FC2ブログ

入園・入学・進級おめでとうございます。

明日から4月。
子どものころは、「明日から年中さんだね」「明日から〇年生だね」という期待と不安があったように思います。大人になってから、どうでしょうか?明日から新年度・・・とか仕事が変わる・・・とか、でしょうか。あまり楽しくない感じ(笑)の時もありますよね。

明日から保育園、来週から幼稚園、のお子さんも多いと思います。
ご入園おめでとうございます。
来週に入学式を迎えるみんな!入学おめでとう!
特にない・・・というお子さんも
進級ですよ~!ひろばで使っているバッジの色が、一つ上になります。
赤→黄色→青→緑→オレンジ となっています。おめでとうございます!

毎年3月、広場を閉所にして、4月から週5で保育園や幼稚園に通う親子さんたちだけを集めて、ひろばに今まで来てくれてありがとう、これからも応援しているよ、という気持ちをお伝えする「KADODEの会」を開催していました。
たくさんの親子で集まることが出来なかったので、KADODEの会も、個々に行いました。内容は、これからお渡しする方たちのためマル秘ですが、私たちの気持ちを込めて、「証書」をお渡ししました。やっぱり出産後一番大変なのは、ママ。でも出産したら、すぐに「母親」になれるものではなく、小さくて首も坐らなくてすぐ泣いてしまう赤ちゃんを目の前にして、不安以外何もなかったと思います。でも、「母親なんだから当たり前」「母親なんだから頑張らなきゃ」「いいママにならなきゃ」と、出産後のぼろぼろの身体をいたわる余裕もなかったと思います。コロナ拡大で、里帰り出産や親類に手伝いに来てもらうことがかなわなかった方もいて、本当に無我夢中で、子どものため現在進行形で頑張っているママたち。
その中で、4月より少しお子さんと離れる時間が出来るママたちに、今までお疲れ様、とねぎらいの気持ちをお伝えしました。(すみません、パパもたくさん頑張っておられますが、ここはママとさせてくださいね)

20210331225641011.jpg


20210331220412075.jpg

20210331220409067.jpg

20210331225247275.jpg


広場は、ご飯を作ってあげられるわけでも、家事を手伝ってあげられるわけでも、代わりにお子さんのお風呂を入れてあげられるわけでもない。でも、いつも子どもと一緒にいるママと、お話ししたり、相談に乗ったりして、大人同士の会話を楽しみ、子どもたちと遊び、帰りに「来てよかった!」と思ってもらえるよう、ただそれだけを目標にやってきました。

ただ5時間半、居場所を提供しているだけで、それが昨年は3か月も閉まってしまい・・・。
今年度ほど、広場という存在に無力さを感じた事はありません。閉所中、広場って何が出来るんだろうか、そればかり考えていました。

でも、6月になったら、新しい利用者も増え、たくさん前から通ってくれた方たちが戻ってきてくれて、本当にうれしかったです。お子さんたちもどんどん広場に慣れて、ママと離れてスタッフと遊ぶようになったり、一時預かりでお留守番を立派にできるようになったり。

で・・・慣れたころに、幼稚園や保育園に行ってしまうんだよね(涙)。
お子さんの子育てを伴走し、見守る立場だから、一緒に喜ばなきゃならないのに、本当に本当にさみしい。
今、これを書いていても、泣けてしまってます。
古くからの利用者の皆さんはよく知っているんですが、施設長が一番涙もろいんです。
手洗いをした後に手をパッパッと見せに来てくれた子、スタッフの膝の上で絵本を読んでとせがんできてくれる子、新しく買ったからくり時計が鳴ると、見てみて!と喜んで踊ってくれる子・・・。みんな、なんてかわいいんでしょうね。
明日からあまり会えなくなっちゃうのかーとただただため息です。でも、コロナのせいでおじいちゃんおばあちゃんに会えない中、私たちは役得で毎日かわいいお子さんたちと遊ばせてもらえて、本当に幸せです。

でも、実はお子さんに会えなくなるのと同じくらい、ママたちと会えなくなるのもさみしいんです。大人になると背が伸びるわけでもなくて(体重は増えるかも・・ですが)、成長を感じることって少ないですよね。でも、これだけは言えます。初めてWITHに来てくれた時の不安げな顔をしたママたちは、本当に素敵なママに成長しました。お子さんの成長と同じくらい、いえそれ以上に私はうれしいと思っています。だんだん良い意味で、肝が据わってくる、たくましくなるママたち。子育てに不安はあれど、だんだん慣れて来たり、自信がついてきたなーと見ていて感じる瞬間がとてもうれしいのです。

かつてのKADODEの会、いつもスタッフIが話していました。
スタッフにお礼を言ってくれて、いつか恩返しがしたいと言ってくださる皆さん、ぜひ、恩返しをしてくれるなら、近くの新米ママに、なにかして上げてください。それを「恩送り」と言っていて、私はそれを広場でやらせてもらっています。私も昔、近所のママがどうしようもない大変な時に助けてくれたので、と。

そして、2月号のあとがきに、スタッフSが書いた文章。
成人式に行った息子が、帰宅後サプライズで花束をくれた話・・・。子育て苦労してきたけれど、実は私が息子に育てられた気がします、と。

どうぞ、親子で成長して行ってくださいね。そして、ひとつお願いがあります。子どもは親の所有物ではありません。どんなに小さくて、何も出来なくても、一人の人間として尊重してください。同じ目線で風景を見てみたり、一緒に遊んでくれたりするママやパパって本当に素敵だと思うのです。そして、親の失敗も見せてあげてください。「失敗しても大丈夫なんだ!パパやママが助けてくれるんだ」と子どもは安心します。完璧で立派なママ・パパよりも、いいかもしれませんよ。

そして、成長とともにたくさんの新たな悩みもあると思います。そんな時は、お子さんが小学校に入ってからでも、中学校に入ってからでも、どうぞWITHに相談しにいらしてください。私たち先輩ママが話を聞きますよ。きっとその時には自分で解決する力があるはずですが、どうぞお話ししにいらしてください。きっと答えは見つかります。
私たちは、引き続き地域にいます。そして、お子さんたちや、子育てしているママ・パパをいつも応援しています。4月からの新たな生活に、親子ともに順応し、元気で楽しい毎日が送れることを、スタッフ一同心よりお祈りしています。

令和3年3月31日 
親と子のつどいの広場WITH 施設長 小松 奈保子

スポンサーサイト



3/29 おさんぽ会

3月29日、前田公園で遊びました。
前夜は雨が降ったのですが、朝には青空
桜も満開でぽかぽかお天気、絶好の外遊び日和でした

2021040110584960d.jpeg


公園は春休み中の子どもたちもたくさん遊んでいて、大賑わいでした。
小学生になったひろばっ子たちも、きょうだいさんと一緒に遊びに来てくれました。
すっかりお兄さんお姉さんになっていて、みんなの成長にほんとうにびっくり!
来てくれてどうもありがとう~
こういう機会に、大きくなったお友だちに会えることが、スタッフはとてもうれしいのです

砂場や遊具で思い思いに遊びました。
お友だちと一緒に遊ぶこと、おもちゃの貸し合いっこをすること、上手にできてもできなくても、子ども社会の経験のひとつになりますね
遊びの中で、子どもたちがいろんな思いを体験してくれるといいなあと思います。

暖かくなったのでシャボン玉も再開しました。
うちわの骨ぐみをぶんぶん降って、たくさんのシャボン玉ができました。きれいでした~

20210401105911d9e.jpeg  202104011100547a9.jpeg  20210401105925038.jpeg


ひろばの会員ではないけど、WITH NEWSやホームページなどをご覧になって公園に足を運んでくださった親子さん、どうもありがとうございました!
ひろばの方にもぜひまた遊びに来てくださいね。


さて、4月のおさんぽ会は、
おさんぽ会special 「前田公園で遊ぼう!WITH8周年を祝おう!」

WITHがオープンしてちょうど8周年の誕生日。
宝探しやゲームなどで、楽しく遊びましょう
この日は予約制となりますので、事前予約をお願いいたします。

◆日時:4月22日(木) 10:00~12:00
◆場所:前田公園
◆参加費:200円
◆予約方法:4月15日より広場内または電話にて受付(定員15組)
 
たくさんのお友だちの参加をお待ちしています

おっきい子タイムを開催しました

3月25日(木)におっきい子タイムを開催しました
春休みに入った幼稚園のお友達が4組遊びに来てくれましたよ。
Kちゃん、Hちゃん、Iちゃん、Kくん有難う!
当日も来てくれたKちゃんとは広場でよくカスタネット探しをして遊んでいるのですが、
そのKちゃんも4月からは小学校1年生
何かスペシャルなことをしたいなと思い、大好きなカスタネット探しにちなんで
今年のおっきい子タイムはイースターエッグハント(卵探しゲーム)をすることにしました

広場中に隠した50個のカラフルなたまご
がんばって探してね
みんな猛ダッシュで捜索開始
荷物置き場の奥や冷蔵庫の中、カーテンの後ろ、滑り台の下etc。

20210325223527030.jpg

見てみて!こんなにいっぱい見つけたよ!1位の子はなんと11個見つけました

20210325223614056.jpg  20210325223616927.jpg

全部見つけたところで、ママに手伝ってもらってたまごを割ってみよう。何か入っているかな?
中にはお名前シールお友達とのシール交換も楽しいね

「もう1回やろう

今度はママたちにたまごを隠してもらって、
「もーいーかい?」「まーだだよ」「もーいーかい?」「いいよ!」
「よーいどん」で、第2回戦。
おもちゃのキッチンやウォールポケットの中。なんと電気の紐にもたまごがぶら下がっていました
子どもたちが隠してママたちが探す番の時は、大好きなママに一番に見つけてほしくて、
「こっちにあるよ!」と教えてしまったりとかわいい場面も

20210325223611107.jpg

ちょっと疲れたら、スタッフO手作りの布製デザートを使ってお店やさんごっこ。
ケーキ、ドーナッツ、アイスクリームなどどれも美味しそう
20210325223607755.jpg
品物を箱に入れる係、レジ係、おきゃくさんなどみんなで仲良く順番に遊べたね

最後に工作で作ったうさぎたまごバックにお土産のイースターエッグをプレゼント
20210328190614862.jpg   20210325223620026.jpg

春休み中にまた遊びに来てね

3月23日(火) えいごタイム♪

今日は今年度最後のえいごタイム♪
6組の親子さんが参加してくださいました〜💕
いつもの5つのwordに「Great!」がプラスされましたよ(^^)

202103231815319c7.jpeg


Hello songなどをみんなで歌ってからエクササイズソング!「Walkinig」、「Jelly in a Bowl」みんなで歌って体を動かしました〜( ^ω^ )

20210323181552f51.jpeg


2021032318160488b.jpeg


今度は座って鳩時計の歌「Tick-Tock」♪のクルックルに合わせて肘を上げ下げ!
どんどん早くなるからみんな頑張って〜♪
2021032318161760a.jpeg


20210323181631535.jpeg


最後はさわこ先生とモンチーがみんなとお別れのご挨拶✨

20210323181657d09.jpeg


202103231817105ae.jpeg


202103231817228ff.jpeg


2021032318173411b.jpeg


2020年度は毎月開催することができなかったえいごタイムですが、いつも楽しみにご参加いただきありがとうございました😊
次回は4月27日(火)です。 4月20日(火)より広場内または電話で受付します。

20210323181751289.jpeg


さわこ先生とモンチーに会いに来てくださいね〜💖

3月17日(水)WITHカフェぷちvol.78「0歳児あつまれ!」開催しました♪

3月になってだいぶ春めいた晴れた日に5組の親が集まってくださいました
時間には皆さんいらして、和やかにお話しされていて、
自己紹介も必要ないくらいの和気あいあいの雰囲気でした
元々のお知り合いの方もいて、同じところで出産されていたり、
いわゆる座談会方式で会が進みました
赤ちゃん体操もしましたよ~まだまだむにゃむにゃねむねむのベイビーには最適のぞうきん体操も、少し動き始めたお子さんには赤ちゃん過ぎたかなぁ?ボク、ワタシ、寝てなんかいられないよ~!という感じのお子さんもいて(笑)↓面白かったですよ~

20210317_ぷち

思えば0歳児って本当に月齢でぜんぜんできる事が違いますものね~
だから幼稚園で、早生まれとかでクラスを分けたりしたんだ~!と母親になってから知った次第です。
生まれたばかりの赤ちゃんと1歳近い赤ちゃんとではぜんぜん違いますものね。
それなのに同級生とは、ですよね~年齢取ると早生まれは若くていいね、とも言われるんですが~(^^;)

赤ちゃんタイムの次は、ママ達の時間
以前はママたちに和んでもらおうとお茶と小さなお菓子をお出ししていたのですが
コロナで今は休止中。それでも、女性はおしゃべりできると本当に元気になれるものですよね(笑)
日常のとりとめのないことや、育児でちょっとわからなかったこと、家庭での愚痴などなど、
いつまでも話せそう(笑)話題に事欠かない雰囲気でしたが、
「三人寄れば文殊の知恵」良いアイデアも次々に出てきて、一人でジッと我慢してため込むよりも
ずっと健康的でストレス発散になったのではないかと思います
たとえ、すぐに解決に結びつかなくても!ね
今回第一子の方も2組いらっしゃいましたが2人目、3人目の方もいて、
本当にきょうだいでも全然違うと口々におっしゃっていましたし、
ひとは本当に一人ひとり個性ある生き物で、誰ひとり同じ人はいないんですね。
それって素晴らしいことじゃないですか

ところで、
3月はどうしても11日の事があり、今年は特に十年目で特別番組などが組まれ放映されていましたが、
被災地のために何一つできない無力感に苛まれながらも、結構見入ってしまいました。
もう十年、まだ十年、様々な表現や感じ方がありますけれども、
復興に向けて歩んでいく町々の中に若者の姿(その地域だけでなく他の地域からも)がたくさんあった事が、
私には希望の光に見えました。また様々な表現者がたくさんの発信をしていることも、希望が持てました。
その中でも、ある女性漫画家の方が言っていたことがとても印象的でした。
フクシマを広島や長崎と同じようにカタカナに表現して同じ扱いにしようとしているのはちょっと違うのではないかと、
その方はかならず東京電力福島第一原発事故と呼ぶようにしていると、おっしゃったのです。
(事故と呼んでいいのか、も疑問ではあります)それはあの現象が、決して福島で起きた、福島の事故ではなく、
東京で使っている電力を作っている場所で起きたことだと。
だから、決して他人事ではなく、東京在住の人にこそ自分事として捉えて、みんなで考え続けてほしいとおっしゃっていたことでした。ずっしりと心に響きました。
奇しくも、コロナで様々なことを見直す時代に入りました。
私たちは、何事に対しても「不要不急なのか?」どうかを考えて行動する、癖を身につけていこうと努力し始めています。
世の中全体で、それって本当に必要!?と今一度問い直すことのできるいい機会(と書くと不謹慎ですが)なのかもしれません。
もちろん、すぐには解決できない大きな問題もあります。でも考えるのをやめずに、一歩ずつよりよい社会、子どもたちが生きやすい社会に近づけるための努力を、微力でも少しでもし続けたいと思います。できる事は皆それぞれ違うけれど、やれることがあるはず、そう思うんです。

3月は卒業のシーズン
ひろばにも幼稚園卒業したからと、姿を見せに来てくれた利用者さんが今年もいました
成長した姿と誇らしげな表情を見るたびに、とても元気をもらえます
老いも若きも、男も女も、力と知恵を合わせて、しあわせになれる方法を皆で考え続けましょう
若き、若~き力も借りながら!ってちょっと壮大な話になってしまいましたが

来年度初のWITHカフェぷちは

4月21日(水)10時からになります。(予約制)

またお目にかかれるのを楽しみにしていま~す♪

3月10日(水) WITHカフェNo.37「防災についてはなそう」

今年は東日本大震災から10年。WITHでは3月10日に防災イベント「防災についてはなそう」を開催しました

定員6組のところ、6組の親子さんが参加してくださいました。ありがとうございました (^^)

    20210311131933062.jpeg
はじめに「あなたの防災力をチェック!」WITH手作りのカードを使ってのクイズ

防災時、一人一日に必要な水の量はどのくらい?災害伝言ダイヤルは何番?などの質問に三択から一つ選んで手を挙げてもらいました~

「スーパーで買い物をしているときに地震が起きたときにとる行動は?」では「買い物かごを被る」が正解!スーパーやコンビニで地震にあったときには買い物かごを被って頭を守りましょ~!

次は青葉区民防災必携を各自で見ながら,あなたの避難場所はどこか?水はどこでもらえる?などを調べました

  202103111320159db.jpeg     202103111320323d0.jpeg

次は、小さい子どもがいる家庭では何を備蓄したらいいのか?ローリングストックについて話しました

小さいお子さんは好き嫌いもあるし、いつもと違う状況で食べ慣れないものを食べるのはなかなか難しいですね
日頃から使っている缶詰やレトルトなどを少し多めに常備しておいて、使ったら買い足していく「ローリングストック」が無駄がなくて使いやすい
非常時こそ食べ慣れたおいしいごはんが食べられると安心できますよね

毎回恒例となっているスタッフHの自宅に用意している防災ベストと、防災リュック!

   202103111320528c2.jpeg     20210311132102bbb.jpeg

みなさん順番に着てみました~

ベストだと、子どもも自分で着て動けますし、アウトドア用のベストはポケットがたくさんあるのでおもちゃやお菓子、下着などちょこちょこと入れられますね

     20210311132113e0c.jpeg

子どもの成長に合わせて中身も入れ替えましょ~

最後に広場で備えている防災用品をみなさんと見てみました~

     20210311132124603.jpeg


今はコロナ禍で、マスク、除菌・消毒グッズ、体温計など、持ち出し品が増えていますね

それぞれのご家庭のやり方でOK!ですので、ちょっと美味しいお菓子、お子さんの好きなお菓子も持ち出し品に忍ばせたり、備蓄品に入れておいてはいかがでしょ~(^^)/

WITHのスッタフ、栄養士の大野さんから、非常時のお米の炊き方を教えていただきました

お米二合(無洗米)にお水500ml、ペットボトル1本分を入れて30分置いてからカセットコンロなどの火にかけてぶくぶくと沸騰したら火から降ろす。新聞紙や、タオルなどでしっかり包んで保温しながら30分ほど余熱で火を入れると、柔らかめのごはんができあがります。固いごはんよりも柔らかいごはんのほうが食べやすいし、非常時に美味しく食べられるそうですよ

タオルなどで包んだお鍋を段ボールに入れて保温する。とアイデアを教えてくれたNさん!ありがとうございました~

いつもは炊飯器にお任せのごはん、たまにはお鍋で炊いてみるのはいかがでしょう?アウトドア派の方でしたら道具もそろっていて美味しいごはんが食べられますね~

コロナ禍でおうちごはんが増えていますので、たまにはファミリーイベントで、ローリングストックを使ってガスコンロで調理してみてはいかがでしょう

地震だけでなく、台風など災害はいつ起こるかわかりません。WITHでは一年に一度の災害イベントですが、今後もみなさんと地域の情報など共有していきたいと思っております

配布した資料がご希望の方は、WITHにお越しの際にスタッフまでお声かけくださいね

みなさんにお会いできるのをたのしみにお待ちしております(^^)/


今日から3月!リトミックタイム

今日から3月🌸
朝からぽかぽか陽気の中、広場ではリトミックを開催しました!

1歳児さん&2歳児さんとママたち、5組の親子が参加して、
10時から井上先生のリトミックタイムがスタート。
お名前呼びのご挨拶に始まり、歌にあわせて体を動かし、
曲にあわせて鈴を手に持ち鳴らしたり・・・
あっという間の30分です!
0301リトミック01


そして今日をもって、長い間、リトミック講師にご協力をいただきました
井上先生がWITHをご卒業されることとなり・・・
施設長のピアノにあわせて、ジブリの「散歩」の歌とオカリナを井上さんから
ご披露いただきました。
0301リトミック02


最後は、ささやかではありますが、スタッフから井上先生の新しい門出を祝して、
お花を贈呈させていただきました。
0301リトミック03

井上先生はもともと、WITHの利用者さんでした。
ひろばを知ったのは、スタッフが地域の育児教室でチラシを配ったことがきっかけらしく、
地域の育児教室を1歳で卒業されるタイミングに、WITHの存在を知り、お友達と遊びにきてくださったそうです!
お子さんと遊びにきてくださっていた広場で、お子さんが大きくなった後、
ご専門(声楽)を活かして、リトミック講師で長い間、ご活躍いただきました。
井上先生、ありがとうございました!
これからも同じ地域に暮らす仲間として、よろしくお願いします♪

WITHの人気イベント、リトミックは4月以降も継続しますので、
引き続き皆さんのご参加、お待ちしていまーす💛

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク