FC2ブログ

入園・入学・進級おめでとうございます。

明日から4月。
子どものころは、「明日から年中さんだね」「明日から〇年生だね」という期待と不安があったように思います。大人になってから、どうでしょうか?明日から新年度・・・とか仕事が変わる・・・とか、でしょうか。あまり楽しくない感じ(笑)の時もありますよね。

明日から保育園、来週から幼稚園、のお子さんも多いと思います。
ご入園おめでとうございます。
来週に入学式を迎えるみんな!入学おめでとう!
特にない・・・というお子さんも
進級ですよ~!ひろばで使っているバッジの色が、一つ上になります。
赤→黄色→青→緑→オレンジ となっています。おめでとうございます!

毎年3月、広場を閉所にして、4月から週5で保育園や幼稚園に通う親子さんたちだけを集めて、ひろばに今まで来てくれてありがとう、これからも応援しているよ、という気持ちをお伝えする「KADODEの会」を開催していました。
たくさんの親子で集まることが出来なかったので、KADODEの会も、個々に行いました。内容は、これからお渡しする方たちのためマル秘ですが、私たちの気持ちを込めて、「証書」をお渡ししました。やっぱり出産後一番大変なのは、ママ。でも出産したら、すぐに「母親」になれるものではなく、小さくて首も坐らなくてすぐ泣いてしまう赤ちゃんを目の前にして、不安以外何もなかったと思います。でも、「母親なんだから当たり前」「母親なんだから頑張らなきゃ」「いいママにならなきゃ」と、出産後のぼろぼろの身体をいたわる余裕もなかったと思います。コロナ拡大で、里帰り出産や親類に手伝いに来てもらうことがかなわなかった方もいて、本当に無我夢中で、子どものため現在進行形で頑張っているママたち。
その中で、4月より少しお子さんと離れる時間が出来るママたちに、今までお疲れ様、とねぎらいの気持ちをお伝えしました。(すみません、パパもたくさん頑張っておられますが、ここはママとさせてくださいね)

20210331225641011.jpg


20210331220412075.jpg

20210331220409067.jpg

20210331225247275.jpg


広場は、ご飯を作ってあげられるわけでも、家事を手伝ってあげられるわけでも、代わりにお子さんのお風呂を入れてあげられるわけでもない。でも、いつも子どもと一緒にいるママと、お話ししたり、相談に乗ったりして、大人同士の会話を楽しみ、子どもたちと遊び、帰りに「来てよかった!」と思ってもらえるよう、ただそれだけを目標にやってきました。

ただ5時間半、居場所を提供しているだけで、それが昨年は3か月も閉まってしまい・・・。
今年度ほど、広場という存在に無力さを感じた事はありません。閉所中、広場って何が出来るんだろうか、そればかり考えていました。

でも、6月になったら、新しい利用者も増え、たくさん前から通ってくれた方たちが戻ってきてくれて、本当にうれしかったです。お子さんたちもどんどん広場に慣れて、ママと離れてスタッフと遊ぶようになったり、一時預かりでお留守番を立派にできるようになったり。

で・・・慣れたころに、幼稚園や保育園に行ってしまうんだよね(涙)。
お子さんの子育てを伴走し、見守る立場だから、一緒に喜ばなきゃならないのに、本当に本当にさみしい。
今、これを書いていても、泣けてしまってます。
古くからの利用者の皆さんはよく知っているんですが、施設長が一番涙もろいんです。
手洗いをした後に手をパッパッと見せに来てくれた子、スタッフの膝の上で絵本を読んでとせがんできてくれる子、新しく買ったからくり時計が鳴ると、見てみて!と喜んで踊ってくれる子・・・。みんな、なんてかわいいんでしょうね。
明日からあまり会えなくなっちゃうのかーとただただため息です。でも、コロナのせいでおじいちゃんおばあちゃんに会えない中、私たちは役得で毎日かわいいお子さんたちと遊ばせてもらえて、本当に幸せです。

でも、実はお子さんに会えなくなるのと同じくらい、ママたちと会えなくなるのもさみしいんです。大人になると背が伸びるわけでもなくて(体重は増えるかも・・ですが)、成長を感じることって少ないですよね。でも、これだけは言えます。初めてWITHに来てくれた時の不安げな顔をしたママたちは、本当に素敵なママに成長しました。お子さんの成長と同じくらい、いえそれ以上に私はうれしいと思っています。だんだん良い意味で、肝が据わってくる、たくましくなるママたち。子育てに不安はあれど、だんだん慣れて来たり、自信がついてきたなーと見ていて感じる瞬間がとてもうれしいのです。

かつてのKADODEの会、いつもスタッフIが話していました。
スタッフにお礼を言ってくれて、いつか恩返しがしたいと言ってくださる皆さん、ぜひ、恩返しをしてくれるなら、近くの新米ママに、なにかして上げてください。それを「恩送り」と言っていて、私はそれを広場でやらせてもらっています。私も昔、近所のママがどうしようもない大変な時に助けてくれたので、と。

そして、2月号のあとがきに、スタッフSが書いた文章。
成人式に行った息子が、帰宅後サプライズで花束をくれた話・・・。子育て苦労してきたけれど、実は私が息子に育てられた気がします、と。

どうぞ、親子で成長して行ってくださいね。そして、ひとつお願いがあります。子どもは親の所有物ではありません。どんなに小さくて、何も出来なくても、一人の人間として尊重してください。同じ目線で風景を見てみたり、一緒に遊んでくれたりするママやパパって本当に素敵だと思うのです。そして、親の失敗も見せてあげてください。「失敗しても大丈夫なんだ!パパやママが助けてくれるんだ」と子どもは安心します。完璧で立派なママ・パパよりも、いいかもしれませんよ。

そして、成長とともにたくさんの新たな悩みもあると思います。そんな時は、お子さんが小学校に入ってからでも、中学校に入ってからでも、どうぞWITHに相談しにいらしてください。私たち先輩ママが話を聞きますよ。きっとその時には自分で解決する力があるはずですが、どうぞお話ししにいらしてください。きっと答えは見つかります。
私たちは、引き続き地域にいます。そして、お子さんたちや、子育てしているママ・パパをいつも応援しています。4月からの新たな生活に、親子ともに順応し、元気で楽しい毎日が送れることを、スタッフ一同心よりお祈りしています。

令和3年3月31日 
親と子のつどいの広場WITH 施設長 小松 奈保子

スポンサーサイト



最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク