FC2ブログ

2月17日(水)WITHカフェぷちvol.77「0歳児あつまれ!」開催しました♪

晴れていても冷たい風の吹く中5組の赤ちゃんとお母さんたちが来てくださいました
初めてWITHに来てくれたMさんや2回目のAさん親子(まだ2ヶ月の最年少の赤ちゃん)
最近よく来てくださるSさん、お姉ちゃんの時から利用があったUさん、
「0歳児あつまれ!」によく来てくださるHさん、みなさん、ありがとうございま~す
朝の10時に身支度して出かけてくるのって、「本当に」大変なことですよね~
本当に、ひとりの時はサッと出来たことが「ぜんぜん」できなくなるなんて思いもしませんでしたよね
大変とは聞いていたけど、ここまでとは!!?って事もあるあるですね

この会の中で、そんな、ママならではの苦労話や
実践として、どう乗り切ったか?というようなテクニックまで
みんなでシェアしませんか~?という時間を作るようにしています
赤ちゃんのための時間ももちろん取りながら、
ママもちょっとホッとできるような時間になればいいなぁ~といつも心がけています
最初は赤ちゃん体操や手遊びなどをしてましたよ
(こんな感じで↓)







その後ママタイムへ~♪
「お風呂でギャン泣きしてしまうけど、みなさんの家もそうですか?」
「どうやって一人でお風呂にいれているの?」とか
「寝ぞうが悪すぎて、みなさんどうやって寝かせていますか~?」とか

あとは離乳食の相談がありましたね。
み~んな悩んで(主にママが、ですね)いつの間にか大きくなるんですかねぇ(^^;)
どちらにしても、離乳食は、普通食への移行期であくまで練習なので、そんなにきちんとしなくても大丈夫!(っていうと怒られちゃうかなぁ~??)きっちり食べなくても、逆にすご~く食べてしまっても、おなかを壊したり、痛がったりしなければ基本は平気なんだそう。なかなかできない事だと思うんですが、どうぞパパとママが楽しくおいしく食べているところを赤ちゃんに見せつけてあげてください赤ちゃんはパパとママが大好き
だから大好きな両親が揃って食べている姿を見たら、きっと興味を持つはず。
「それ、なぁに?」「何しているの~?」「何食べているの~?」と。
くんくん、この匂いは何かな?と、五感を使って頭をフル回転させていることでしょう
いずれ、近い将来一緒のものを食べるようになるんですから、
その練習なんだ~と思っていただければと思います。
お料理の本の分量によく「適宜」と書いてありますが、よくもわるくも適宜なんだと思います。
食べる日もあれば食べない日もある。それで全部の栄養を取るわけではないので、ね。
赤ちゃんの様子を見ながら少しずつすすめていく感じですかね~。
あと、ママがちゃ~んと食べてください。
子育ては体力勝負ってとこありますからね~ホントに!

出産後の生活ってちょっと野生っぽい感じになるというか、
そういえば、前にスタッフの一人が言ってましたっけ。
原始人の生活みたい、半裸族みたいなって(笑)
夜、赤ちゃんがちょっと泣いただけでもパっと気付くとかも
そうなのかも知れませんね。
何かが研ぎ澄まされていくような、それでいて、変に鈍感になる部分もあって、不思議なんですけど~
ちょっぴりバランスが悪いというか産後はかなりホルモンの分泌が乱れるようですから

そんな中、反動でもう少し文化的なもの触れたいという気持ちになる時もありますよね

私事になりますが、
ちょうど昨日、青葉台のフィリアホールでチャリティーのクラシックコンサートがあり、
友人が主催していたのでお手伝いに行き、合間合間で音楽も聴かせてもらいました。
本物の楽器演奏を生で聴けるチャンス
赤ちゃん連れだと難しい時もありますが、今回は赤ちゃん大歓迎
老いも若きも、みんなどうぞ、一緒に楽しみましょうというおおらかなコンサートでした
ひろばにもチラシを置いていたので、いらしてくださった親子にもお会いして嬉しかったです
(主催者からも、ありがとうございました~

日常も、もちろん大事だし、それでもう精一杯というのが本音のところですが、
時々特別な日が、ポツ、ポツっとあってもいいですよね
そういう日は、少し家事もサボったってOKにしませんか
洗濯も一日サボっても(次の日が大変だけど)案外なんとかなりますよ
ママが寝込んだら、家事機能がいつもの半分くらいになりますもんね

以前、あるママから聞いた手抜き術で、なるほど~と思ったのは、
ホント~に疲れたら100均でかわいい紙皿とかコップとかを買って、
お惣菜をそれにパーティみたいに盛って、お風呂も先に入ってしまって、食べる→皿洗いなし、歯磨き、寝るっていうアイデア
いろんなアイデアが山ほどあるけれど、自分(ママ)に合った、ストレスを感じないやり方がきっとあるので、
いろいろ試してみるのがいいのかな~。
自分にしっくりくるやり方、ライフスタイルが必ずあるはずなので(人がよいと言ったことでも自分に、自分のライフスタイルに合うかどうかは、本当にわからないので~)ホント、「やってみなはれ」なんですよね。冷たい意味ではなく、やらないとわからないってこともたくさんあるし、その人にとって合う事なのかどうかも、やってみないとわからない。本当にここら辺はかなり手探りな世界なのかも~だって、ず~っと太古の昔からこんな(手間のかかる)育児を続けながら、生命をつないできたんですから。
そうカンタンには変わらないですよね!

とにかく、
一人じゃない、
同じ月齢、年齢の赤ちゃんを持つ親が地域にこんなにいるんだと知っていただくこと、
それも大きいですかね
仲間がいると人間って頑張れるじゃないですか、ね!ちょっと部活のノリかなぁ~(笑)

みなさんが笑顔でいられるように、私たちはこれまでも、これからも微力ながらお手伝いしていきたいと思います。
そして、笑顔になれない時こそ、ひろばを思い出してほしいなと思います。
楽しいことばかりじゃない、苦しいこと、辛いこと、大人なのに泣き出したい時もある事、
お母さんならきっと誰もがそういう思い、理解してくれますよ~
だって、みんな、み~んな通ってきた道なんですから~

次回のWITHカフェぷちvol.78「0歳児あつまれ!」は
3月17日(水)10時からになります。(予約制)


スタッフ一同、お待ちしていますね~
スポンサーサイト



1月20日(水)WITHカフェぷちvol.76「0歳児あつまれ!」開催しました♪

朝の寒さが一段と増したこの時期に、4組の親子が来てくれました。
どうもありがとうございます。
歩いても、自転車でも、ベビーカーでも、赤ちゃんを連れての冬の外出はおっくうで、
ましてやこのご時世で本当によくお越しくださいました
今、WITHは完全予約制をとって感染対策を取っています。
カフェぷちも前回の緊急事態宣言から予約制に切り替えていますので、
前もって人数がわかり、何のテーマにしようか等、少し心づもりができるので、私としてはやりやすいのです

今回たまたま第二子のママばかりだったこともあり(確認していませんが、たぶん初めてなんじゃないかと思われます。)
私自身の事を思い返すと、第二子が生まれた頃が一番精神的にしんどかった思いがあり、
「第一子のことで困っていませんか?」というような話に展開しようかなと思って、みなさんをお迎えました

最初、赤ちゃん体操をして体も心もあたためてほぐしながら、少しずつお話ししていきました。
集まって下さったママたち、皆とてもしっかりされていて、そんなに困っている風には全然見えませんでしたが、
それでも少しづつ話していくうちに、うんうん、そうだよね!きょうだい児いいこともいっぱいあるけど、大変だよね!と共感の気持ちが広がっていくような温かい雰囲気でした

きょうだい児の永遠のテーマである、きょうだい喧嘩の火種の
第1位はオモチャの取り合い(笑)
第2位 ママの取り合い!?(成人した子どもしかいない私からしたら羨ましいくらいですが~)
第3位 食べ物の恨み??(笑)(笑)
あとは、元をたどれば生理的欲求が原因だったり(実は眠かったとか腹減っていたとか
あまりにわかりやすいだけに、こちらに余裕があればかなり笑えます
でもでも、本当に疲れていたり、寝不足が続いていたりすると一瞬も笑えずに
逆に怒ってしまったり、あるいは落ち込んでしまったりしますよね?
寝不足はホントに怖いものですよ!
本当に、負のスパイラルに陥ってしまい、良い方に考えられなくなりますから~
本当に人間は絶対に寝ないといけないんだ~と本当に身をもって理解できます!

どうしても生活が第一子中心になってしまい、第二子はほったらかし状態という悩みや
第二子のための行事やイベントに参加できなくて、などのお話もありました。

上の子の気持ちが表れることとしては、
家にあるオモチャは僕(私 つまり第一子の)のものだからダメ~!貸してあげない!!というもの。
後から来た弟妹にどうして譲らないといけないんだ~!?という気持ちですかね。
弟妹は後から来た新参者で、オレの言うこと聞けよ!的な、、、、(殿??)
何を隠そう私自身が第一子なので、とってもよくわかる心理
ママが第二子だと、第二子の気持ちがわかるんじゃないかなぁ~
と思うのですが~どうでしょうか
中間子の気持ちとか、ママ自身がどのポジション(笑)で生まれているかという事も
少し関係してくるのかも、という気がちょっとしているんです

おもちゃの取り合いで、いいアイデアをくれたママがいらっしゃいましたよ~
そちらのお宅は少し年齢の離れたお姉ちゃんがいて、
そのお姉ちゃん自身におもちゃを1軍2軍3軍に分類させたというものです!
つまり、絶対貸せない大切なもの(1軍)
まあ大切なもの(2軍)
そんなに大事でもなく貸してあげられるもの(3軍)
に分けさせたんだそうです。そして第二子は3軍で遊べるというわけ。うなりました!スゴ技!!
お姉ちゃんもゲーム感覚で分けられたそうです興味深いお話でした

本当に一人であれこれ悩むよりも、思い切って口にすると、いろんなアイデアをもらえる時が多々ありますね。
昔から、女性(というと今的は良くないかな?)達は井戸端会議などで、有益な情報交換し続けてきたんだと思うんです。
もちろんその中には、有益ばかりでないことも含まれていたでしょうし、愚痴などもたくさんあったでしょう。
それでも、人間はやっぱりひとに癒されて、
本来は大人だって群れて育って生きていくものなんだと思うんです。
コロナでなかなか集まって群れることはできませんが、
ちょっとずつ、少人数で、小声で、小一時間のおしゃべりなら、
きっと良いリフレッシュになるのではないか、と思っています
ママたちのおしゃべり中に赤ちゃん達も顔見知りになるし~

IMG_8734.jpg

ソーシャルディスタンス取りながら、ですね。
(今回は4組だったのでソーチャルディスタンスしっかり取れていましたよ!見てみてください↓)


IMG_8733.jpg

0歳児の親御さんばかりでなく、
何歳になっても子どもの悩みは尽きないものなので、
時々このようにお話しできると、私もとっても嬉しいです♪

参加されたみなさんにお伝えし忘れてしまったのですが、

次回は2月17日(水)10時からになります♪
状況によっては変更等あるかもしれませんので、
しばらくの間はHPやインスタ、FB、お電話で確認の上、
お越しくださるようにお願いいたします。

それでは、2021年のぷちもどうぞよろしくお願いいたします

12月16日(水)WITHカフェぷちvol.75「0歳児あつまれ!」開催しました♪

晴れてはいてもさすがに師走寒い冬の朝から6組の赤ちゃん親子が来てくれました
本当にありがとうございます新しく会員になって下さった方、お友だちと一緒に初めて来てくださった方など
今回も賑やかでした~
赤ちゃんの若い若いパワーと、ママの若いパワーを受け取り、
ひろばが活気づいて、私たち自身もとっても元気になるんですよ~♪感謝です

今回、みなさん自然と話が弾んで、特に自己紹介とか要らない雰囲気でしたが、
一応みなさん、お名前とお子さんの月齢と住んでいるところを言ってから、
赤ちゃん体操や手遊びを始めました。ぞうきん体操、一本橋こちょこちょ~などなど♪

IMG_4433.jpg

そうそうみんな上手です

ところで~~~
初めてわらべうたや手遊びするのってちょっと恥ずかしいというか照れ臭いというか、そういう感じありませんでしたか?
こんなお仕事しておいてナンですが
私は一人目の子の時はすっごく恥ずかしかったんです誰も聞いていないのに、ね(笑)
初めてのことって、ホントいちいち難しいんですよね~
でも、それでいいんです!フツーです!みんな出来て当たり前、ではないですよ~
それぞれ、いろいろ、で当然です。
今まで自由に、十人十色で生きてきたのに、突然母親一色になんてなれない!ですよね!?
だから、今、もし違和感があったとしても、私だけ!?って思わなくて大丈夫です!私が保証します!!?
ひろ~~い世界の中で、必ず同じ思いの人がいるって本当に信じられるようになりました。
長く生きてきたので

後半は、ママのトークタイム♪

IMG_4435.jpg

育児の中で、こんな時みんなどうしているんだろうという素朴な疑問を
みんなでシェアしようという毎回の取り組みと、今回は、この超多忙な育児生活のさなか、
どうやってリフレッシュしているの?リラックスする時間取っていますか?という話題にしました。
みなさん上手に時間を使われているなぁ~という印象
手が空いた時にコーヒーを飲もうと決めていても、手なんかいつまでも空かないんですもんね!
家にいるとやること満載で、赤ちゃんが寝たら洗濯やら掃除やら食事の準備やら休めるどころじゃない!!
だから、もう、午前中のお昼寝の時にお茶しちゃおう!ってママもいらっしゃって、拍手~でした
その他、撮りためたビデオを見るとか、お笑いを見るなどや
ブルートゥースで赤ちゃんの腕枕をしているママの手に持つ携帯に飛ばすという方もおられました
いろんなやり方がありますね。それも人それぞれなんですものね

先日、青葉区のこども家庭支援課の主催で行われたオンライン講座、
NHKの「すくすく子育」てなどにも多数ご出演の大豆生田せんせいの公開講座がありました。
テーマが「ゆったり子育て 笑顔で子育て~子育てで大切なことってなぁに?~」でした。
そこで話されたことの中で(すみません、私も直に拝聴できなかったのですが)心に響いたの事が「スウェーデンでは『きげんの良い親が子どもの成長を促す』という言葉があり、家族関係はとても大事。子どもはその子らしく、私は私らしく、共にあること、そしてリラックスして育てるのがいい。」とおっしゃったそうで、本当にそうだなぁと思って、ここに書きました。

今、本当にみなさん頭がよくなりすぎて(笑)
頭で考える育児になりすぎている気がします。
もう少しご自分の感覚や身体が求めるものを信じてもいいような気がします。
いくら本に書いてあったからと言って、なんか違うな、それは私にはできないなって
体や心が訴えてくるものって時にはあると思うんですよね~、
そういう時は、ご自分の感覚を信じてもいいのかも。
これまで生きてきて、培われた、自分の物差しを!
あ、ちょっと言いすぎちゃったかなぁ(笑)
もちろん、やるべきことはやってくださいね!
その上で、何か困ったことや迷うことがあったら
いつでもひろばにいらしてください。(お電話でもOK)
区役所や市でもLINE相談など始まっていますので、どんどん活用されたら良いと思います

今年は本当に前代未聞の大変な年でした。
そんな中、懸命に子育てをしているみなさんは本当に偉い!
私なんかには想像がつかないご苦労や不安があると思います。
そんな時は、どうぞ分け合って、いきましょう。
お子さんの成長をそばで見守り、
喜びは2倍、3倍に、不安などは半分、それ以下になるように、
ひろばスタッフ一同、これからも応援していきたいと思っています


また来年もどうぞよろしくお願いします

年内のひろばは25日(金)まで、年明けは1月4日(月)から(6日(水)はお休み)

次回の「0歳児あつまれ!」は2021年1月20日(水)10:00~です♪
それでは、みなさん、どうか良いお年をお迎えください

11月18日(水)WITHカフェぷちvol.74「0歳児あつまれ!」開催しました♪

季節外れの暖かい日に、5組の親子が集まってくださいました。ありがとうございます♪

IMG_4280blog.jpg

お兄ちゃんが2、3歳の頃ひろばを利用してくださっていたTさん.。
妹のMちゃんが前日に1歳になって~おめでとうございます
「本当に時間が経つのが早いです!」と感慨深そうでした
きょうだいといえどもずいぶんと違いがあって(性差もありますし、ね)
二人目といえすんなりとはいかない事もあるようで、、、
お一人目のママには先輩ママのお話は本当に参考になりますねぇ~。

IMG_4288blog.jpg

他にも前回もいらしてくださったIさん、Eさん
お二人は産院が一緒だったご縁があり、WITHで退院後に再会したんだそうです。
初回でいらしたHさんも偶然同じ病院で、出産時のお話も伺いましたが、
今年は厳戒態勢下での出産となり、産婦さんが孤立するような場面があったようで。。。。
ママたちにとって辛く感じることもあったのではないかと思いました。
もちろん、今年の特別な事情で仕方がないことではありますが、
出産って陣痛が始まっても一体いつ終わりが来るのか!?痛みの波をこらえながら耐え忍ぶ時間が孤独で、
立ち合いを計画されていた方もダメになったり、いろいろ大変だっただろうと想像します
今年、出産したママさん全員、そして今育児をしている方すべての皆さん、本当に立派です!
人々が今まで経験したことのない育児を実践しているんですから~すごいことです!!胸を張っていきましょう(^-^)
Kさんは助産院だったので、予定変更なく立ち合い出産できたのだそうです
病院によってもずいぶんと違いがあったようですが、
とにかく皆さん母子共に無事でうまれ、この日元気にひろばに来てくれたことを嬉しく、幸せに思いました

それぞれママたちもスタッフも自己紹介をしてから、赤ちゃん体操や手遊びをして
ママトークの時間を過ごしました


IMG_4278blog.jpg

普段赤ちゃんとの生活で、こんな時、他のママはどうやって乗り越えているの!?って
私が子育て中にしょっちゅう思っていた事なのですが、みなさんはどうですか~?
こんな大変なことを、ママ一人でどうやっているんだろう??摩訶不思議~と
本当にず~~~っと思っていました(笑)そして、どうして平気な顔しているんだろうって。
でも、他のママたちとも仲良くなって話をするうち、平気な表情をしているわけでもなくて、
本当に「へっちゃら!」という人はそんなに多くないだ~ってこともだんだんわかってきました(笑)
ママたちは皆それぞれの大変さを抱えつつ、その日その日を子どもたちとなんとか過ごしているんだな、と。
そしてこの24時間体制の子育てもいつかは終わりが来るんだな~と、なんとなく思っていると、
そのうちに、本当に終わっているんですね!(そうなると寂しいっていうホントにわがままな感じ!?)

正直、赤ちゃんのいる生活は本当に楽しいことばかりではないとは思います。
あとから振り返るとほんのひと時だったのにな、と「終わってみてから」わかります(笑)
母親になった途端に、ひとから何度となく言われたと思われる「今だけよ~」という言葉も、
むなしく感じられるほど疲れてしまう日もあると思うんです。
それは本当に大変な営みを、今、この時ママたちが担っているという事なんだろうと思います。
大変な時、がんばりすぎずに人に愚痴ってみたり、
時にはお子さんを預けてリフレッシュというのも良いかと思います。
(ひろばでは、一時預かり事業もしていますお問い合わせくださいね)

先日、新聞に歌人の俵万智さんの記事が載っていて、
じ~んと来たので紹介したいと思います。(息子さんはもう高校2年生だそうですが、、、)

「振り返れば、はじめて立った日の記憶は鮮明だが、
絵本をくり返し読んでとせがまれた日々はいつ終わったのか。
『最後とは知らぬ最後が過ぎてゆくその連続と思う子育て』
<はじめて>は意識するけれど、最後はなかなか意識しないもの。
だからこそ、少しずつ取り戻しつつある日常を
意識して味わいながら歌を詠み続けていきたい。」と。

今年は、特に考えさせられる特別な一年でしたので、目に留まった記事でした。
皆さんも何か感じたり思ったこと、ぜひ聞かせてください。
いつでもひろばでお待ちしていますからね

次回のWITHカフェぷちは12月16日(水)10時からです♪
今年最後の「0歳児あつまれ!」です。
どうぞ暖かくしてお越しくださいね、スタッフ一同お待ちしていま~す

10月21日(水)WITHカフェぷちvol.73「0歳児あつまれ!」開催しました♪

初冬のような冷たい雨や分厚い雲に覆われた日々の後の、爽やかな(と言ってもまあまあ涼しかったかな)秋晴れの日に6組のママたちが朝から来てくれました。ありがとうございます。
(まだ定員がまだ設けられていて、お断りした方もいらしたようで大変心苦しい思いです。ごめんなさい!)
まだ予約を取って制限のある中での開催ですが、こうして皆さんとおしゃべりできる日々に感謝します
もちろん、わざわざ足を運んでくださる、皆さんに、特に感謝です
朝から赤ちゃんの荷物を準備して、家をとりあえず整え、自分の身支度もして出かけてくるのって、すごく大変ですものひろばにいらしたら、まずは、ご苦労さまでした!と大きな声でお伝えしたいくらい、ホントに大変なことなんですよね~

IMG_8672.jpg


今回は、ママたち顔見知りの方もいらしたので、前半は自己紹介は短めに、手遊びや赤ちゃん体操をして過ごし、
後半ママトークの時間を持ちました

IMG_8669.jpg

今年度は栄養士スタッフのOさんが水曜日に来て下さるので、離乳食の相談が増えている印象です。
まだ、食べながらの相談(ランチタイム相談)ができないのが残念ですが、
実際食卓を共にして、こんな風に食べさせているけどいいのかしら?と専門家に見てもらえるのは、
ママたちにとって心強いのではないかと思います
Oさんは“離乳食は食べる練習で、移行期なので、食べることは楽しいことと教えてあげられたらいいね~“というスタンスなので、
更に気持ちが楽に、、、
食べるという極めて日常的なことに悩んでいると、すべてが気になってきてしまいますからね。
できるだけ、おおらかにおおまかにだいたいですすめていかれると良いですね~(つまり、大雑把でいいんですね!)そこに寄り添ってくれるひとがいれば孤独じゃないので、ママもやりやすいんじゃないでしょうか。
1歳に近いお子さんもいれば離乳食がまだの赤ちゃんもいるので、思い悩むことは様々ではありますが、
食べない、食べ過ぎる、飲む、飲み過ぎる、のお悩みは、ほぼ必ず誰もが悩むことのトップ3の一つです。
それだけ、赤ちゃんも様々という事ですね。個性的ということ
考えてみれば~大人だって、すごい偏食の人もいるし、ご自分も食べられない食材一つくらいありますよね?
赤ちゃんだから気になるけれど、大人も結構バランス悪いです、偏っています!(笑)
大切な赤ちゃんだからこそ、真面目にとらえてしまい、間違ってはいけない!
偏ってもいけない!とひどく緊張を強いられるような場面もありますがけれど、
ご自分の生活を顧みて、特別困ったことがなければそんなに極端に
生活をガラッと変える必要まではないようにも思えます。(必要ある部分もあるので、一概には言えないのですが


かつて、私が妊婦だった頃
義父がクラシックのCDを買ってきてくれました。(胎教ってやつですね♪)
私も、ゆったりとした気持ちになれるので、妊娠中も出産後も時々かけていましたが
ある時、好きなアーティストの楽曲がラジオから流れてきたら体が熱~くなったんですよね
身軽だった時代に通うように行った数々のライブやフェスを思い出し
楽しかったことを身体が覚えていたような感じで、、、
そうしたら娘も楽しそうに微笑んでくれて~
クラシックで良妻賢母のふりしていた私はたぶん心から楽しんでいたわけではなかった
素晴らしい立派なお母さんでなくても、自分らしい姿を見せること、
楽しんでいる自分を見せてこそ、子どもも幸せになれるんじゃないかと気付かされた瞬間だった気がします

振り返ると、子どもたちに教えてもらったことばかり
本当に子どもたちに、親にしてもらった気持ちです(笑)一人ひとりにありがとう
そして、生まれてきたすべての子どもたちにホント感謝したいです

会のなかで、私が最近、気になった(新聞の)投書の切り抜きをお配りしました。
保育士の方の投書でしたが、今の状況の中で大人も子どもも不安やいらだちを募らせているが、
大人は「子どもの前で不安な姿を見せてはいけない、泣いてはいけない」と
我慢しすぎていないだろうか、と投げかけていました。
暮らしの中で、ひとは喜怒哀楽の感情を持ち「喜」と「楽」だけで生きていけないのだから
「つらいね」「悲しいね」「泣きたいよね」と一緒に思いを伝えあうことの方が
我慢する事よりもずっと大切ではないかと結ばれていました。本当にそうだな~と思って。

子どもが生まれて親になった責任感だけで、急に素晴らしい大人になれるわけでもなく、
喜怒哀楽、普通に感じたことを、普通に分け合えたらいいな~と思い、お配りしたのでした
そんな仲間の一人に入れてもらえたらな~というのが、私の願いです

WITHでは一人ひとりのお子さんの成長を、
みんなで見守る、血縁関係ではないけれど、
近所のオバちゃんとして、先輩ママとして、(遠い親戚よりも近くの、というではないですか)
ママに寄り添っていきたいと思って日々の運営をしています
どうぞ、ママも家で過ごすようにくつろいで過ごしていってくださいね

次回の「0歳児あつまれ!」は
11月18日(水)10:00~になります。
11月11日(水)より予約を受け付けます。(定員6組)お待ちしていま~す♪
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク