一抹の不安を抱えての来所なんですものね。
想像通り?意外だった?どっちだったかな~
WITHは開所から「第二の実家」を目指し、
あくまで気をはらずにママが少しでもホッとできる場、
スタッフも一緒に泣いたり笑ったりできる居場所づくりを、と活動しています
育児はあくまでも生活の場で展開される日々積み重ねで、
特別なイベントやお祝い事は、ハレの日の出来事ととらえて、
私たちは日常のケの日の伴走者であれたらいいなぁと思っています


今回、第一子のお兄ちゃんお姉ちゃんの時のひろばに来てくださっていた方が2組、
小さな小さな弟ちゃん妹ちゃんを連れて再訪してくれました
どちらもそっくりで!瓜二つとはこのこと~??というくらい、ちょっと笑っちゃいました
第一子のママたちは、きょうだいってそういう感じなのね~と
少し垣間見れてイメージできるかな~?とも思いましたが、どうでしたでしょうか~。
0歳児を抱えた今は、目の前の事で精一杯だから、
第二子のことまで考えが及ばないし、
第一、それはご夫婦の問題で誰もが自由なわけなので、
そのことで堅苦しい気持ちにならないでほしいなと思います。
なにしろ、この間、私たちは先の事はわからないという事を
嫌というほど学んだわけですから~しかも未だ現在進行形

最初、簡単な自己紹介と、お住いの町名、お子さんの名前の由来などを
話してもらい、いつものように、ぞうきん体操や手遊びをしてからトークータイムに♪

IMG_8640ぷち2

コロナ以来、お茶とお菓子が出せなくなり、
おしゃべりに潤いがなくなってしまうかな~と思いましたが
大丈夫ですね!(笑)
やっぱり女性はおしゃべりしないと死んでしまう!?のかも、、、、(笑)

IMG_8634ぷち3

普段育児をする中で、こんな時他のママはどうやっているんだろう?
どんな工夫の仕方があるのかな?知ってる?教えて~と
気軽に教え合ったり聞いたりできるようなおしゃべりができると
だいぶ育児が楽になると思います
おばあちゃんに聞いても「よく覚えていない」とか
ちょっと昭和過ぎて、それ今はどうなのォ~?と
疑問に思うこともあったり(聞いたのにもかかわらず!)
そこはやはり、今一緒に育児をしている仲間に聞いてみる、
一緒にやってみるというのが心強いし、本当に気持ちがわかるから心から励まし合えるのかも~
(私はいまだに子どもたちの幼稚園の時のママ友や先生とも長~いお付き合いになっています。
子どもたちが結んでくれたご縁です、本当にありがたいことです

ママたちがおしゃべりしている間、
赤ちゃん達もとてもおりこうさんにしていました
ま、月齢もありますが、ママが心穏やかで落ち着いていると
赤ちゃんも少し安心するのかもしれません。
だから、ママの心身の健康というのがとても大切。
どうか一人で抱え込まずに、周りの助けを借りながら子育てしていきましょう

子育てはきっと今までのママの人生にはなかった類の営みです
マニュアルはない、言語がない、休みがないのないないづくしの連続です
しかも誰もほめてくれない。。。。
でも、きっと見てくれています、誰かが、どこかで見てくれています。
そう、私たちがみています、わかっています!
日々、体をはってがんばっているママたちの事、ちゃんと知っています!
だから、ひろばでは普段の、素のままで過ごしてくれたら嬉しいです


IMG_8643ぷち1

今回というか今年度より、水曜日に栄養士のスタッフOさんが入ってくれて、
ぷちの時に栄養相談もできるので、良かったなと思います。
赤ちゃんの相談で断トツトップのお悩みが、食べない(あるいは食べ過ぎる)寝ない なので~
Oさんのアドバイスは大らかで優しく、そして的確。
ちょうどお孫さんの子育てを応援中で、娘さん同年代のみなさんのことがよくわかるようですよ~

とにかくママもお子さんも元気なら良いではないですか。
健康ほど大事なものはホントありません!
自分を産んでくれた両親に感謝しなければ、ですね。
折しももうすぐ敬老の日。
親になってみて本当にわかるのは、親の気持ちなのかもしれませんね~
今年は本当にいつもとは違いますが、どうぞ、シルバーウイーク、楽しんでください
ママが少しでも身体が休まりますように~

次回の「0歳児あつまれ!」10月21日(水)10時半からになります。
今のところ定員制の予約制で行うつもりです。
HPのスタッフブログやインスタグラム、FBでも情報を更新していますので、
どうか覗いてみてくださいね(^^)

8月19日(水)0歳児優先デーでした♪

8月の炎天下の中を3組の親子が参加してくださいました
ありがとうございます!本当にありがたくて~こちらが元気をいただけます。

かわいい赤ちゃん達の癒しパワーを皆さんにも~↓

8月ぷち


今年は本当に何もかもが異例続きで、更にこの尋常でない暑さ
そんな中を朝の10時前に乳飲み子を抱えてママだけで出かけてくるのって「本当に」大変な大仕事です
今年は何もかもが異例の夏。目に見えぬストレスが、どの年代のひとにも重くのしかかってきていると感じます。
本当に恐れすぎず、正しく観戦予防しながら、少しでも明るく、楽しんで子育てできるように
私たちWITHでもサポートしていかれたら、と思っています。
みなさんも、いろんなアイデアを出してくださいね
ご一緒に、WITHを利用しながら今の状況での子育てをすすめていかれたらと願っていますし、
そのために私たちスタッフも努力していきたいと思っています。

さて、この日来てくれたのは初回のRくんとMちゃん、お姉ちゃんも来てくれたHくんの3人
男子二人がが立派な骨格で大柄なのに対してMちゃんは華奢でかわいらしい女の子。
聞けば、Mちゃんの家はお兄ちゃんが、妹を産んでくれとせがんだそう、、、、
うまくいってよかったね!と笑い合いました
私たちは皆、生まれてくる前は、無事に生まれてくれたら性別はどちらでもOK、
丈夫であれば、と言っていたのに、生まれ出てくると欲が出るのが親の常ですね。
『這えば立て、立てば歩めの親心』とはよく言ったものですね(笑)
親のそんな意向を組することなく、子どもは日々をおおらかに過ごしています。
お子さんがおおらかにできる環境を整えているパパさんママさん、ご苦労さまです
それこそが、親の仕事なのかもしれませんね。

そんな中でも子育ての悩みは尽きず、、、、
今回はあまり寝ない赤ちゃんの相談もありました。
なかなか寝ない子って本当にいるんですよね。
どうしてなんでしょう?寝入るのが下手というか、抵抗するんでしょうか。
きっと起きている時間が楽しくてしょうがない!そういうお子さんだと思うことにしません?
そう思わずにはやれないほど、母はつらいってことも、我が子で経験済みです
でも、夜中に何度も起こされるとママは寝不足になっちゃいますよね。つらい
本当に人間の必要最低限の欲求さえ、うまく満たされないのか~って思っちゃう
そんな状況に産後急に陥ってしまうママの負担は、ホント想像以上のものだと思います
私も真夜中に授乳しながら思いました~
「だ~れも教えてくれなかったなぁ~(こんなに大変だなんて!)」と(笑)
何度思ってことか~
まぁ、教えてもらっていたとしても、実際その場にならないとわからない事って
たくさんあるんだな、という事がよ~~くわかったというところでしょうか(笑)
自分の経験なんてまだまだちっぽけなものだったんだなと、
若かりし頃の初心者マークの母親の私は思ったものでした
懐かしいなぁ~泣き止まない長女がひょっとしてこのまま死んじゃったらどうしよう!?と本気で心配して、
義母にわざわざ来てもらったこともありました
全身であらん限りの力で泣く赤ちゃんを見ているとだんだん怖くなって~だったのかな~
あの時の安堵の気持ちは、今も忘れられません
いくら親になったからと言って、なんでも一人で対処できませんよね。
頼りにできる人がいる、
頼りにできる場所があるという安心感は何物にも代えられないのではないでしょうか。
改めて、お義母さん!あの時はありがとうございました~


また話がそれました
当日、お姉ちゃんも一緒に二人連れでいらしてくれたOさんも、
パパが留守がちのお仕事で、ワンオペ育児気味のよう
ママは子どもたちに寄り添い、やさしくて一生懸命ですが、
やっぱり時には疲れてしまいますよね!
Oさんの赤ちゃんは順調に大きく育って、ややママの腰や腕に負担が~
そんな時に、ひろばの預かり担当スタッフが、ひろばで使っているウェストポーチに
腰掛けのような板がついたもの(名前があると思うんですが~忘れてしまった)を見せてくれて、
これで抱っこが数倍ラクになるよ~って教えてくれました
マンパワーも道具も頼りにして、使えるものは賢くどんどん利用して
なるべく負担を減らしていかれたら良いと思います
他のママたちも試して、ラクですね~いいかも~とおっしゃっていましたよ~

とにかく、人間(いきもの)相手が何より大変なことだと思うのです!
扱いは気を付けなければならないし、かといって休めもしない。
やりすぎもやらなすぎもいけない、なんて現代人がもっとも苦手な分野じゃないですか~
こんな時出てくる「いいかげん」という言葉。
いいかげんってテキトーとかちょっと良くないイメージありますが、
ほど良いあんばいというのか、ひと相手の施しにはとても良い意味で使われている言葉だと思います。
だいだい、今までこんなに一人の人間に向き合った経験なんてないじゃないですか。
どんなに仲の良い友達だって、家に帰れば別々だったし、
いってみれば旦那さんだって、それぞれの職場などの居場所があったはず。
なのに、我が子というだけで24時間ずっと一緒で、無休無給(?)ではきついですよね~
次第に疲れてきて頭がボーっとしてくる
そんな時は、ちょっとひろばを思い出してくださると嬉しいです
ひろばにおしゃべりに来てくださってもいいし、しんどかったら、ひろば内預かりも検討してみてくださいね。
ママのお昼寝に使ってもらってもいいと思います。本当にしんどい時どうぞ思い出してくださいね!
そうそう、しんどくなくても、思い出してね(笑)

次回は9月16日(水)、WITHカフェぷち Vol.72「0歳児あつまれ!」を再開します♪
事前予約制は変わりがないので、お電話してからお越しください。(定員6名まで)

スタッフの笑顔でみなさんをお待ちしておりま~す

先月27日(月)0歳児優先デーでした♪

4連休の後の月曜日だったので、前もっての予約は1組だけ、、、
どうなるかドキドキしましたが結局予約の電話も朝からかかってきて計4組の母子が集まってくれました
中には久しぶりにお電話くださった方、知らぬ間に第二子出産して来てくださった方もいらして、嬉しい再会となりました
まずは、お名前、お住まい等軽く自己紹介して、赤ちゃん体操や手遊びをしました。
人数も少ないし、自然と普通におしゃべりが始まりましたよ~

IMG_8574blog用

今年度いらしてくれているRくん、間もなく1歳になるので男の子らしくすでに活発に動きまわっています
たまたま、参加の他のママが皆第二子だったので、
「一人だけでもこんなに大変なのに、どうやって二人を育てるんですか~」と率直な質問も
本当にそう、思いますよね~!
今、この状況で妊娠??無理無理無理~!!って、、、、
それでも妊娠もするし、出産したら育てるし、
育っていくものなんですよね~ホント不思議だけれど。
「母は強し」なのかな。だんだんと~わたしなんかもう「母、恐るべし」になっていますから(笑)

不思議だからなのか、他のママたちも明確には答えていなかったかな~
答えられないかも知れないですね、うん。
子どもは、だんだんと、大きくなるからできる事なのかなぁ~
おなかも急には大きくならないし、10キロもある赤ちゃんも生まれないですものね!
うまく、できているんですかね、なんとか育てることができるように。
そんな感じで、トークタイムも和やかなムードで、お互い教え合ったり、情報交換したりしました。

話は変わりますが、
先日のNHK「すくすく子育て」で大日向先生がおっしゃっていました。
親御さん(特にママさん)が、自分ひとりの時間を持つことは、息をするように自然で大切なこと
決して悪いことなどと思わずに、様々な手段を使って、自分のしたい事をして良いのだと思う。ということを言われていました
自分が枯渇してしまうと、やはりひとに優しくできないです。特に連れ合いに(笑)←私の場合(笑)

WITHは、ひろば内預かりを始めて4年目になります。
ママに安心してもらえるように、ひろばに慣れたお子さんをお預かりして、楽しく時間を過ごしています。
今年はコロナ禍で難しい面もありますが、用事があるからというばかりでなく、リフレッシュで利用する事も相談してみてください。
大日向先生がお話しされていた放送では、リフレッシュして帰ってきたママたちが映っていましたが、ママの表情が、みなさんスッキリと変わっているのが一目瞭然でした
そう、息をするのと同じくらい大事なことなんだと、私も学ばせてもらいました。
ママも、パパも、お子さんも、みんなで幸せでいたいですよね!
「私さえ我慢すれば」と思ったりすると、家庭内はそれで何とかまわっても、精神的にはとてもよくないように思います。
どうかママだからといって、一人でがんばり過ぎないでください。
ママもひとを頼っていいんですよ!
ママが頑張りすぎると、お子さんも頑張りすぎる子になって、ママを頼らない子になってしまうと思います。
子育ての最終目的は自立、巣立ちなので、そうなっていってほしいところではあるのですが、
過度に早期にそうなってしまうのはどうでしょうか。
子ども時代に限らず、大人になってからも、ピンチの時にはSOSが出せる親子関係でいたいですよね。
そのうちに、こちらの方が子どもにSOS出すようになるんですから(笑)
思ったよりも案外すぐに、そういうこと起こると思いますので(笑)お楽しみに!しましょうね

そして、そんなことがあったら、ひろばにぜひ話に来てくださいね!
聞きたい、聞きたぁ~い

次回の0歳児優先デーは
8月19日(水)の午前中になります。どうぞお気軽にご参加ください。
予約制ですので、お電話いただいた上でお越しくださいね。

梅雨明けして、急に暑くなっています。熱中症にも十分注意してお過ごしください。
夏は8割?いや7割か6割くらいの活動で十分と割り切って、少しサボるくらいの過ごし方で、ご自愛くださいね!
自分を労わるのは、やっぱり自分ですから~ご自愛、ご自愛!
いつかそれぞれのご自愛をテーマにお話しできたらいいですね~ご自愛自慢大会!?(笑)
それでは、夏本番ゆるりとお過ごしくださいね
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク